S-MAX

カメラ

シャオミの高コスパなSIMフリースマホ「Redmi Note 10 Pro」のカメラ機能を紹介!1億800万画素や長時間露光、デュアルビデオなどをがっつり試す【レビュー】


「Redmi Note 10 Pro」のカメラ機能を試した!

Xiaomi(以下、シャオミ)が4月に発売した、SIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 10 Pro(レッドミー ノート テン プロ)」(Xiaomi Communications製)は、約1億800万画素カメラや約6.67インチの大画面有機ELディスプレイなどを搭載しながら、発売時の市場想定売価(価格はすべて税込)が34,800円と低価格帯を実現したミドルハイモデルだ。

発売当初は、大手ECサイト「Amazon.co.jp」をはじめ、MVNOなど複数の販路で品切れが続出するほどだったが、6月26日時点では「グレイシャーブルー」「オニキスグレー」「グラディエントブロンズ」の3色とも問題なく入手できる状態となっているようだ。また、Amazon.co.jpでは、いずれものカラーも約10%となる3,410円引きの31,390円で販売されている。

なお、ECサイトではAmazon.co.jpのほかに「SoftBank SELECTION」、「ひかりTVショッピング」、「ムラウチドットコム」で、仮想移動体通信事業者(MVNO)では「イオンモバイル」や「IIJmio」、「gooSimseller」、「BIGLOBEモバイル」など、量販店では「エディオン」や「上新電機」、「ノジマ」、「ビックカメラグループ」、「ヤマダ電機」、「ヨドバシカメラ」などで取り扱われている

発売から2カ月以上経過したが、公開済の開封レビューRedmi Note 9Sとの比較に続いて、今回はカメラ機能をレビューする。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:モバイルはカメラとともに。スマホやケータイのカメラ機能が辿った進化と変遷を紐解き、今後に担う役割を考える【コラム】


携帯電話やスマホのカメラ機能について考えてみた!

みなさんはフィーチャーフォン(携帯電話)やスマートフォン(スマホ)でどのくらい写真を撮るでしょうか。筆者が普段スマホで撮るものと言えば、TwitterなどにUPする日常のスナップショットばかりで、何かの記念としての写真や「映え」を狙った写真はあまり撮る機会がありません。

世の中を見渡しても、現在はコロナ禍によって人との接触が減り、スマホのカメラ機能の利用シーンも随分減っているのではないかと思われます。しかしながら、そのような時代でもTwitterやInstagramを覗いてみれば、日々膨大な量の写真や動画がスマホから投稿され続けています。

これほど人々を惹きつけ続けるスマホのカメラ機能とは一体何なのか。私たちはどのように活用し、今後どのように進化していくのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は携帯電話やスマホのカメラ機能にまつわる歴史や進化を紐解き、つらつらと書き綴ります。

続きを読む

シャオミの低価格なソフトバンク向けスマホ「Redmi Note 9T」のカメラを試す!メインの4800万画素を含む3眼で多彩な撮影が可能【レビュー】


シャオミの超高コスパな5Gスマホ「Redmi Note 9T」のカメラ機能をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2月2日に、5Gおよびおサイフケータイ(FeliCa)に対応したソフトバンク向けスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9T(型番:A001XM)」(Xiaomi Communications製)を発売すると発表した。

ソフトバンクから2月26日(金)に発売されたRedmi Note 9Tは、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で、本体価格(金額はすべて税込)が21,600円(分割450円/月×48回など)で販売されている。税抜きで2万円を切る超低価格でありながら、5G通信のほかにも国内での需要が高いとされるおサイフケータイ(FeliCa)に対応している点が魅力だ。

またソフトバンク向けモデルのため、ソフトバンクのサービス「トクするサポート+」の対象機種にもなっている。これは、48回払いで購入して24カ月目以降に返却などの条件を満たすことで25回目以降の残債が免除されるサービスで、この特典を利用すると実質負担額(支払い総額)が10,800円(分割450円/月×24回)となる。さらに、他社から乗り換え(MNP)およびSoftBank学割に加入する新規契約の場合は一括1円で販売されている。

