S-MAX

ドコモショップ

エコノミーMVNOに「トーンモバイル for docomo」が12月22日に追加!月額1100円で動画以外使い放題の料金プラン「TONE for iPhone」が提供


NTTドコモのエコノミーMVNOにトーンモバイルが追加!専用プラン「TONE for iPhone」が提供

NTTドコモは15日、仮想移動体通信事業者(MVNO)と連携して「低廉な料金をメインプランにしたい」というニーズに応えるためにdアカウントやdポイントなどを活用する「エコノミーMVNO」にフリービット傘下のトーンライフスタイルを追加して全国のドコモショップ約2300店舗において「トーンモバイル for docomo」の取り扱いを2021年12月22日(水)から開始すると発表しています。

トーンモバイル for docomoはトーンライフスタイルが提供する携帯電話サービスで、同じくフリービット傘下でMVNOによる携帯電話サービス「TONEモバイル」を展開するトーンモバイルのエコノミーMVNO向けサービスとなり、iPhone専用の料金プラン「TONE for iPhone」に加え、見守りに関するオプションサービスなどが提供されます。

合わせてトーンモバイルは15日、都内にて「トーンモバイル for docomo」サービス発表会を開催し、エコノミーMVNOのトーンモバイルとしてのサービス詳細を紹介しました。内容については後日レポートする予定ですが、発表会の模様については動画にて掲載しておきます。

続きを読む

ドコモショップにて「フィルム貼付サポート」を1回1100円で提供開始!初期設定サポート(データ移行)は12月1日より1回2200円の有料に


ドコモショップにて「フィルム貼付サポート」を提供開始!初期設定サポート(データ移行)はクラウド利用で1回2,200円に

NTTドコモは24日、全国約2300店舗の「ドコモショップ」において2021年12月20日(月)より「フィルム貼付サポート」の提供を開始すると発表しています。加えて、2021年12月1日(水)より「初期設定サポート(データ移行)」のサービス内容を一部変更するとのこと。

フィルム貼付サポートはドコモショップにて購入した公式アクセサリーブランド「docomo select」の保護フィルムの貼付作業をドコモショップスタッフが代行するサービスで、1回当たり1,100円(金額はすべて税込)で利用できます。フィルムの貼付に関する要望が多くあったことから全国のドコモショップにて提供を開始することとなったということです。なお、DOMEGLASSフィルムは対象外。

一方、初期設定サポート(データ移行)はドコモショップにて利用者のスマートフォン(スマホ)などの製品に保存された写真や動画などのデータ移行をサポートするサービスで、現在提供しているサービスではドコモショップスタッフが「データコピーアプリ」などを活用することによってデータ移行をサポートしています。

今回のサービス内容の変更によって「iCloudを用いたデータコピー」などの手法を新たに追加し、来店者の利便性向上を図るとともにデータ保存容量の増加に伴う店頭でのサポート時間が増加している背景を踏まえ、ドコモショップスタッフによる高品質なサポートを継続して利用できるように12月1日から1回当たり2,200円にて提供します。

なお、来店者自身がデータ移行を行う場合、同社が提供している「データコピーアプリ」は無料で利用可能です。同社ではNTTドコモの利用者が安心してスマホなどを安心・安全で楽しく使えるように今後もドコモショップにおけるサポートの強化に取り組んでいくとしています。

続きを読む

ドコモオンラインショップとahamoにてメンテナンスでeSIMの発行(申込)や再発行が10月25日からできない状態!ドコモショップでの手続きを案内


ドコモオンラインショップとahamoにてeSIMの発行ができない状態に!メンテナンス終了時期は未定

NTTドコモが同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびオンライン専用の料金プラン「ahamo」の公式Webサイト「ahamo.com」において提供している「eSIM」についてシステムメンテナンスによって2021年10月25日(月)13時より既存の契約者における発行(再発行含む)ができないとお知らせしています。

現時点においてメンテナンスの終了時期は未定で、ドコモオンラインショップおよびahamoともに「eSIMの発行(新規発行および機種変更時の再発行を含む)」の申し込みができない状態となっています。同社では手数をかけるものの、メンテナンス中にeSIMの発行を申し込む場合にはどちらについてもドコモショップにて手続きするよう案内しています。

