S-MAX

XperiaZ5

KDDI、au向け「Xperia Z5 SOV32」と「Xperia Z4 SOV31」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月30日18時から提供開始


au向けXperia Z5 SOV32とXperia Z4 SOV31がAndroid 7.0 Nougatに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は28日、au向けに2015年に発売したスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SOV32」および「Xperia Z4 SOV31」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年3月30日(木)18時より順次提供開始するとお知らせしています。

それぞれスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間および更新ファイルサイズは、Xperia Z5 SOV32が約60分および約1.2GB、Xperia Z4 SOV31が約50分および約1.3GB。

ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。なお、Xperia Z5 SOV32には配信開始直後から、Xperia Z4 SOV31には2017年3月31日(金)10時より順次お知らせが届くとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主な改善内容
1)2つのアプリの同時利用が可能に(マルチウィンドウ)
2)通知パネルが更に便利で分かりやすく
3)データ通信量を節約(データセーバー)
4)電話アプリが更に便利で使いやすく
5)電話アプリの通話履歴の削除方法の変更
6)連絡先のグル―プ表示方法の変更
7)スモールアプリの起動方法の変更
8)絵文字の変更
◯主な削除/初期化項目
9)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
・「電話」アプリのスマートサーチ機能の検索対象のカナが削除されアルファベットのみになります。
・「連絡先」アプリで連絡先を全件一括選択する機能が削除されます。
・「設定」アプリの「壁紙」→「ライブ壁紙」内の「バブル」、「フィーズビーム」、「ブラックホール」、「ホロ(スパイラル) 」が削除されます。OSアップデート前に上記壁紙を設定していた場合は、アップデート後はXperia壁紙が設定されます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、下記の「OSアップデートによる設定初期化/削除・名称変更項目」をご確認ください。
・「スクリーンショットシェア」アプリで画面の端からスワイプしてスクリーンショットを記録する機能が削除されます。
など
10)OSアップデート後は以下設定が初期状態にリセットされます。必要に応じ、再度設定を行ってください。
・「カレンダー」アプリの各種設定(通知:ON/通知音:設定なし/バイブレーション:OFF/標準の通知時間:10分前)
・「ビデオ」アプリの動画再生時の設定(バックグラウンド再生:OFF/字幕設定:カスタム設定OFF)
・「What's NEW」アプリの設定値(動画の自動再生:ON)
・STAMINAモードの設定値(初期値:OFF)
・その際はアプリのアップデートを行ってください。
・「カメラ」アプリの色合い、明るさ等の各種設定値
など
11)その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
SOV32のOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(2.1MB)(PDF)
SOV31のOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(1.9MB)(PDF)
※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適にSOV32・SOV31をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

好きな写真や画像からオリジナルケースが作れるアプリ「プリスマ」のAndroid版がリリース!iPhoneに続いてXperia Z5・Z5 Compactなど6機種のケースが作成でき、順次対応機種も追加予定


オリジナルケース作成アプリ「プリスマ」のAndroid向けが提供開始!

スマートフォン(スマホ)など向けアクセサリーを販売するジービーエス(GBS)は6日、好きな写真や画像からオリジナルケースが簡単に作れるアプリ「プリスマ(PRISMA)」のAndroid版を提供開始したと発表しています。対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降。

現時点の対応機種は「Xperia Z5」および「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z3」、「Xperia Z3 Compact」、「GALAXY S5」、「GALAXY J」の6機種。今後要望に応じて順次対応機種を拡大予定で、追加した場合には公式Twitterアカウント( @prismajp )などで告知していくとのこと。

アプリは無料でダウンロードでき、ケースはハードクリアケース1,980円(税込)から。送料はメール便の場合は無料、宅配便は540円(注文金額が3,800円以上の場合は無料)。決済方法はクレジットカードおよび代金引換、 銀行振込、コンビニ後払い(NP)となっています。

続きを読む

ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ」のドコモ版を数日使ってみた感想!高速指紋認証&安定性に不安なし【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモやau、SoftBankから11月2日に発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。昨年までのフラッグシップモデル「Xperia Z5」の真の後継機種として同じ5.2インチサイズとなっています。

すでに紹介したようにNTTドコモ向け「Xperia XZ SO-01J」を購入しました。今回は、直前まで使っていた「Xperia Z5 SO-01H」との体感的な比較を中心に数日使ってみての感想を記します。なお、開封レビューをまだご覧になっていない方は合わせてチェックしてみて下さい。

続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内!グローバルモデルのZシリーズではZ3+以降が対象で、Z3は対象外に


XperiaシリーズのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は23日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいてGoogleから正式版が提供開始された最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは「Xperia Z3+」(国内版「Xperia Z4」相当)および「Xperia Z4 Tablet」、「Xperia Z5」、「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia X」、「Xperia XA」、「Xperia XA Ultra」、「Xperia X Performance」の9機種。

続きを読む

auにもようやく!ソニーの昨冬スマホ「Xperia Z5」をAndroid 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップしてみた――気になる変更点や快適かどうかを紹介【レポート】

SOV32_OS6_01
ソニー製スマホ「Xperia Z5」がAndroid 6.0に!バージョンアップして変更された点をチェック

昨年10月末に発売されたソニーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。発売時はAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載していましたが、NTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」は3月2日、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」は4月25日から最新のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップが提供されています。

そして、au向け「Xperia Z5 SOV32」にもようやく6月7日からAndroid 6.0へのOSバージョンアップが提供されました。

筆者は今年1月にXperia Z5 SOV32を購入したので、さっそくAndroid 6.0へのOSバージョンアップを行いました。遅れることNTTドコモから3ヶ月以上、SoftBankから1ヶ月半近くということで、auにはもう少し早く提供して欲しかったところですが、せっかくなのでOSバージョンアップの方法と主な機能変更についてまとめてみました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。