Googleがスマホなど向け最新OS「Android 5.0 Lollipop」を発表!

Google(グーグル)は15日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル機器向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」を発表しています。

今年6月に発表され、これまでDeveloper Preview(β版)として提供されていた「Android L」の正式版で、同時に発表されたGoogleブランドの「Nexus 6」および「Nexus 9」にはプリインストールされているほか、既存の「Nexus 4」や「Nexus 5」、「Nexus 7」、「Nexus 10」およびGoogle Play Editionには今後数週間以内にソフトウェア更新が提供されるということです。また、開発者向けSDKは2014年10月17日(金)に提供開始されます。

今年6月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2014」にて発表されたAndroid Lが正式版となり、Android 5.0としてリリースされます。また、開発コード名は"L"から始まるお菓子ということとで、今回は「Lollipop(ロリポップ)」となりました。

Android 5.0 Lollipopでは5000以上の新しいAPIが導入されたり、新たにメモ帳からデザインされたフラットデザインかつ見やすいカードデザインを採用した「Material Design(マテリアルデザイン)」に変更され、見た目も洗練される上、視認性や使い勝手も良くなるとされています。

この他、これまでテスト導入されていた新しいJavaランタイム「ART(Android Runtime)の正式導入や通知拡張、グラフィックス強化、64bitプロセッサーをサポート、バッテリー持ちの改善などが行われています。

なお、これまで提供されてきたAndroid LはAPI Levelが20でしたが、正式版であるAndroid 5.0 Lollipopは21となっています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Official Android Blog: Android: Be together. Not the same.