また通常はドコモショップにてeSIMの発行や再発行をする場合には事務手数料2,200円(税込)がかかりますが、同社の公式サポートのTwitterアカウント( @docomo_cs )ではメンテナンス中にドコモショップでeSIMの発行の手続きをした場合は事務手数料がかからないとしています。なお、ドコモオンラインショップおよびahamoともにeSIMを選んでの他社から乗り換え(MNP)を含む新規契約は可能です。

続きを読む

NTTドコモがより低料金を望む人向けに「エコノミーMVNO」を発表!OCN モバイル ONEとトーンモバイルが対応し、ドコモショップで契約可能に


エコノミーMVNOにOCN モバイル ONEとトーンモバイルが対応!ドコモショップで契約可能に

NTTドコモは7日、昨年12月に導入を明らかにしていた仮想移動体通信事業者(MVNO)と連携して「低廉な料金をメインプランにしたい」というニーズに応えるためにdアカウントやdポイントなどを活用する「エコノミーMVNO」を2021年10月21日(木)より順次提供すると発表しています。

まずはエコノミーMVNOとしてNTTコミュニケーションズとフリービットと合意し、両社が提供する「OCN モバイル ONE」とトンモバイルが提供する「トーンモバイル」が参画してこれらの携帯電話サービスでも利用料金に応じたdポイントの進呈やマイページなどのdアカウントでの認証、通信料金へのdポイントの充当などが行えるようになります。

さらに全国の約2300店舗(2021年10月時点)のドコモショップにてエコノミーMVNOであるOCN モバイル ONEとトーンモバイルの提供する携帯電話サービスの新規契約などが可能となり、インターネットでの手続きやスマートフォン(スマホ)の初期設定が不安な人でも安心して契約して利用できるようになります。

合わせてOCN モバイル ONEでは10月21日より高速データ通信容量0.5GB/月と無料通話最大10分相当が付属して月額550円の新料金プランを開始し、トーンモバイルでは家族が使用しているiPhoneを見守れるようになる東京都も推奨する「TONEファミリー」搭載のティーン向けサービスを2021年12月をめどに提供開始するとのこと。

なお、OCN モバイル ONEの新プランは60歳以上なら12カ月間は高速データ通信容量が実質1GBになるということです。またトーンモバイルではティーン向けサービス以外にも12月までにターゲット層の拡大などを検討し、これまでの低価格でインターネット使い放題(動画を除く)のコンセプトはそのままにさらに多くの人に訴求できるサービスを提供していく予定だとしています。

続きを読む

NTTドコモ、新料金プラン「ahamo」の店頭サポートを正式発表!4月22日開始。新規契約やMNP、プラン変更などの手続きを1回3300円で


ahamoのドコモショップの店頭でのサポートが4月22日よりスタート!1回3,300円

NTTドコモは22日、新料金プラン「ahamo」の各種手続きをドコモショップの店頭で行える「ahamo WEBお申込みサポート」および「ahamo WEBお手続きサポート」を2021年4月22日(木)より提供するとお知らせしています。またahamoで利用しているスマートフォン(スマホ)などの製品の故障受付チャネルも拡大します。

ahamo WEBお申込みサポートおよびahamo WEBお手続きサポートはドコモショップの店頭でahamoの新規契約や他社から乗り換え(MNP)、既存のNTTドコモの料金プランからのプラン変更、契約後の各種手続きの申し込みを行うサービスで、1回3,300円(税込)がかかります。

ただし、実際の手続きの操作は来店者が実施し、店頭のスタッフが手続きの補助を行う形となり、来店者が操作しているところをスタッフが確認し、必要に応じて操作の案内を行うとのこと。またあくまで今後もahamoはオンライン専用の料金プランというスタンスは変わらないとしています。

一方で今回のサポートサービスの開始に合わせて「故障に関するお手続き」について緊急の通信環境確保の観点などの即時対応の要望が多いことからドコモショップでの修理受付(無料)を実施します。なお、ahamoは新規契約やMNP、プラン変更、各種手続きは無料なので、これらについては追加料金はかかりませんが、修理などについては別途料金がかかる場合があります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。