auスマホ「AQUOS sense3 basic SHV48」が値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、携帯電話サービス「au」向けエントリースマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 basic SHV48」(シャープ製)の直営店における価格(金額はすべて税込)を27,830円から22,000円に値下げしたとお知らせしています。

すでに公式Webストア「au Online Shop」では値下げされた価格になっており、かえトクプログラム適用時は残価が4,290円に設定されているため、実質770円/月×23回(総額17,710円)となっています。

また合わせてau Online Shop限定で実施されている「au Online Shop お得割」の割引額が変更され、これまでは新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引でしたが、8月14日10時からは11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では16,500円割引となっています。

02

AQUOS sense3 basic SHV48は「AQUOS sense」シリーズとして第3世代となるAQUOS sense3シリーズの廉価モデルで、auでは今年6月に発売されました。AQUOS sense3と比べると、ディスプレイやチップセット(SoC)、バッテリー容量は同じとなっているものの、内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージ、カメラなどのスペックが落とされ、さらにおサイフケータイ(FeliCa)や指紋センサーが非搭載となっています。

主な仕様は約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶やSnapdragon 630、3GB RAM、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、USB Type-C端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、約1200万画素CMOSリアカメラ、約800万画素CMOSフロントカメラなど。

03

サイズは約147×70×8.9mm(最厚部9.8mm)、質量は約167g、本体カラーはライトカッパーおよびブラック、シルバーの3色展開。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をプリインストール。携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)にサポートし、下り最大279Mbpsおよび上り最大75Mbpsに対応。SIMカードスロットはnanoSIMカード(4FF)サイズが1つ。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
AQUOS sense3 basic 関連記事一覧 - S-MAX
AQUOS sense3 basic SHV48 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報
製品価格一覧 | 製品 | スマートフォン・携帯電話 | au