S-MAX

VoLTE

迷惑電話対策機能で振り込め詐欺も怖くない!使い勝手はそのままにAndroid採用で生まれ変わったドコモ向けケータイ「らくらくホン F-02J」を写真で紹介【レポート】

f-02j-001
Android OSを採用し使いやすさと快適性が向上した「らくらくホン F-02J」

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、シニアなど向けVoLTE対応折りたたみ型ケータイ「らくらくホン F-02J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2016年12月中旬を予定し、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格は毎月の利用料から割引く「月々サポート」を適用した場合の実質負担額で新規契約および機種変更、契約変更で2万円台後半、他社から乗り換え(MNP)で負担のない価格とのこと。

らくらくホン」といえば、NTTドコモを利用するシニア層から圧倒的な支持を得ている"ガラケー"シリーズですが、そのらくらくホンにも時代の流れがやってきました。ベースとなるOSが従来のSymbianベースのMOAPからAndroidへと変更され、高音質通話が可能なVoLTEに対応するなど、よりモダンな性能へと進化しました。

新しいらくらくホンはどのような便利さを与えてくれるのでしょうか。またOSが変わって不便になったりはしていないのでしょうか。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて試作機に触れる機会がありましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、VoLTE対応折りたたみ型ケータイ「AQUOS ケータイ SH-01J」を発表!防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグ・Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどと多機能に


NTTドコモがVoLTE対応ケータイ「AQUOS ケータイ SH-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、高音質通話サービス「VoLTE」に対応した折りたたみ型ケータイ「AQUOS ケータイ SH-01J」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2016年10月21日(金)で、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約および他社から乗り換え(MNP)で負担のない価格、機種変更および契約変更で1万円台後半となる予定。

昨年発売されたAndroidをベースにした折りたたみ型フィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)「AQUOS ケータイ SH-06G」に続く、シャープのNTTドコモ向けAndroidケータイ第2弾です。新たに4G LTEやVoLTEに対応したのが最大の特長でしょう。

また、4Gケータイになったことに合わせて性能や機能も強化され、AQUOS ケータイ SH-06Gでは非対応だった無線LAN(Wi-Fi)にも対応し、防水(IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)、耐衝撃(MIL規格準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグ、赤外線、Bluetooth、GPSなどとガラケー全盛期並に多機能になっています。

続きを読む

NTTドコモ、VoLTE対応折りたたみ型ケータイ「P-smart ケータイ P-01J」を発表!防水・防塵・おサイフケータイ・ワンセグ・Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどと多機能に


NTTドコモがVoLTE対応の新フィーチャーフォン「P-smart ケータイ P-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、高音質通話サービス「VoLTE」に対応した折りたたみ型ケータイ「P-smart ケータイ P-01J」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約他社から乗り換え(MNP)で負担のない価格、機種変更および契約変更で1万円台後半を予定。

PのケータイがAndroidになって帰ってきました。OSバージョンは5.1(開発コード名:Lollipop)を採用。お馴染みの「ワンプッシュオープンボタン」も搭載し、使い慣れた機能に加え、新機能でさらに使いやすく。またよくかける相手を登録して一発呼び出しが可能な「マルチワンタッチボタン」も搭載。

ここ最近のフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)では機能が一時期よりも減ってきていましたが、Androidになったことで基本性能も向上。

それにより、防水(IPX5・IPX7準拠)および防塵(IP5X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグ、赤外線、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、GPSと全盛期並に多機能になっています。

続きを読む

NTTドコモ、シニアなど向けVoLTE対応折りたたみ型ケータイ「らくらくホン F-02J」を発表!Androidベースになって防水・防塵・ワンセグ・Wi-Fiなどに対応


NTTドコモがVoLTE対応ケータイ「らくらくホン F-02J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、シニアなど向けVoLTE対応折りたたみ型ケータイ「らくらくホン F-02J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2016年12月中旬を予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割引く「月々サポート」を適用した場合の実質負担額で新規契約および機種変更、契約変更で2万円台後半、他社から乗り換え(MNP)で負担のない価格とのこと。

フィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)タイプですが、OSがAndroidベース(バージョンは5.1を採用)となり、NTTドコモのシニアなど向けのより簡単に操作できる「らくらくホン」シリーズ初の4G LTEおよびVoLTEに対応しています。ISPは「spモード」で、Google Playには非対応。

防水(IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)などに加え、ワンセグや赤外線、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothなどにも対応し、子どもや孫と連絡を取れるとして人気のコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」も使えるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、抗菌・防水・防塵・耐衝撃に対応した子供向けシンプルフォン「キッズケータイ F-03J」を発表!防犯ブザーとGPSも搭載し、見守る安心機能付き


NTTドコモが子ども向け新フィーチャーフォン「キッズケータイ F-03J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、小学生などの比較的低年齢な子ども向けのストレート型携帯電話「キッズケータイ F-03J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。2017年2月に発売予定で、事前予約などは後日別途開始される予定。

フィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)ですが、OSはキッズケータイとしては初のAndroidを採用(バージョンは5.1)。同時に発表されたVoLTE対応「らくらくホン F-02J」などとは異なり、VoLTEや4G LTEには非対応。

防水(IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、耐衝撃(MIL規格準拠)に加え、抗菌にも対応し、防犯ブザーとGPSも搭載しているので離れた場所からも見守ることが可能な機能に対応しています。

続きを読む

KDDI、au向けiPhoneを持ってアメリカと韓国へ海外渡航した際に高音質通話サービス「VoLTE」が利用可能に!7・7 Plus・6s・6s Plus・6・6 Plus・SEのiOS 10以降が対象


auのiPhoneが海外渡航でVoLTEが利用可能に!

KDDIおよび沖縄セルラーは13日、au向け「iPhone」シリーズの対象機種において海外で高音質通話を使えるau世界サービス「VoLTE」を2016年9月14日(水)より提供開始すると発表しています。申込は不要。

対象機種は「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPhone SE」のiOS 10以降を搭載した場合。なお、iPhone 6s・6s Plus・6・6 Plusでは日本時間9月14日より提供されるiOS 10にアップデートする必要があります。

まずはすでにAndroid向けに提供している日本人渡航者数トップであるアメリカ(アラスカ・ハワイ含む)と3位の韓国で提供開始され、アメリカではVerizon Wirelessの提供エリア、韓国ではLG U plusの提供エリアで日本のau VoLTE利用者および現地にいるauの対象利用者と高音質通話が利用できるようになります。ただし、iPhone SEは韓国のみとのこと。

続きを読む

NTTドコモ向けVoLTE対応パナソニック製フィーチャーフォン「P-01J」がFCC通過!冬モデルとして「SH-01J」や「F-02J」とともに投入か


NTTドコモ向けパナソニック製ケータイ「P-01J」がFCC通過!写真は「P-01H」

米連邦通信委員会(FCC)は5日(現地時間)、NTTドコモ向けフィーチャーフォン(従来型携帯電話)と見られるパナソニックモバイルコミュニケーションズ製「P-01J」(FCC ID「UCE216065A」)が通過したことを公開しています。

資料にはバッテリーカバーを外した背面や各種認証情報などが記載されたラベルが示されており、NTTドコモ向けであることや製品型番がP-01Jになることが記載されています。

形状は折りたたみ型と見られ、電池パックが外せるようになっており、FCCにて公開されている資料から工事設計認証の番号がADFからはじめっているため、VoLTEに対応しているパナソニックモバイルコミュニケーションズ初の4Gケータイになると見られます。

なお、すでに紹介したようにVoLTE対応フィーチャーフォンと見られるシャープ製「SH-01J」や富士通コネクテッドテクノロジーズ製「F-02J」もFCCを通過しており、ともに2016-2017年冬春モデルのVoLTE対応フィーチャーフォンとして投入されると予想されます。

続きを読む

日本HP、au VoLTEにも対応したWindows 10 Mobile搭載の6インチハイエンドなSIMフリースマホ「HP Elite x3」を9月5日より順次発売!指紋・虹彩認証や各種ドックなど


SIMフリーのWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」が9月5日に発売!

