ゼロから始めるスマートフォン

HTCは2日(現地時間)、1.7GHzクアッドコアCPUやAndroid 4.1(開発コート名:Jelly Bean)を搭載したAndroidスマートフォン「HTC One X+」を発表しています。欧州と北アジアで2012年10月中に、南アジアでは2012年11月に発売されるとのこと。なお、アメリカでは米AT&Tが独占販売します。

HTC One X+は、名称からも分かるとおり今年発表・発売された同社のフラグシップモデル「HTC One X」のスペック強化版にあたります。

SoCに「Tegra3+」を採用し、CPUがクアッドコアの周波数1.5GHzから1.7GHzに向上。またストレージ容量が32GBから64GBへ、フロントカメラの画素が130万画素から160万画素へ、バッテリー容量が1,800mAhから2,100mAhへ増加しています。ソフトウェア面ではOSがAndroid4.1 Jelly Beanへ、オリジナルUIである「HTC Sense」もバージョン4+へバージョンアップされています。

このようにそれなりのスペックアップがはかられていますが、端末サイズは134.36×69.9×8.9mmと前モデルから全く変わりません。ディスプレイも変化なしの4.7インチHD液晶。ただし重量が5g増して135gとなっています。

なお、HTCはこのHTC One X+の発表と同時に、既存のHTC One XとHTC One Sに対し、Android 4.1とHTC Sense4+を提供するアップデートを10月中に開始することを発表しています。
■主な仕様
端末サイズ:134.36×69.9×8.9mm
重量:135g
ディスプレイ:4.7インチ HD(720×1280ドット) Super LCD 2
OS:Android 4.1 Jelly Bean
CPU:1.7GHzクアッドコア NVIDIA Tegra3
RAM:1GB
ROM:64GB
外部メモリー:非対応
カメラ:800万画素裏面照射型CMOS、前面160万画素
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n準拠
Bluetooth:4.0(aptX対応)
ネットワーク:HSPA/WCDMA(850/900/1900//2100 MHz)、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900 MHz)
センサー:3.5mmオーディオジャック、microUSB
外部端子:Gyro sensor、G-Sensor、Digital compass、Proximity sensor、Ambient light sensor
バッテリー:2,100mAh
その他:Beats Audio、NFC



ゼロから始めるスマートフォン
HTC、1.7GHzクアッドコアCPUやAndroid4.1を搭載したハイスペックスマートフォン「HTC One X+」を発表 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
About HTC