S-MAX

開発者

Apple、開発者向けイベント「WWDC21」をオンラインで6月7〜11日に開催!iPhone向け次期プラットフォーム「iOS 15」などを発表へ


Appleの年次イベント「WWDC21」が6月7日より開催!昨年に続いてオンライン開催に

Appleは30日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2021(以下、WWDC21)」( https://developer.apple.com/wwdc21/ )を現地時間の2021年6月7日(月)から6月11日(金)までオンラインで開催すると発表しています。すべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では年次イベントであるWWDCを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響で記録的な参加者数と成果が得られた昨年に続いて今年もオンラインのみで開催することになり、iOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの今後について他に類を見ない展望を発表すると予告しています。

また世界中で開発に取り組んでいる学生を対象に「Swift Student Challenge」の今年度の応募受付も開始し、太平洋夏時間4月18日(日)23時59分(日本時間4月18日15時59分)までに「Swift Playground」の提出を受け付け、受賞者にはWWDC21のオリジナルウェアとピンバッジを贈呈するということです。

続きを読む

Appleが6月22日より開発者向けイベント「WWDC 2020」をオンラインで開催!iPhone向け次期プラットフォーム「iOS 14」などを発表へ


Appleの年次イベント「WWDC 2020」が6月22日より開催!史上初のオンラインのみで実施

Appleは5日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」を2020年6月22日(月)よりオンラインのみで開催すると発表しています。すべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では年次イベントであるWWDCをすでに今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響でオンラインのみで開催することを案内していましたが、6月22日より実施されることが決定されました。今年で31年目となるWWDCですが、史上初のオンラインのみでの試みとなります。

WWDC 2020では同社が開発するiOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じてApple製品を愛用する世界中の人の生活を豊かにするアプリの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となると説明しています。

また同日(日本時間5月6日)から太平洋夏時間5月17日(日)23時59分(日本時間5月18日15時59分)までに世界中で開発に取り組んでいる学生を対象に「Swift Playground」で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集し、優秀作品には他では入手できないWWDC 2020ジャケットとピンバッジのセットをプレゼントします。

続きを読む

Apple、開発者向けイベント「WWDC 2020」をオンラインのみで6月に開催!新型コロナウイルスの影響で実イベントはなしに


Appleが開発者向けイベント「WWDC 2020」をオンラインで6月に開催!

Appleは13日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」を新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響でオンラインのみで2020年6月に開催すると発表しています。詳細は6月までに公式Webサイトなどでお知らせする予定だとのこと。

同社では今年で31年目となるWWDC 2020は「これまでにない完全に新しいオンラインでの開催」となるとし、同社が開発するiOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じてApple製品を愛用する世界中の人の生活を豊かにするアプリの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となると説明しています。

続きを読む

最初の15分が決め手!「ポジティブな禁煙」「喫煙者に寄り添った内容」で高評価を連発しているiPhone・iPad向けアプリ「SWAN 卒煙」の開発者が語る独自の禁煙論【インタビュー】


自力で学び「卒煙アドバイス」をまとめたアプリ「SWAN 卒煙」の開発者にインタビュー

iPhoneやiPadなど向けアプリ配信マーケット「App Store」にて2018年1月31日から公開されている「SWAN 卒煙(読み:スワン ソツエン)」は“タバコをやめたい”と思いながら喫煙を続けている人を助けてくれるアプリだ。いわゆる「禁煙サポートアプリ」といったカテゴリーに分類されるアプリだが、他のアプリとは様子が違う。

一般的に禁煙サポートアプリと呼ばれるアプリの多くは「カウンター機能」を中心にした自身の「禁煙状況」を見える化している。SWAN 卒煙にももちろんカウンター機能は搭載されているが、本質はそこではない。

SWAN 卒煙はダウンロードしてもすぐにカウンターは動かない。では、どうすればいいか?まず、最初にやることは「アドバイス」を読むこと。およそ15分で読み終える「卒煙の前に知ってほしいこと」を読めば「卒煙」ができるというのだ。

試しにダウンロードして第1章を軽く読んでみるだけで、このアプリが他の禁煙サポートアプリとは異質なものだということはすぐに分かるだろう。筆者自身もそんな印象を受けたひとりだ。

実は全17章からなるこの「アドバイス」はかつて喫煙者だった開発者本人が禁煙や禁煙外来に関する知識を深め、独自の「禁煙論」をまとめあげたものなのだ。

今回はそんなSWAN 卒煙を開発したリガトの金澤諒氏に、アプリを開発することになった経緯や自身が導き出した禁煙論、そしてこのアプリの肝となる「アドバイス」に込めた強い思いなどを聞いてみた。

これから禁煙をしたいと考えている喫煙者はもちろん、かつて喫煙者だった人から非喫煙者の人まで、すべての人にタバコとは、禁煙とは、そして卒煙とは、というテーマでぜひ一読していただきたい。

続きを読む

開発者イベント「Google I/O 2016」が5月18〜20日に開催!専用アプリがリリースーー日本で開催されるExtended ライブストリーミングも参加者募集中


Google I/O 2016が2016年5月18〜20日に開催!

Googleが毎年開催している開発者向けイベント「Google I/O」ですが、今年は「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )が2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催されます。

場所は例年とは異なり、アメリカ(米国)のカルフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社近くにある「Shoreline Amphitheatre」という会場で行われます。

すでに参加申込みは終了しており、抽選で参加できる人には連絡が届いている状況で、新たに専用のAndroidアプリ「Google I/O 2016」もリリースされています。

アプリなどにて基調講演や各セッションのライブ配信が視聴できるほか、日本でもライブ配信を鑑賞するイベント「Google I/O Extended ライブストリーミング」( http://googledevjp.blogspot.jp/2016/05/io-extended.html )を開催するとし、現在参加者を募集しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。