そんな超高コスパのRedmi Note 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、前回の開封レビューに続いて、カメラ機能を中心にレビューする。

続きを読む

シャオミの低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」のカメラ機能を紹介!4800万画素や超広角、マクロなどの4眼で多彩な撮影モードに対応【レビュー】


「Redmi 9T」のカメラ機能を試す!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2日、低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」(Xiaomi Communications製)を日本にて2月5日に発売した。価格(金額はすべて税込)は4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージながら17,490円と2万円を大きく下回っている。

なお、販路は量販店の「エディオン」および「上新電機」、「ノジマ」、「ビックカメラグループ」、「ヤマダ電機」など、ECサイトの「Amazon.co.jp」および「SoftBank SELECTION」、「ひかりTVショッピング」、「ムラウチドットコム」、さらに仮想移動体通信事業者(MVNO)の「イオンモバイル」および「IIJmio」、「gooSimseller」、「BIGLOBEモバイル」などで取り扱われており、MVNOでは携帯電話サービスとセットでさらに低価格で購入可能だ。

そんなRedmi 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、外観や基本仕様などを中心にレビューした前回のファーストインプレッションに続いて、今回はカメラ機能をレビューする。

続きを読む

まだまだ余裕で使えるシャオミの高コスパスマホ「Redmi Note 9S」のカメラ機能を紹介!4眼で夜景もポートレートも自撮りも綺麗に【レビュー】


「Redmi Note 9S」はカメラ機能もスゴい!

既報通り、Xiaomi Japanは2021年2月2日(火)14:00からオンラインにて「Xiaomi 新製品発表会」を開催することを公表している。発表会では「Redmi 9T」や5Gに対応した「Redmi Note 9T」が発表されるのではないかと予想されている。

Xiaomi JapanのTwitter公式アカウント( @XiaomiJapan )によると、Redmi Note 9シリーズは全世界で2千万台を販売しており、さらにRedmi Noteシリーズ全体では全世界で1億4千万台を販売しているのだという。世界的に人気の高いシリーズだが、日本市場でも昨年6月に発売された「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)が販売されている。

もちろんRedmi Note 9Sの国内での人気も高く、その理由はやはり「低価格帯でありながら価格以上の性能」だろう。発売当時の価格(金額はすべて税込)は4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージ(以下、4GB/64GBモデル)が24,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージ(以下、6GB/128GBモデル)が29,800円と、いずれのモデルも2万円台でありながら、チップセット(SoC)にQualcomm製ミッドハイレンジ向け「Snapdragon 720G(SM7125)」を搭載している点が、他社の2万円台のモデルに比べて頭一つ抜けている。

実は筆者は昨年10月下旬にRedmi Note 9Sのオーロラブルーを都内の中古PCやスマートフォン(スマホ)などを扱う「じゃんぱら」で、程度の良い中古品の4GB/64GBモデルを20,800円で購入した。発売から半年も経過していないこの時点ですでに中古品が出回っており、新品価格より4,000円程度安く販売されていたのだ。

さらに昨年の暮れには未使用品が同程度の価格で販売されており、今年に入ってからは程度の良い中古品がさらに値下がりし、4GB/64GBモデルが18,800円、6GB/128GBモデルが22,800円で販売されているという状況だ。

なお、2021年1月30日時点で大手Webストア「Amazon.co.jp」では4GB/64GBモデルが22,630円、6GB/128GBモデルが27,430円と、いずれも発売当初よりも2,000円強値下げされている。

新機種が出た後にさらに値下げされる可能性もあるRedmi Note 9Sだが、前述のように2万円台とは思えない基本スペックを備えているためまだまだ十分に「買い」といえるスマホだ。今回は、そんなRedmi Note 9Sのカメラ性能を紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。