S-MAX

XperiaZ5

auにもようやく!ソニーの昨冬スマホ「Xperia Z5」をAndroid 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップしてみた――気になる変更点や快適かどうかを紹介【レポート】

SOV32_OS6_01
ソニー製スマホ「Xperia Z5」がAndroid 6.0に!バージョンアップして変更された点をチェック

昨年10月末に発売されたソニーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。発売時はAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載していましたが、NTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」は3月2日、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」は4月25日から最新のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップが提供されています。

そして、au向け「Xperia Z5 SOV32」にもようやく6月7日からAndroid 6.0へのOSバージョンアップが提供されました。

筆者は今年1月にXperia Z5 SOV32を購入したので、さっそくAndroid 6.0へのOSバージョンアップを行いました。遅れることNTTドコモから3ヶ月以上、SoftBankから1ヶ月半近くということで、auにはもう少し早く提供して欲しかったところですが、せっかくなのでOSバージョンアップの方法と主な機能変更についてまとめてみました。

続きを読む

KDDI、au向け「Xperia Z5 SOV32」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を6月7日18時より提供開始


auがXperia Z5 SOV32にAndroid 6.0を6月7日に提供開始!

KDDIは2日、au向けに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SOV32」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年6月7日(火)18時より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびLTE,WiMAX 2+)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、アップデートファイルサイズはそれぞれ約1.4GBおよび約2.6GBで、更新時間はそれぞれ約50分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。

以下の事象が改善されます。
・Android 6.0による機能・操作性の向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
 OSアップデートにおける主な機能追加について
 ※本アップデートを実施するには、ソフトウェアバージョン「32.0.D.0.328」にアップデートする必要があります。

・OSアップデート前に指紋認証をご利用の場合、OSアップデート直後はロックスクリーン解除画面でバックアップパスワード(PINまたはパスワード)が必要になります。
 ※バックアップパスワードは指紋認証登録時に設定したパスワードです。
・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「Android 6.0 OSアップデートにおける機能削除項目ならびにデータ初期化項目について」をご確認ください。
・端末の上部に表示されるOSアップデートの通知に関して消去することが可能です。アップデートを実施する場合は、「設定アプリ」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」からアップデート可能です。

 OSアップデートにおける機能削除項目ならびにデータ初期化項目について(568KB)[PDF]
 ※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にXperia Z5 SOV32をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向け「Xperia Z4」がAndroid 6.0 Marshmallowに!

ソフトバンクは12日、同社がすでに販売中のSoftBank向け既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5(型番;501SO)」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年5月12日(木)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(3G・4G・Wi-Fi)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、本体のみで更新する場合には完了までに最大80分程度かかるとしているほか、更新には内蔵ストレージの空き容量が約1.5GB以上必要だということです。

ソニーモバイルコミュニケーションズではSoftBank向けXperia Z5のAndroid 6.0 Marshmallowの変更内容を「Android 6.0対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイルコミュニケーションズ」にて紹介しており、新しいUIおよびカメラ、アルバム、ライフログ、Movie Creator、ミュージック、ビデオ、ダイヤル・連絡先、カメラアドオン、Runtime Permission、Now On Tap、Dozeモード、App Standbyなどがあるということです。

続きを読む

ソニーモバイルが「Xperia Z5 Premium」のAndroid 6.0で追加アプリも"4K"に!OS標準サポートで対応――グローバル版のXperia Z5シリーズやZ4にもMarshmallowが提供開始


Xperia Z5 PremiumがAndroid 6.0で4Kを標準サポートに!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は7日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのうちの「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z3+」、「Xperia Z4 Tablet」のグローバル版に最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次提供開始したとお知らせしています。

すでに日本でもNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「Xperia Z5 Premium SO-03H」の3機種に2016年3月2日からAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップが提供されていますが、グローバル版向けにもようやくリリースされました。

また、スマホでは世界初の4Kディスプレイを搭載したXperia Z5 Premiumでは今回のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップによってOSが4K(2160×3840ドット)の表示に対応したため、スクリーンショットが画面解像度と同じ2160×3840ドットになったほか、アプリ側が対応すればプリインストールされている写真や動画以外でも4K表示ができるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、Xperia Z5 SO-01HとXperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03HにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Xperia Z5 SO-01HとXperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03HがAndroid 6.0に!

