6c3fcff1.jpg
カメラ屋さんオススメのスマホ向けアイテムが多数!

パシフィコ横浜にて2016年6月21日(火)〜22日(水)まで開催されている写真に関する機材やプロ向け写真機器など扱う展示会「PHOTO NEXT 2016(フォトネクスト2016)」(主催:プロメディア)。

今年から会場が東京ビッグサイトからパシフィコ横浜へと移り、新しいスタートを切った本展示会ですが、プロフォトグラファー向け機材や写真を取り扱う企業・団体向けの展示が中心ながらここ数年ではスマートフォン(スマホ)のカメラ向けアイテムなどの展示もあるため、筆者も取材へ行ってきました。

今回は写真関連機器の販売や開発を行っているよしみカメラのブースにて「Google CardBoard」互換品のVRゴーグルなどのスマホ向け周辺機器がいくつかありましたので紹介します。

◯折りたたみ可能で置いても持っても使えるスマホ向けVRゴーグル
01
「折りたたみVRゴーグル(仮称)」(※製品名が確定していないため)

こちらは間もなく販売開始となる予定のGoogle CardBoard互換のスマホ用簡易VRゴーグルです。ゴーグル自体はVR用カメラなどを開発している「iZugar」製のもので、よしみカメラの公式Webサイトにて販売を行っていくということ。

特長としては折りたたんでコンパクトにでき、使わない時は小さくしてしまっておけます。もう1つが持っても置いても使える点で、VRアプリなどでユーザー自身が動く必要のあるときなどは従来通りの「手で持って」使うスタイルに(もちろん、VR動画を見るのにもOK)。

03
折りたたんだ状態のVRゴーグルと「Nexus 5X」の大きさ比較。かなりコンパクトに

また、一方で動画サイトなどでVR動画を見るときなど、ユーザーが動く必要のないコンテンツを見るときにテーブルなどに置いて覗きこむスタイルにできます。

0405
逆さまにしても使えるVRゴーグルはかなり珍しい


06
置いた状態でVR動画を試し見している筆者

説明員によると「レンズも上質のものを使っているほか、微調整ができるように作られており、かなり見やすいつくりになっている。」とのこと。価格としては定価は1,980円程度で、実際にはもう少し安くして販売したいとのことでした。

実際に試してみたところ、レンズの左右微調整や視線距離(レンズとスマホの間の距離)も動かすことが可能で、これにより、個人差と視力の程度によるが眼鏡が必要な人も眼鏡なしで利用できる場合があります。筆者は見事にこれに当てはまったので、かなり気に入りました。


◯スマホカメラ用2軸スタビライザー(ジンバル)「イージーキッス」
0708
イージキッス本体(写真=左側)と製品解説のパネル(写真=右側)

こちらはスマホを固定し、回転させても水平方向を保つように動作し、スマホを持って歩いたままでの動画撮影時のブレを軽減するアイテムです。スマホ本体をセットして利用するため、スマホのOSの種類を問いません。

イージーキッスは新しく発売されたばかりのアイテムで、スマホ撮影用スタビライザーとしては非常に安価(スマホ向けのキチンと動作するスタビライザーは安くても2万円台後半くらいする)で、こういった機器を初めて使ってみようという層にもオススメしやすいものとなっています。

その他にもよしみカメラのブースにはメインとなる本格的なカメラ用アイテム以外にスマホ向けの周辺機器などがいくつか展示・即売がされていました。

0910
iPhone用の遠隔シャッターやカメラ用三脚などにスマホを固定できるカメラネジ付きクリップなど、多くのアイテムが販売

よしみカメラの物販コーナーでは、通常のネット通販よりもディスカウントされた価格で販売されていました。本格的なカメラ用小物やスマホの撮影をもっと楽しくするグッズなどが数多くありましたので、会場に行かれる方は是非、よしみカメラのブースへ足を運んでみてはどうでしょうか。

記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
PHOTO NEXT 2016
よしみカメラ