S-MAX

VoLTE

タイ最大手の携帯電話事業者「AIS」の4G LTE対応プリペイドSIMカードを試してきた!CAやVoLTEも利用可能【レポート】


タイの携帯電話事業者「AIS」のLTE対応プリペイドSIMカードを試す!

タイ王国(以下、タイ)で最大手の携帯電話事業者であるAdvanced Info Service(AIS)は2016年1月下旬に「AIS 4G ADVANCED」として正式にLTEサービスを開始した。サービス開始直後からLTEに対応したプリペイドSIMカードも発売しており、今回、実際にタイに渡航して首都・バンコクで試してきたので紹介する。

タイには5社の携帯電話事業者が存在し、2015年末時点で加入数シェアは5社のうち大手3社で97%以上を占める。大手3社の一角をなすAISは45%以上のシェアを保有し、タイで最大手である。AISは一般的に略称かつブランド名のAISとして知られている。

また、タイではシェア3位でTrueMove HブランドのTrue Move H Universal Communication(TUC)が2013年5月に、シェア2位でdtacブランドのTotal Access Communicationが2014年5月にLTEサービスを開始しており、大手3社の中でAISは大幅にLTEサービスの開始が遅れていた。

AISのLTEサービスは2015年12月よりトライアルを実施し、一部顧客はLTEサービスを先行して試せたが、2016年1月下旬にようやくLTEサービスを商用化し、4G ADVANCEDとして大々的に展開している。なお、AISは子会社のAdvanced Wireless Network(AWN)を通じてLTEサービスを提供している。

続きを読む

KDDI、au世界サービス対応スマホでアメリカや韓国に渡航した際に日本のauと高音質通話サービス「VoLTE」が6月中旬より利用可能に!インバウンドも今年終わり頃に提供予定


auがアメリカや韓国に渡航した際に日本とVoLTE通話を利用可能に!写真はau VoLTE発表時のもの

KDDIおよび沖縄セルラーは6日、auにて国内の通信事業者で初めて日米間において高音質な発着信が特長の「VoLTE」サービスの提供を2016年6月中旬より開始すると発表しています。

これはauの2016年夏モデル以降の「au世界サービス」対応機種を持って対象国・地域に行った場合に現地と日本のauのVoLTE対応機種でVoLTEによる通話が可能になるというもの。

サービス開始時に利用できるエリアは、日本人渡航者数トップであるアメリカ、3位の韓国の2カ国となり、対象通信事業者はアメリカがVerizon Wireless、韓国がLG U Plusとのこと。

なお、現地のVoLTE対応機種とauのVoLTE対応機種でVoLTEが利用できるわけではなく(例えば、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE利用者と日本にいるauのVoLTE利用者でのVoLTEは非対応)、あくまでローミング時となります。

また、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE搭載機種を持つ人が訪日した場合(いわゆる「インバウンド」)における他国間VoLTEは今年の終わりをめどに提供を予定しているとのこと。その他、他国間VoLTEの対象国・地域は今後も順次拡大していく予定だということです。

続きを読む

NTTドコモ、高音質通話サービス「VoLTE」が全国の一部利用者で使えない障害発生!すでに4月22日23時18分に復旧済み


NTTドコモの高音質通話サービス「VoLTE」で障害!すでに復旧済み

NTTドコモは22日、同社の携帯電話サービスの一部利用者において4G網を利用した高音質通話サービス「VoLTE」が使えない障害が発生していたとお知らせしています。

影響地域および影響を受けると想定される利用者数は全国エリアで4G LTEを契約している一部とし、具体的な値は調査中ながら2016年3月末時点でVoLTE対応機種は1900万台が利用されているとのこと。

障害発生時期は2016年4月22日(金)15時15分頃から23時18分までで、すでに復旧済み。原因はネットワーク設備の故障とされており、NTTドコモ網を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)でも発生していたということです。

続きを読む

NTTドコモ、iPhoneで高音質通話サービス「VoLTE」の海外対応を提供開始!iPhone SEを含むiPhone 6以降で利用可能――対象国は韓国で今後拡大予定


NTTドコモがiPhone 6以降でVoLTEの海外対応がスタート!

NTTドコモは23日、Apple製スマートフォン(スマホ)の「iPhone 6」以降の機種において高音質通話サービス「VoLTE(Voice over LTE)」の海外対応を2016年3月22日(火)より提供開始したとお知らせしています。

利用するには最新プラットフォーム「iOS 9.3」にアップデートされている必要があるほか、キャリア設定がドコモ24.1となっていることを確認するように案内されています。なお、ビデオコール(テレビ電話)は非対応。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、携帯電話サービス「UQ mobile」に高音質通話サービス「VoLTE」対応のSIMカードを11月17日より提供開始!SIMロック解除したau VoLTE対応機種などで利用可能


UQ mobileもVoLTEプランを提供開始!

UQコミュニケーションズおよび沖縄バリューイネイブラーは16日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において高音質通話サービス「VoLTE」に対応したSIMカードを2015年11月17日(火)に提供開始すると発表しています。

UQ mobileのVoLTE対応プランは月当たりのデータ通信量が3GBまでのデータ通信のみな「データ高速プラン(V)」が月額980円、月3GBまでと音声通話に対応した「データ高速+音声通話プラン(V)」が1,680円、月当たりのデータ通信量が無制限(通信速度は送受信ともに最大500Kbps)な「データ無制限プラン(V)」が1,980円、データ無制限かつ音声通話対応な「データ無制限+音声通話プラン(V)」が2,680円となっています。料金は記載がない限りはすべて税抜。

続きを読む

Android Wearを採用したLTEやVoLTEに対応したスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」が米国などで発売


LTEに対応したAndroid Wearスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」が発売!

