高速道路上 茅ヶ崎JCT付近の道路情報板のWiMAX機器

UQコミュニケーションズは16日、中日本高速道路が運営する中央連絡自動車道(以下、圏央道)および、新湘南バイパスの道路情報板への情報伝送用に搭載する通信手段として、WiMAXが採用されたことを発表している。

圏央道および新湘南バイパスでは、2013年4月14日(日)をもって計画の導入箇所すべてにおいて運用が開始されている。

同社によると、高速道路上の情報更新用モバイル回線として採用されたのは、2013年3月時点でWiMAXが日本で初めてという。

圏央道は都心から半径40 ~ 60kmの位置に計画されている、総延長約300kmの自動車専用道路で、東名高速、中央道、関越道など都心から放射状に伸びる幹線道路や東京湾アクアラインと接続し、首都圏の広域幹線道路網を形成している。

新湘南バイパスは神奈川県藤沢市から神奈川県中郡大磯町に至る一般有料道路で、23,000台/日の利用がある。

今回の採用に至った理由は、WiMAXの「安定した高速無線通信」および「有線回線の敷設工事が不要でメンテナンス性に優れている点」としている。

同社は、WiMAXサービスを通信インフラとしても活用されるよう、サービスエリアの充実およびM2M(Machine to Machine)ソリューションの展開に力を入れることを明らかにしている。

なお、同社では三井情報との提携を発表しており、モバイル通信回線だけでなくM2Mソリューションやクラウドサービスなどの分野も含めて複合的なソリューションの創出を進めるとしている。

記事執筆:shimajiro


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
三井情報がUQコミュニケーションズと提携しMVNO事業に参入!WiMAXを活用した法人向けソリューションの提供開始へ - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア - ライブドアブログ
UQコミュニケーションズ
圏央道および新湘南バイパス道路情報板の情報更新用通信回線としてWiMAX採用 | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット