S-MAX

arrows5G

4年半ぶりの高性能な日本製フラッグシップスマホ「arrows 5G F-51A」を写真で紹介!ミリ波対応で、NTTドコモから6月下旬発売【レビュー】


docomo 5Gスマホ「arrows 5G F-51A」を写真でチェック!ミリ波対応の最上級モデルに

既報通り、NTTドコモが「2020年春夏モデル」を発表し、5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows 5G F-51A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を6月下旬以降に発売する。公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの同社の直営店での価格は134,640円(金額はすべて税込)だ。

すでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店およびドコモオンラインショップなどにて事前予約が実施されており、36回払いで購入することで本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象で、25ヶ月目で適用した場合の実質負担額3,740円/月×24回(総額89,760円)とのこと。

またarrows 5G F-51Aを含む5Gスマホ全機種が対象のキャンペーン「5G WELCOME割」が実施され、契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)する。

本記事では2020年春夏モデルが発表された「NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会」の後に実施された展示会場取材にて実際にarrows 5G F-51Aの試作機をタッチ&トライしてきたので写真を交えて外観や特徴などを紹介する。なお、5G向け料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」、「5Gデータプラス」が用意されている。

続きを読む

NTTドコモ、5Gスマホ「arrows 5G F-51A」を発表!6月下旬発売で価格は13万4640円。FeliCaやミリ波に対応


docomo 5Gスマホ「arrows 5G F-51A」が登場!価格は134,640円に

NTTドコモは18日、オンラインにて「NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会 2020 docomo collection」を開催し、5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows 5G F-51A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

富士通ブランドの「arrows」シリーズにおけるフラッグシップモデルとしては2017年12月に発売されたSnapdragon 660搭載の「arrows NX F-01K」以来、最上位のSnapdragon 800シリーズを搭載したモデルでは2015年12月に発売された「arrows NX F-02H」から4年以上ぶりで、arrowsシリーズ初の5G対応製品となります。

最上位のフラッグシップらしくQualcommの「Snapdragon 865 5G mobile platform」を搭載し、流行りのパンチホールディスプレイによるほぼ全画面デザインを採用しており、防水や防塵、おサイフケータイ(FeliCa)、トリプルカメラなどを搭載しているほか、5GについてもSub6だけでなくミリ波(mmWave)にも対応しています。

これにより、NTTドコモにおける携帯電話ネットワークでは5Gにて下り最大4.1Gbpsおよび上り最大480Mbps、4Gにて下り最大1.7Gbpsおよび上り最大131.3Mbpsに対応します。なお、5Gの最大速度は発売後のソフトウェア更新によって2020年夏より対応し、それまでは下り最大3.4Gbpsおよび上り最大182Mbpsとなるとのこと。

発売時期は2020年6月下旬以降を予定し、発売に先立ってすでに本日3月18日11:00よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は直営店では本体価格が134,640円です。

また36回払いで購入することで本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象となっており、25ヶ月目で適用した場合の実質負担額3,740円/月×24回(総額89,760円)とのこと。なお、富士通コネクテッドテクノロジーズでは別途、発売が近くなったらキャンペーンを実施予定だとしています。

さらにNTTドコモでは「5G WELCOME割」を3月25日から実施し、契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)するとのこと。なお、料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」が用意されています。

続きを読む

NTTドコモ向けスマホ「arrows 5G F-51A」が富士通の公式Webサイトで漏洩……ミリ波対応に!すでにページは削除済み


富士通の5Gスマホ「arrows 5G F-51A」が投入へ!公式Webサイトで漏洩

既報通り、NTTドコモが第5世代移動通信システム(以下「5G」)の商用サービスに関する「NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会 2020 docomo collection」を2020年3月18日(水)11:00から実施します。発表会は基本的に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響でオンラインのみとなっており、同社の公式YouTubeチャンネルなどによってライブ中継が実施されます。

これに先立って同社の5G対応製品のラインナップのひとつと見られていた富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン(スマホ)「arrows 5G F-51A」があろうことか富士通の公式Webサイト「FMWORLD.NET」にて漏洩してしまいました。

すでに該当のWebページは削除されていますが、いくつかの画像はまだWebサーバーに残っています。すでにQualcommによって「Snapdragon 865」搭載製品として紹介されていた「arrows 5G」ですが、富士通の公式Webページに掲載されていた情報を紹介しておきます。

続きを読む

未発表スマホ「arrows 5G」や「ZenFone 7」、「ROG Phone 3」などもS865を搭載!Qualcommが5G対応新モデムX60などとともに発表


Qualcommが発表会を開催!未発表スマホ「arrows 5G」や「ZenFone 7」、「ROG Phone 3」の存在も明らかに

Qualcomm子会社のQualcomm Technologiesは25日(現地時間)、同社の公式YouTubeチャンネル( http://youtube.com/qualcomm )にてオンライン発表会「What’s next in 5G」を開催し、新たに同社のハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 865 5G mobile platform」(以下、S865)を採用するメーカーを明らかにしています。

昨年12月にXiaomiおよびOPPOなどが挙げられていましたが、さらにASUSTeK Computer(以下、ASUS)やBlack Shark、Fujitsu Connected Technologies(以下、FCNT)、iQOO、Lenovo、Nubia、realme、Redmi、Samsung Electronics、Sharp、Sony、vivo、ZTEが採用するとのこと。

すでにSamsung Electronics製「Galaxy S20」シリーズやSharp製「AQUOS R5G」、Sony製「Xperia 1 II」などのS865を搭載したスマートフォン(スマホ)が発表されていますが、同社では未発表の「arrows 5G」や「ZenFone 7」、「ROG Phone 3」、「OPPO Find X2」といった製品も挙げています。

また現行の5G対応モデムチップ「Snapdragon X55 modem」に続く第3世代の「Snapdragon X60 modem」や6GHz帯を利用した「Wi-Fi 6E」、xRヘッドセット「Snapdragon XR2 5G Reference Design」、5G対応パソコン(PC)のサポート、5G RANプラットフォームなどを発表しています。

中でも5G RANプラットフォームを採用するという楽天モバイルでは代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏が登壇し、楽天モバイルだけでなく楽天の事業を紹介しました。また5G PCのサポートでは日本では楽天モバイルに加え、KDDIやソフトバンクも含まれており、各通信事業者は2020年に5G PCに対応するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。