LG Electronics(以下、LG)は12日(現地時間)、LTEやVoLTE、NFCによる決済サービスに対応したスマートウォッチ(腕時計型ウェアラブル端末)の新製品「LG Watch Urbane 2nd Edition」を米国(アメリカ)や韓国で発売したと発表しています。

今後数ヶ月以内に欧州(ヨーロッパ)やアジアなどにて販売されるとのこと。価格はAT&Tでは2年契約で199.99ドル(約24,500円)となっているほか、Amazon.comでは在庫切れながら399.99ドル(約49,000円)となっています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けに高音質通話サービス「VoLTE」を10月20日より提供開始!「Nexus 5X」と「AQUOS CRYSTAL Y」の2機種が対応


Y!mobileでのVoLTEが10月20日から提供開始!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は15日、LTEの高速データ通信ネットワーク上で音声通話を実現する技術である「VoLTE(Voice over LTE)」による音声通話サービスをGoogleブランドのスマートフォン(スマホ)「Nexus 5X」の発売に合わせてY!mobileでも2015年10月20日(火)より提供開始すると発表しています。

これにより、Y!mobileおよびSoftBankのVoLTE対応対応機種で、VoLTEによる高音質な音声通話が利用できるようになります。また、Y!mobileのVoLTEはNexus 5X以外にもすでに販売中の「AQUOS CRYSTAL Y」も対応します。AQUOS CRYSTAL YのVoLTEの提供準備ができ次第、順次お知らせするとしています。

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOによる携帯電話サービス「mineo」にau VoLTE対応SIMを11月19日より提供開始!スマホ「arrows M02」やモバイルWi-Fiルーター「SILA01」と「Aterm MR04LN」も発売


mineoのauプランにVoLTE対応SIMが11月19日に登場!

ケイ・オプティコムは6日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )における「auプラン(Aプラン)」において2015年11月19日(木)より「au VoLTE対応SIM」の提供を開始すると発表しています。

au VoLTE対応SIMは事前に案内されていたようにau VoLTE対応機種かつSIMロックが解除されている製品ということで、今年4月に発売された「Galaxy S6 edge SCV31」以降でSIMロックを解除した場合のみに利用可能。また、既存利用者はSIMカードの交換手数料2,000円(税抜)でau VoLTE対応SIMカードに変更できます。

また、合わせてマルチキャリア対応のSIMフリー製品として同日に富士通から発表されたスマートフォン(スマホ)「arrows M02」およびモバイルWi-Fiルーターのauプラン対応「SI-LA(SILA01)」(富士通製)、ドコモプラン(Dプラン)対応「Aterm MR04LN」の3製品も11月19日に発売します。価格はそれぞれ11月上旬に発表予定。

続きを読む

NTTドコモ、2015-2016冬春モデルを発表!スマホ10機種やタブレット1機種、ケータイ1機種、モバルー1機種の合計13機種――LTE-AvancedのCAによる下り最大300Mbpsなども提供へ


NTTドコモが総勢12機種の2015-2016冬春モデルを発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を本日12:00から都内で開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2015-2016冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

ライブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

発表されたのは、Androidスマートフォン(スマホ)が「Xperia Z5 Premium SO-03H」および「Xperia Z5 SO-01H」、「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「AQUOS ZETA SH-01H」、「AQUOS Compact SH-02H」、「arrows NX F-02H」、「arrows Fit F-01H」、「Galaxy Active neo SC-01H」、「Disney Mobile on docomo DM-01H」、「Nexus 5X」の10機種、Androidタブレットが「dtab d-01H」の1機種、ケータイが「P-01H」の1機種、モバイルWi-Fiルーターが「Wi-Fi STATION N-01H」の1機種と合計13機種総勢32色を投入します。なお、Android製品でAndroid 5.x(開発コード名:Lollipop)を搭載している機種は今後、最新の「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」にがんばってOSバージョンアップしていくということです。また、これまでは海外向けのOSバージョンアップから半年以上遅れることがあったがそういったことがないように期間を提供時期も早めたいとしています。

一方、サービス面では今夏に開始したXi(LTE)による音声通話「VoLTE」に続き、今年3月に開始したLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」を下り最大300Mbpsに高速化します。対応機種はAQUOS ZETA SH-01HとWi-Fi STATION N-01Hの2機種。VoLTEも海外でも使える海外対応機種が投入され、まずはじめに韓国で使えるようになります。

また、サービスでは新しくシニア層をターゲットにした旅行などのチケットが定期的に利用できる「すきじかん」を提供。スマホに変えたのに使い方がわからないという場合に向けて毎月フルカラーの雑誌も合わせて提供され、チケットのカタログだけでなく、使い方なども紹介されるということです。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOによる携帯電話サービス「mineo」のauプランでau VoLTE対応機種を11月めどに使えるように準備中!SIMカード交換とVoLTE対応機種のSIMロック解除が必要


mineoのauプランが11月をめどにau VoLTE対応機種でも使えるように!

ケイ・オプティコムが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )は昨年6月に開始したau回線を利用した「auプラン(aプラン)」に加え、今月1日に開始したNTTドコモ回線を利用した「ドコモプラン(dプラン)」とマルチキャリアサービスとなりました。

このうち、auプランの利用可能機種は現在はauの高音質通話サービス「VoLTE」に対応していない4G LTE対応機種がほとんどで、それにmineo独自機種と一部のSIMフリー機種のみとなっています。

しかしながら、同社ではauの最新機種の多くとなっているVoLTE対応機種についてもauプランで今秋にも利用できるように進めていることが明らかになりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。