S-MAX

楽天ペイ

松屋やポプラ、やよい軒、Zoffなどにて抽選で最大100%還元キャンペーン「楽天ペイチャンス」が5月に実施!還元上限は10万ポイント


お買い物したその場で結果がわかる!楽天ペイチャンスは5月にほっともっとなどで開催

楽天ペイメントは2日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)向けアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において抽選で最大全額ポイント還元されるキャンペーン「お買い物したその場で結果がわかる!楽天ペイチャンス」( https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2022/0502-paychance/ )を2022年5月2日(月)0:00から5月31日(火)23:59まで実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは期間中に対象店舗にて楽天ペイのコード払い(バーコード・QRコード)で支払うと、抽選で支払金額の最大全額(100%)がポイント還元され、5月は松屋やポプラ、生活彩家、ほっともっと、やよい軒、Zoffでの買い物がキャンペーンの対象となります。

抽選は2回に1回の確率で当たり、還元率は1等が100%、2等が50%、3等が1%となっています。ただし、2回に1回の確率は当選確率を示すものではなく、必ず2回に1回当たるわけではないとしています。抽選結果は決済完了後すぐに確認でき、進呈上限(10万ポイント/期間中合計)に達するまで何度でも当選可能です。

また期間限定ポイントを使い切りやすい「楽天ポイント」を使う設定にした場合もキャンペーン抽選の対象となります。なお、キャンペーン参加にはエントリーは不要となっています。楽天ペイメントでは今後もキャッシュレス決済を利用できる場所を拡大し、よりお得で利便性の高い決済体験を利用者に提供すべく、サービスの向上を図っていくとしています。

続きを読む

デリバリーサービス「Uber Eats」にて楽天ペイによる支払いが順次可能に!3千円OFFクーポンや最大50%OFFなどのキャンペーンも


楽天グループとウーバーが連携!まずはUber Eatsの支払いが楽天ペイで可能に

楽天グループおよびUber Eats Japanは18日、フードデリバリーサービス「Uber Eats」( https://www.ubereats.com/jp )において決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」による支払いに2022年4月18日(月)より順次対応するとお知らせしています。4月下旬までにすべての楽天IDで利用可能となる予定とのこと。

これにより、楽天IDを利用してより簡易的にUber Eatsの新規会員登録が可能になるほか、Uber Eatsの支払いに楽天ペイを利用することで「楽天ポイント」を100円(税込)につき1ポイントを貯めたり、1ポイント=1円で支払いに使ったりすることもできるようになります。

また連携を記念して両社ではUber Eatsにて「楽天ペイ(オンライン決済)導入キャンペーン」を2022年4月27日(水)10:00から5月31日(火)23:59までの期間限定で開催し、期間中にUber Eatsの既存利用者にはすべての注文時に注文金額(クーポン利用の場合は割引後)の最大3%の楽天ポイントを付与します。

さらにキャンペーンでは期間中にUber Eatsの新規利用者を対象に初回利用時に使える3,000円OFFクーポンや2回目以降の注文で期間中何度でも利用できる最大50%OFFクーポンの配布、注文金額(クーポン利用の場合は割引後)の最大20%の楽天ポイントが付与される特典などが用意されています。

その他、両社は楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」のセールイベントとの連動企画やUber Japanが運営する配車サービス「Uber」における楽天IDおよび決済の連携も予定しているとし、今後もともにシームレスで利便性の高いサービスの提供をめざしていくとしています。

続きを読む

100円ショップ「ダイソー」などで抽選で100%還元キャンペーン「楽天ペイチャンス」が4月に実施!還元上限は10万ポイント


お買い物したその場で結果がわかる!楽天ペイチャンスは4月にDAISOなどで開催

楽天ペイメントは29日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)向けアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において抽選で最大全額ポイント還元されるキャンペーン「お買い物したその場で結果がわかる!楽天ペイチャンス」( https://r10.to/haUtAL )を2022年4月1日(金)0:00から4月30日(土)23:59まで実施すると発表しています。

