ANA Wi-Fi Serviceが国際線ビジネスクラスでも2024年夏より無料に!

ANAホールディングスは10日、子会社の全日本空輸(以下、ANA)が運行する航空運送事業における国際線において利用者が機内で快適に過ごせるように2014年に機内インターネットサービス「ANA Wi-Fi Service」を導入し、2018年6月からはファーストクラスなら無料で使えるようにしてきましたが、新たに2024年夏からビジネスクラスに搭乗する人にも無料で利用できるようにサービスを拡充すると発表しています。

また2024年度中にプレミアムエコノミーならびにエコノミークラスに搭乗する場合にANA Wi-Fi Serviceを通じてテキスト通信を無料で利用可能になるようにさらなるサービスの拡充を予定しているとのことで、それぞれの具体的な利用開始日は決定次第、案内するとしています。なお、ANAでは国内線については2018年4月より全席無料でANA Wi-Fi Serviceが使えます。

02

ANAでは利用者が機内で快適に過ごせるようにこれまでに映画やビデオ、電子書籍などの機内コンテンツを充実させ、合わせて機内インターネットサービスとしてANA Wi-Fi Serviceを2014年に開始し、これまでに国内線の全席と国際線のファーストクラスに搭乗した人は無料で使えるようになっていました。今回、国際線のビジネスクラスに搭乗する人も2024年夏より無料でANA Wi-Fi Serviceが使えるようになります。

またプレミアムエコノミーおよびエコノミークラスに搭乗する人もANA Wi-Fi Serviceを通じたテキスト通信を無料で2024年度中に利用可能となるとのこと。なお、現時点でもビジネスクラスなどに搭乗する場合には有料でANA Wi-Fi Serviceが利用でき、料金は30分プランで4.95ドル(利用データ容量15MBまで)または6.95ドル(上限なし)、フルフライトプランで19.95ドル(利用データ容量100MBまで)または18.80ドル(上限なし)など。対象機体はボーイング777-300ERのすべての機体およびボーイング767-300ER(202席仕様)の一部。

ただし、ボーイング777-300ER(THE Room非搭載機)の3機およびボーイング767-300ER(202席仕様)の6機で、ボーイング777-300ERは機内インターネット提供事業者が変更となるため、準備が整い次第、別途サービスを開始し、ボーイング777-300ERは2024年5月31日()をもって機内インターネット事業者であるSITAの撤退に伴って機内インターネットサービス自体を休止するため、当該サービスをご利用いただけません。

03


03


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ANA国際線 機内インターネットのサービスが拡充されます|プレスリリース|ANAグループ企業情報
ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線]|ANA