S-MAX

CPH2309

約3万円と手頃な新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」をひと足先に開封して外観や同梱品、基本機能などを写真と動画で紹介【レビュー】


5G対応の新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」のメーカー版「CPH2309」をファーストインプレッション!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が5G対応の新しいエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A55s 5G(オッポ エーゴーゴーエス ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しました。日本市場においてオープンマーケット向けメーカー版「CPH2309」や携帯電話サービス「SoftBank」からソフトバンク版
A102OP」がともに2021年11月26日(金)に発売されます。

価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではオープンながら希望小売価格および「OPPO公式楽天市場店」や「OPPO公式PayPayモール店」といった公式Webストアでは33,800円となっており、
ソフトバンク版では公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で27,360円となっています。

なお、SoftBankでは48回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると最大24回分の残債が免除される「新トクするサポート」の特典を利用した場合の実質負担額は570円/月×24回(総額13,680円)からなるほか、ソフトバンクオンラインショップおよび「ソフトバンク 電話店」、「ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト」では「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円が割り引かれます。

またメーカー版およびSoftBank版ともにすでに予約受付が実施されています。なお、メーカー版およびSoftBank版はそれぞれ購入時よりSIMロックのかかっていないSIMフリー製品で、メーカー版は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)としてIIJmioなど、移動体通信事業者(MNO)として楽天モバイルが販売します。

主な販路における価格についてはすでに紹介している通りです。本記事ではオウガ・ジャパンよりOPPO A55s 5Gのメーカー版であるCPH2309をお借りしたので、まずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」が11月26日に発売!SoftBankや楽天モバイル、MVNO、量販店、ECサイトの価格をまとめて紹介


新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」が11月26日に発売!各販路での価格をチェック

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は18日、5Gに対応したエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A55s 5G(オッポ エーゴーゴーエス ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。オープンマーケット向けメーカー版(型番:CPH2309)および携帯電話サービス「SoftBank」向け「A102OP」がともに2021年11月26日(金)に発売され、すでにそれぞれ予約受付が実施されています。

メーカー版およびSoftBank版ともに購入時点でSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となっていますが、携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯などが異なっているため、ご注意ください。なお、メーカー版だけでなくSoftBank版もnanoSIMカード(4FF)スロットだけでなくeSIMにも対応しており、デュアルSIMとなっています。

メーカー版の販路はエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやひかりTVショッピング、OPPO公式 楽天市場店、OPPO 公式PayPayモール店といったECサイト、IIJmioやイオンモバイル、QTモバイル、goo Simseller、NUROモバイル、Fiimo、LinksMateといった仮想移動体通信事業者(MVNO)となっています。

また移動体通信事業者(MNO)ではソフトバンク以外にも楽天モバイルでも販売されますが、楽天モバイルではメーカー版となっており、ハードウェアは同じとなっていますが、楽天モバイル向けアプリがプリインストールされていたりします。本記事ではこれらの各販売拠点における価格(金額はすべて税込)や各種キャンペーンをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

オウガ・ジャパン、新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」を発表!メーカー版「CPH2309」が11月26日発売。価格は3万3800円


5G対応のSIMフリースマホ「OPPO A55s 5G CPH2309」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は18日、5Gに対応したエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A55s 5G(オッポ エーゴーゴーエス ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。日本市場におけるオープンマーケット向けメーカー版(型番:CPH2309)を日本にて2021年11月26日(金)に発売すると発表しています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式PayPayモール店やOPPO公式楽天市場店といった公式Webストアでは33,800円となっており、発売に先立って2021年11月18日(木)15時から予約販売を開始します。

またSIMフリー製品であるメーカー版は他にもエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピング、IIJmio、イオンモバイル、NUROモバイル、goo Simseller、楽天モバイル、ソフトバンクなどの量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)、移動体通信事業者(MNO)にて販売されます。

続きを読む

未発表のエントリースマホ「OPPO A55s 5G」が日本で発売へ!メーカー版「CPH2309」とソフトバンク版「A102OP」が技適取得。S480や4GB RAMなど


エントリースマホ「OPPO A55s 5G」が日本で発売へ!写真はOPPO A54 5G

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommuinications(以下、OPPO)が「CPH2309」および「A102OP」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を認証技術支援センターを通じて取得しています。認証番号はCPH2309が「018-210200」(2021年7月16日)および「018-210234」(2021年7月9日)、A102OPが「018-210255」(2021年7月21日)。

CPH2309およびA102OPはともに未発表の製品で、グローバル向けにも現時点では発表されていませんが、Bluetooth SIGの認証情報から両機種が「OPPO A55s 5G」であることが示されており、型番ルールからCPH2309がメーカー(SIMフリー)版、A102OPがソフトバンク版(携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」向け)となると見られます。

また認証情報から5Gに対応していることが判明しているほか、CPH2309はベンチマークアプリ「Geekbench」の測定結果に掲載されており、チップセット(SoC)にQualcomm製「Snapdragon 480 5G Mobile Plarform」を採用し、4GB内蔵メモリー(RAM)やAndroid 11を搭載することが明らかとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。