S-MAX

カメラ

実売2万円台の低価格なSIMフリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能を紹介!4眼で多様なシーンにて手軽に綺麗な写真が撮影可能【レビュー】


高コスパなエントリースマホ「OPPO A73」のカメラ機能をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)はOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製の最新スマートフォン(スマホ)「OPPO A73(オッポ・エーナナサン)」(型番:CPH2099)を日本でSIMフリーにて2020年11月20日(金)から順次販売している。そんなOPPO A73をオウガ・ジャパンからお借りし、前回のレビューに続いて今回はカメラ機能のレビューをしていく。

なお、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式の楽天市場店やPayPayモール店では30,800円となっている。一方、記事を執筆している2021年1月3日時点では大手Webストア「Amazon.co.jp」においてネービー ブルーが25,910円、ダイナミック オレンジが25,989円と2万円台半ばで販売されている。

取扱店としては上記のほか、ECサイトではひかりTVショッピング、量販店ではエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、通信事業者では移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルをはじめ、仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateで取り扱われている。

続きを読む

モトローラの2万円台のSIMフリースマホ「moto g9 play」のカメラ機能を試す!AI最適化や夜景・ポートレートなどに対応【レビュー】


「moto g9 play」のカメラ機能をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがエントリー向けの超低価格SIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g9 play(型番:XT2083)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

前回のレビューでも伝えた通り、価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」で24,800円、大手Webストア「Amazon.co.jp」では22,545円で販売されている超低価格のAndroidスマホだ。

また仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、IIJmioやNifMoなどでは2万円台前半で、LINEモバイルでは2021年1月27日(水)10:59まではセール価格の14,800円で、OCN モバイル ONEは音声対応SIMでの申し込みとのセット限定で7,150円のセール価格で販売されており、いずれも安価で購入可能となっている。

moto g9 playはコストパフォーマンスの高い低価格機であり、アップルの「iPhone 12」シリーズなどのハイエンドモデルに代表されるように10万円を超えるスマホもたくさん販売されている中、エントリー向けとはいえ2万円台で購入できるのはありがたいという人も多いだろう。

一方で、あまりに低価格なモデルの場合には“安かろう悪かろう”のイメージが付きやすのも事実だ。そこで今回は、モトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたmoto g9 playでカメラ機能をチェックしてみた。

続きを読む

モトローラの低価格なAndroid Oneスマホ「moto g PRO」のカメラ機能を試す!AI最適化や夜景・ポートレートモードなど。自然に近い画質【レビュー】


「moto g PRO」のカメラ機能を試した!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがプラットフォームに「Android One」を採用したスタイラスペンに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g PRO(型番:XT2043)」(Motorola Mobility製)を10月30日に発売した。

最低2年間のOSアップグレードが受けられるAndroid Oneに加え、Googleが法人向けに認定している「Android Enterprise Recommended」モデルで、普段使いはもちろんビジネスシーンにおいても安心して利用できるセキュアなスマホとなっている。

価格(金額はすべて税込)はモトローラ公式Webストア「moto store」では35,800円で、大手Webストア「Amazon.co.jp」では32,545円で販売されている。またBIGLOBEモバイルやIIJmio、OCN モバイル ONE、NifMo、LINEモバイルなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われており、それぞれ3万円前後の価格帯だ。

そんなmoto g PROをモトローラ・モビリティ・ジャパンからお借りしたので、前回のレビューに引き続いて、今回はカメラ機能を中心にレビューしていく。

続きを読む

話題のスタンダードスマホ「AQUOS sense4 SH-41A」の性能やカメラはどう?ベンチマークや三眼になったメインカメラを試す【レビュー】


AQUOS sense4の気になるポイントをチェック!ベンチマーク性能やカメラ機能など

既報通り、NTTドコモから4Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 SH-41A」(シャープ製)が11月6日より順次発売されました(通常カラーは11月16日発売、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定カラーのレッド、ブルー、イエローは11月6日発売)。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では本体価格が37,224円で、他社から乗り換え(MNP)では16,500円が割り引かれて20,724円となっており、手の出しやすい価格でながら過不足のないスペックや三眼カメラ搭載など、シャープの人気スタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの4代目として着実な進化を遂げた1台となっています。

またNTTドコモに続いてデュアルSIMに対応したSIMフリーモデル「AQUOS sense4 SH-M15」も量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)から11月27日より順次発売されることが発表されました。SIMフリーモデルの価格も市場想定価格が3万円台半ばで、予約注文を受け付けているヨドバシ.comなどの量販店では税抜35,900円(税込39,490円)の10%(3,949イント)還元で実質35,541円相当となっています。

そんなAQUOS sense4ですが、筆者もレッドがあるということでドコモオンラインショップ限定カラーを購入し、前回の記事では開封から外観、プリインストールアプリの紹介をお送りしましたが、本記事ではベンチマークアプリを利用して本機の性能を確認しつつ、トリプルカメラとなった本機のメインカメラを試してみようと思います。

続きを読む

新Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」のカメラを試す!京都で東寺・五重塔ライトアップなどを撮影してきた【レビュー】


Googleの新スマホ「Pixel 5」や「Pixel 4a (5G)」のカメラ機能を紹介!

既報通り、Googleから新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」が10月15日に発売されました。日本での販路は公式Webショップ「Google ストア」の他にSoftBankからPixel 5とPixel 4a (5G)auからPixel 5が販売されています。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 5が74,800円、Pixel 4a (5G)は60,500円、SoftBankではPixel 5が87,840円、Pixel 4a (5G)が65,520円、auのPixel 5が79,935円で、SoftBankではトクするサポート+、auではかえトクプログラムの対象となっているほか、auでは「5Gスマホおトク割」や「5G秋トクキャンペーン」、SoftBankでは「web割」の対象です。

Pixel 5およびPixel 4a (5G)はともにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 765G」を搭載したミッドハイレンジモデルで、リアカメラも同じ広角カメラと超広角カメラのデュアル構成となっており、カメラ機能ではPixel 3シリーズから続くコンピュテーショナル フォトグラフィーと機械学習を利用した超解像ズームや夜景モードをさらに発展させています。

そんなPixel 5とPixel 4a (5G)のカメラ機能は一部がすでに既存のPixelシリーズでも使えるようになっていますが、Pixel 4シリーズでは広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラ、それ以外は広角カメラのシングルカメラなので、今回はPixel 5で実際に写真を撮影してきたので新機能とともに紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。