NTTドコモは2日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)の「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「Xperia Z5 Premium SO-03H」の3機種に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年3月2日(水)10時より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法が用意されており、Xperia Z5 SO-01HおよびXperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03Hのそれぞれ更新時間は約75分、約73分、約75分で、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があります。

なお、パソコンによる更新方法は準備中で、順次提供予定とのこと。ソフトウェア更新による主な変更点は以下の通り。
◯主なアップデート内容
・Android 6.0へ対応します。Android 6.0でお使いいただける主な機能は「Android 6.0 アップデート内容」よりご確認ください。
・Xperiaホームに、画面スワイプ時のエフェクトを変更する機能が追加されます。ホーム画面を自分好みにカスタマイズできるようになります。
・カメラのUIが新しくなり、スワイプ操作でビデオ撮影やマニュアルなどへ切替できるようになります。
・通話履歴画面で「通話履歴フィルター」(不在着信、着信、発信等)の項目が常時表示されるようになります。
・最近利用したアプリ画面の視認性が向上します。画面の操作に合わせて、下部に表示されるスモールアプリバーが隠れるようになります。
・通知パネルに表示されるスクリーンショット画像を、通知パネル上共有に加え、消去もできるようになります。
・指紋によるロック解除設定時のセキュリティーを強化しました。携帯電話の電源を入れた際などに画面ロック解除方法(パターン注意1・PIN・パスワード)で本人確認するまでは、指紋によるロック解除ができなくなります。
※ Android 6.0より指紋認証設定時の画面ロック解除方法に(パターン)が追加されます。


続きを読む

Xperia Zシリーズは「Xperia Z5」が最後に!Sony Mobileが「Xperia Z6」の計画がないことを公式に案内――フラッグシップは「Xperia X」に


Xperia ZはXperia Xに置き換え!

既報通り、Sony Mobile Communicationsは22日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせて新しく展開するスマートフォン(スマホ)の最新シリーズ「Xperia X」シリーズとして「Xperia X」および「Xperia XA」、「Xperia X Performance」の3機種などを発表しました。

当初、Xperia Xシリーズのコンセプトが従来のフラッグシップの「Xperia Z」シリーズとかなり異なっていることなどから次の「Xperia Z6」も別に用意されているのではないかといったユーザーの観測も出ていました。

しかしながら、今回、ソニーモバイルのドイツ向けのFacebookページにて「現時点では、Xperia Z6の計画はない」と案内し、「Xperia ZをXperia Xで置き換える」とコメントしています。

続きを読む

Sony Mobile、Xperia Z5シリーズやXperia Z4シリーズにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月7日より順次提供


Xperia Z5やZ4シリーズのAndroid 6.0 Marshmallowは3月に!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は15日(現地時間)、同社のグローバル向け公式Twitterアカウントにて「Xperia Z5」シリーズおよび「Xperia Z4」シリーズに最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年3月7日(月)から順次提供すると案内しています。

ソニーモバイルでは昨年秋から「Xperia Z3 D6603」および「Xperia Z3 Compact D5803」を対象にした特定の国・地域のユーザー向けに限定でAndroid 6.0 Marshmallowのコンセプト版をベータテストしていますが、いよいよリリースが近づいてきたようです。

続きを読む

NTTドコモ、Android 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia Z3・Z4・Z5シリーズやGalaxy S5・S6シリーズなど合計20機種――3月上旬より順次提供


NTTドコモが既存機種のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを3月上旬より順次提供!

NTTドコモは10日、同社のAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新バージョン「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

最も古い機種は2014年夏モデル「GALAXY S5 SC-04F」で、AQUOSシリーズが3機種、arrows(ARROWS)シリーズが3機種、Galaxy(GALAXY)シリーズが6機種、Xperiaシリーズが8機種の合計20機種に提供される予定。同社ではOSバージョンアップをするための諸条件を総合的に判断した結果、Android 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定製品は今回案内した機種のみとなるとしています。

また、合わせて同社の公式WebサイトにてXperiaシリーズと見られるAndroid 6.0 Marshmallowの画面を一部公開し、同バージョンの注目機能であるアプリ権限の利用者変更機能や電池の最適化(Dozeモード)について紹介しています。

続きを読む

NTTドコモ、最新エクスペリアスマホ「Xperia Z5 SO-01H」の新色ピンクを2月5日に発売!新規・機変なら月々サポートが微増、春のおとりかえ割も適用可能


NTTドコモがスマホ「Xperia Z5 SO-01H」の新色ピンクを2月5日に発売!

NTTドコモは2日、昨年10月に発売された最新スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SO-01H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の新色「ピンク」を2016年2月5日(金)に発売すると発表しています。すでにドコモショップなどの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しています。

これにより、はじめに発売されたWhiteおよびGraphite Black、Gold、Greenの4色と合わせて5色展開となります。なお、「Xperia Z5」の新色ピンクはauからも「Xperia Z5 SOV32」がすでに販売開始されています。現時点ではSoftBankからは発売されない模様。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「Xperia Z5 SOV32」の新色ピンクを1月28日に発売!ウィンドウ付き純正専用ケースもピンクが販売


auスマホ「Xperia Z5 SOV32」の新色ピンクが1月28日に販売開始!

KDDIおよび沖縄セルラーは21日、2015年10月に発売されたソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SOV32」の新色「ピンク」を2016年1月28日(木)に発売すると発表しています。

また、発売にあわせて公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からXperia Z5ユーザーから好評のデザインと保護性能を両立したウィンドウ付き純正専用ケース「Style Cover Window」にも新色「ピンク」が追加されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。