キャンペーンでは期間中に対象店舗にて楽天ペイのコード払い(バーコード・QRコード)で支払うと、抽選で支払金額の最大全額(100%)がポイント還元され、4月は大創産業が展開する100円ショップ「DAISO」など2730店舗での買い物がキャンペーンの対象となります。

抽選は2回に1回の確率で当たり、還元率は1等が100%、2等が50%、3等が1%となっています。ただし、2回に1回の確率は当選確率を示すものではなく、必ず2回に1回当たるわけではないとしています。抽選結果は決済完了後すぐに確認でき、進呈上限(10万ポイント/期間中合計)に達するまで何度でも当選可能です。

また期間限定ポイントを使い切りやすい「楽天ポイント」を使う設定にした場合もキャンペーン抽選の対象となります。なお、キャンペーン参加にはエントリーは不要となっています。楽天ペイメントでは今後もキャッシュレス決済を利用できる場所を拡大し、よりお得で利便性の高い決済体験を利用者に提供すべく、サービスの向上を図っていくとしています。

続きを読む

楽天ポイントカードを提示して楽天ペイまたは楽天Edy、楽天カードで支払うと抽選で最大50%ポイント還元!上限は1万ポイントまで


ダブルで貯めて毎日おトク!楽天ポイント トクトク祭

楽天ペイメントおよび楽天Edy、楽天カードは28日、通ポイントサービス「楽天ポイントカード」およびスマートフォン(スマホ)など向けアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」、電子マネー「楽天Edy」、クレジットカード「楽天カード」において街での買い物がお得になる「ダブルで貯めて毎日おトク!楽天ポイント トクトク祭」を毎月開催するとお知らせしています。

まずは2022年3月分については3月1日(火)10:00から3月31日(木)23:59まで実施するとのこと。キャンペーンではエントリーの上で街のお店での買い物で楽天ポイントカードを提示して楽天のキャッシュレス決済サービス(楽天ペイまたは楽天Edy、楽天カード)で支払うと、抽選で100人に期間中の楽天ポイントカードを提示した会計金額の最大50%相当の楽天ポイントが還元されます。

還元上限10,000ポイントまで。また当選確率は利用する支払いサービスが増えるごとに1倍ずつ増えて最大3倍になるとのこと。エントリーはキャンペーンWebページ( https://r10.to/haIc9r )より行い、2022年3月分のポイント付与時期は2022年6月末頃を予定しています。なお、各社では2022年4月以降も同様のキャンペーンを実施予定だとしています。

続きを読む

100円ショップ「ダイソー」にてコード決済サービス「au PAY」と「メルペイ」が2月1日より、「楽天ペイ」が3月1日より利用可能に


ダイソーなどの大創産業が展開する2730店舗でau PAYやメルペイ、楽天ペイが導入!

大創産業は1日、同社が展開する100円ショップ「ダイソー」などの2730店舗(一部店舗を除く)でスマートフォン(スマホ)など向けコード決済サービス「au PAY」および「メルペイ」、「楽天ペイ」を2022年2月1日(火)より順次導入すると発表しています。

導入時期はau PAYとメルペイが2月1日から、楽天ペイが3月1日(火)からで、導入店舗はダイソーのほか、新業態のStandard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)やTHREEPPY(スリーピー)、CouCou(クゥクゥ)、Plus Heart(プラスハート)を含むとのこと。

なお、各決済サービスのキャンペーンに参加するとのことで、au PAYは3月15日(火)まで「たぬきの大恩返し 春」によって200円(税込)以上の買い物にて決済額の最大10%分(上限500ポイント/回および1,000ポイント/期間)のPontaポイントが還元されます。

またメルペイでは2月28日(月)まで「メルカリメガフェス」によってクーポンを利用することで201円(税込)以上の買い物にて一律200ポイントが還元されます。さらに楽天ペイでは後日発表予定のキャンペーンにて対象になるということです。

その他、同社では2021年2月3日にDAISO大崎ニューシティ店へセルフレジを初導入しており、順次、セルフレジ導入店舗を拡大することで決済時の接触機会を軽減に取り組んでいるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。