WX12K最大の特徴のテザリングを試した!

先週14日(木)にウィルコムから発売された新しい音声PHSケータイ「WX12K」(京セラ製)。なんといってもBluetoothを介してのPHS回線でのテザリング機能に対応したことが一部の人には大きなトピックになっているかと思います。

テザリングというと、一般的には主に無線LAN(Wi-Fi)によってWi-Fiスポット化して利用する機能のように思われていますが、古くはBluetoothを利用しても行えました。Bluetoothによるテザリングは、ウィルコムでは「京ぽん2」という愛称で人気のあった「WX310K」が対応していた「DUN」というプロファイルと、今回、WX12Kが利用できる「PAN」というプロファイルによる方法があります。

これまでに他携帯電話事業者の機種も含めて、PANによる方法でのBluetoothテザリングを搭載したケータイ(フィーチャーフォン)というのは非常に珍しいかと思います。

前回は発売日に購入し、開封レポートをお届けましたが、今回は、このWX12KでのBluetoothテザリングについて設定から実際に利用してみた感想などを紹介したいと思います。

□まずはWX12KとAndroidをペアリング
まずは、WX12KとBluetooth接続をするためにWX12Kと、パソコンやタブレットなどの接続する危機を用意します。今回の記事ではAndroid搭載タブレット「Nexus 7(2013)」や「Padfone 2」をペアリングしておりますが、機器によっては弱冠手順が異なる部分もありますのでお気を付けください。

1. WX12KのBluetoothメニューを開く
01
待ち受け画面時にテンキー下部左側の「Bluetooth」キーを押す

2. 『1. Bluetooth』の項目を選択しBluetoothを起動させて、「4. だれとでも定額パス/テザリング設定」を選択する
0203
ここまで選択することでBluetoothテザリング機器(とだれとでも定額アプリをインストールしたスマートフォン)の登録ができます

3. 設定メニュー画面で電話帳キーを押して「登録(ペアリング)」設定をする
04
テザリングを受ける端末側で端末検索をしてWX12Kを見つけたら選択します

4. 両方のパスキーを確認して両方端末から許可を選択します
0506
パスキーが同じであることを確認したら許可します


なお、ここで1つ注意点があります。パスキーを確認し許可を出した時に、機種によっては登録作業が完了しないことがあります。このときはテザリングを利用する側(パソコンやタブレットなど)のBluetooth接続機種の個別設定から「インターネットアクセス」の項目にチェックを入れないとできない場合があるのでご注意ください。
0708
登録時に左画面の表示のままで勧めない時は利用する端末のBluetooth設定から「インターネットアクセス」の項目にチェックを入れます


これで、WX12KとAndroidのペアリングが完了します。なお、WX12KはBluetoothプロファイルにおける「PAN(パーソナルエリアネットワーク)」でのみテザリングを利用でき、WX310Kにあったプロファイル「DUN(Bluetoothによる無線モデム接続)」と違うものとなっています。

□PHS回線のテザリングを試してみた
09
Bluetooth経由にてPHS回線でブラウズしている状態のAndroidスマートフォン

BluetoothによるPHS回線のテザリングを、定番の通信速度計測アプリ「SPEED TEST」で試してみました。今回計測した場所は郊外のW-OAM typeGのサービスエリアにて、計測したものになります。
101112
左から順に1回目で3回計測

結論から言うと、「ブラウジングに関しては他に回線を利用する手段が一切なくなった時のための非常用として割り切った方がよい」程度のレベルです。

これはW-OAM typeGに対応したPHSデータ通信は今年9月に発売されたウィルコムスマートフォン「AQUOS PHONE es WX04SH」が遅いながらもそれなりに実用でなんとか耐えうる通信速度ではあるのですが、WX12Kのテザリングの場合、Bluetoothを間に経由しての通信となるので、応答速度の面でどうしても大きく遅れが出てしまい、体感的にややきついものがあります(つまり、PINGの数値がどうしても大きくなってしまう)。

ただし、Twitterなどのテキスト中心のWebサービスを利用する場合、やりとりするデータ量そのものが少ないので実用になる使い勝手となります。ただし、WX12Kのバッテリー容量が800mAhと小さいので常用するのはやや厳しいかもしれません。

また、PCにUSBケーブルを接続してモデム利用する場合は電力の供給を受けながら直接データをPHS回線で接続するので、テザリングよりもいくらかは快適にネットへ接続できます。

今回のWX12KのPHSテザリングは本当に他に手段がない時の最終手段といいたぐらいのもので、人によってはオマケ機能的な領域を出ないものになっていると感じる方も多いかもしれません。

ただ、筆者としては、本当に他のWeb接続手段がなくなってしまった時の保険としてはあると便利な機能であることも間違いないと思いました。

次回は「だれとでも定額パス」アプリの機能を試してみたいと思います。

記事執筆:河童丸


関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
WX12K 特集 - S-MAX