S-MAX

BALMUDAPhone

ワイモバイルオンラインストアで5Gスマホ「BALMUDA Phone」が販売開始!価格は2万3千円。年末年始セールでMNPなら一括2023円に


Y!mobileの公式Webストアで5Gスマホ「BALMUDA Phone」が年末年始セールに追加!

既報通り、ソフトバンクが携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」において対象製品がお得に購入できる「年末年始セール」を2022年12月15日(木)10:00から2023年1月13日(金)9:59まで開催しています(金額はすべて税込)。

またソフトバンクは26日、この年末年始セールの第3弾として対象機種に5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(京セラ製)を追加するとお知らせしています。これにより、BALMUDA Phone A101BMが他社から乗り換え(MNP)でワイモバイルのシンプルS/M/Lを契約した場合に20,977円OFFの2,023円で販売されています。

なお、MNPには携帯電話サービス「SoftBank」や「LINEMO」、「LINEモバイル」などのソフトバンク回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)からの番号移行は含まれず、割引対象外なのでご注意ください。その他、ワイモバイルオンラインストアでは契約事務手数料や送料は無料となっています。

またワイモバイルオンラインストアで販売されているBALMUDA Phone A101BMは「SIMフリー」のカテゴリーとなっていますが、SIMロックはかかっていないものの、メーカー版ではなくSoftBank版となっており、プリインストールアプリなどはSoftBank向けとなっているとのこと。

さらに同社では合わせてワイモバイルオンラインストアにてBALMUDA Phone A101BMの取り扱いが開始されており、年末年始セールによるMNPでの大幅割引以外にも新規契約やSoftBank・LINEMO・LINEモバイルなどからの移行などでも購入できるようになっており、価格は本体価格が23,000円でMNP以外では割引はなしとなっています。

続きを読む

5Gスマホ「BALMUDA Phone」のメーカー版「X01A」とSoftBank版「A101BM」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含む更新が提供開始


バリュミューダとソフトバンクの5Gスマホ「BALMUDA Phone」がAndroid 12に!

バルミューダは8日、同社初のスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」(京セラ製)においてオープン市場向けメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年9月8日(木)に提供開始したとお知らせしています。

またソフトバンクは8日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5Gスマホ「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」に対してAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を同じく9月8日より順次提供すると案内しています。更新はともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(3G・4G・5G)によるネットワーク経由(OTA)で実施します。

更新にかかる時間はソフトバンクでは最大20分程度かかる場合があるとし、バリュミューダでも更新には時間がかかることがあるとしており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、サイズが大きいと思われるため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。ただし、ソフトバンクでは更新にかかる通信料は無料とのこと。

更新後のビルド番号はBALMUDA Phone X01Aが「1.220」、BALMUDA Phone A101BMが「1.220PO」となっており、主な更新内容はバリュミューダでは以下のように案内しているほか、ソフトバンクではAndroid 12へのOSバージョンアップに加え、「時間と天気」「スケジューラ」のアイコンが現在日時を表示するように改善され、それ以外にもより快適に利用するための更新が含まれているということです。

主な更新内容(ビルド番号:1.220)
・BALMUDA Phoneならではの世界観をAndroid 12上でも体験いただけるよう、600以上の画面に細かな調整を実施
・マイク、カメラの使用をインジケーターでお知らせ
・「おおよそ」の位置情報を選択可能
・プライバシーダッシュボードの提供
・スクリーンショット使用時、画面表示されない部分まで撮影可能
・「スケジューラアプリ」のアイコンが今日の日付を表示
・「時間と天気アプリ」のアイコンが現在の時刻を表示


続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「BALMUDA Phone」のメーカー版「X01A」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「BALMUDA Phone」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは30日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」(バリュミューダ製)のメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」を追加しています。

これにより、BALMUDA Phone X01Aが楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は先日5月19日より提供が開始されたソフトウェアバージョン2となる「1.200MI」。

なお、BALMUDA Phoneは他にも日本ではSoftBank版「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」が販売されていますが、少なくとも現時点においてはSoftBank版ついては楽天回線対応製品ではなく、一部機能のみが利用できるとされており、APN自動設定やETWS、110/119通話などでの高精度な位置情報測位に対応していないとしています。

続きを読む

バルミューダ、5GやFeliCaに対応した小型スマホ「BALMUDA Phone」のメーカー版を7万8000円に値下げ!多くの人に買ってもらえるように


バリュミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」のメーカー版が78,000円に値下げ!

バルミューダは10日、同社初のスマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」において直販のオープン市場向けメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」(京セラ製)の価格を2022年3月10日(木)より改定すると発表しています。改定によってこれまで104,800円(金額はすべて税込)でしたが、78,000円に値下げされています。

すでに同社の公式Webショップ「バルミューダオンラインストア」や旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」、ランドショップ(松屋銀座、阪急うめだ本店)では同日より78,000円で販売しているとのこと。なお、同社ではバルミューダが考えるスマホ体験をより多くの人に届けられるように値下げしたということです。

続きを読む

ソフトバンクがeSIMに対応する物理SIM「eSIMカード」を3月中旬に提供!AQUOS R6とBALMUDA Phoneがソフトウェア更新で対応


SoftBankにてeSIMが利用できるようになる物理SIMが提供に!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにプロファイルをダウンロードして「eSIM」が利用できるようになる専用の物理SIM(USIM)カード「eSIMカード」を2022年3月中旬以降に提供開始するとお知らせしています。

合わせて5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)および「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(バルミューダ製)に対してeSIMカードに対応させるためのソフトウェア更新を提供するとのことで、AQUOS R6 A101SHに対してはすでに2月16日よりすでに順次提供しています。

AQUOS R6 A101SHへのソフトウェア更新はeSIMカードへの対応に加え、セキュリティーの向上となっているほか、それ以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれているとしています。更新後のビルド番号は「S0031」で、更新には最大20分程度がかかるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。