日本HPは31日、OSに「Windows 10 Mobile」を採用した約5.96インチWQHD(1440×2560ドット)アクティブマトリクス型有機EL(AMOLED)ディスプレイ搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」を2016年9月5日(火)より順次発売すると発表しています。

SIMフリーですが、auとの相互接続性テスト(IOT)を取得しており、Windows 10 Mobileスマホとしては国内初の高音質通話サービス「VoLTE」に対応しているほか、キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+にも対応しています。

価格も案内されており、HP Elite x3の通常版が77,800円、プレミアムパッケージが 79,800円、ノートドックが49,800円、デスクドックが12,000円、耐衝撃ケースが4,000円、ASスクリーンプロテクタが4,000円、HP Workspaceが56,400円からとなっています(すべて税別)。

発売日は通常版が9月5日で、HP Workspaceが9月8日、それ以外は9月下旬予定となっていおり、製品は10月初旬より順次発送され、発送時期は製品により異なります。販売元はHP Directplusおよび日本HP直販営業、日本HP販売代理店。なお、同様にKDDIおよび沖縄セルラーも9月5日より法人向けに取扱を開始します。

続きを読む

タイ最大手の携帯電話事業者「AIS」の4G LTE対応プリペイドSIMカードを試してきた!CAやVoLTEも利用可能【レポート】


タイの携帯電話事業者「AIS」のLTE対応プリペイドSIMカードを試す!

タイ王国(以下、タイ)で最大手の携帯電話事業者であるAdvanced Info Service(AIS)は2016年1月下旬に「AIS 4G ADVANCED」として正式にLTEサービスを開始した。サービス開始直後からLTEに対応したプリペイドSIMカードも発売しており、今回、実際にタイに渡航して首都・バンコクで試してきたので紹介する。

タイには5社の携帯電話事業者が存在し、2015年末時点で加入数シェアは5社のうち大手3社で97%以上を占める。大手3社の一角をなすAISは45%以上のシェアを保有し、タイで最大手である。AISは一般的に略称かつブランド名のAISとして知られている。

また、タイではシェア3位でTrueMove HブランドのTrue Move H Universal Communication(TUC)が2013年5月に、シェア2位でdtacブランドのTotal Access Communicationが2014年5月にLTEサービスを開始しており、大手3社の中でAISは大幅にLTEサービスの開始が遅れていた。

AISのLTEサービスは2015年12月よりトライアルを実施し、一部顧客はLTEサービスを先行して試せたが、2016年1月下旬にようやくLTEサービスを商用化し、4G ADVANCEDとして大々的に展開している。なお、AISは子会社のAdvanced Wireless Network(AWN)を通じてLTEサービスを提供している。

続きを読む

KDDI、au世界サービス対応スマホでアメリカや韓国に渡航した際に日本のauと高音質通話サービス「VoLTE」が6月中旬より利用可能に!インバウンドも今年終わり頃に提供予定


auがアメリカや韓国に渡航した際に日本とVoLTE通話を利用可能に!写真はau VoLTE発表時のもの

KDDIおよび沖縄セルラーは6日、auにて国内の通信事業者で初めて日米間において高音質な発着信が特長の「VoLTE」サービスの提供を2016年6月中旬より開始すると発表しています。

これはauの2016年夏モデル以降の「au世界サービス」対応機種を持って対象国・地域に行った場合に現地と日本のauのVoLTE対応機種でVoLTEによる通話が可能になるというもの。

サービス開始時に利用できるエリアは、日本人渡航者数トップであるアメリカ、3位の韓国の2カ国となり、対象通信事業者はアメリカがVerizon Wireless、韓国がLG U Plusとのこと。

なお、現地のVoLTE対応機種とauのVoLTE対応機種でVoLTEが利用できるわけではなく(例えば、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE利用者と日本にいるauのVoLTE利用者でのVoLTEは非対応)、あくまでローミング時となります。

また、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE搭載機種を持つ人が訪日した場合(いわゆる「インバウンド」)における他国間VoLTEは今年の終わりをめどに提供を予定しているとのこと。その他、他国間VoLTEの対象国・地域は今後も順次拡大していく予定だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。