S-MAX

GalaxyHarajuku

新スマホ「Galaxy S24」シリーズが体験できる「Galaxy Pop-up Studio」が期間限定でオープン!ONE PIECEコラボのスペシャル企画も


Galaxy HarajukuやGalaxy Studio OsakaなどでGalaxy S24シリーズが先行体験可能!

既報通り、サムスン電子ジャパンは3日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、日本市場向けに最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を発売すると発表しました。合わせて同社では世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」と常設スタジオ「Galaxy Studio Osaka」にてこれらのGalaxy S24シリーズの日本向け製品を展示するほか、Galaxy S24シリーズが対応する「Galaxy AI」を体験できるコンテンツを2024年4月3日(水)よりリニューアルするとのこと。

リニューアルによって漫画・アニメ『ONE PIECE(ワンピース)』とコラボレーション(コラボ)したスペシャル企画「Galaxy AI × ONE PIECE」を開始し、ONE PIECEの舞台・先進技術が溢れる未来島エッグヘッドとGalaxy AIが持つ最先端技術・近未来感が共鳴した「最先端技術があふれる不思議な海域の冒険」をテーマとしたコラボとなっており、さらに4月11日(木)からGalaxy Harajukuの4FではGalaxy AIを駆使して「不思議な島」を冒険するスペシャルアトラクションも展開されます。

またGalaxy HarajukuおよびGalaxy Studio Osakaに加え、期間限定で「Galaxy Pop-up Studio」を東京・渋谷パルコ 公園通り広場および愛知・JR名古屋駅 イベントスペース中央、大阪・阪急ビッグマン前広場、福岡・博多駅 展示場の4カ所にもオープンするとお知らせしています。期間は東京が4月3日〜4月21日(日)、愛知が4月3日〜4月21日、大阪が4月3日〜4月14日(日)、福岡が4月8日(月)~4月21日。

これらのGalaxy Pop-up StudioでもGalaxy S24シリーズの没入体験コンテンツが用意されており、ノートアシストや翻訳機能、かこって検索機能、生成AI編集などのGalaxy AIを体験でき、さらに愛知と福岡ではGalaxy製品の保護フィルムを貼り替えをしてもらえるほか、Galaxy Pop-up Studioではスペシャル企画のGalaxy AI × ONE PIECEを記念してGalaxy AIの製品体験をして感想をSNSに投稿してた場合にもれなく全員に「Galaxy AI×ONE PIECE オリジナルグッズ」をプレゼントするということです。

続きを読む

Galaxy Z Fold5・Flip5などの最新機種を体験できるイベント「Join the flip side @シモキタ」が開催中!なんばマルイやSHIBUYA109でも


Galaxy Z Fold5・Flip5などの最新機種を体験できるイベントが各所で開催中!画像はJoin the flip side @シモキタ

サムスン電子ジャパンは22日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold5」や「Galaxy Z Flip5」、タブレット「Galaxy Tab S9」および「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」および「Galaxy Watch6 Classic」(ともにSamsung Electronics製)を日本市場にて順次発売すると発表しています。

合わせてこれらの新製品を実際に手にとって一度に楽しめる体験できるイベント「Join the flip side @シモキタ」を若い世代を中心にカルチャーの発信エリアとして人気の東京・下北沢にて2023年8月22日(火)から9月10日(日)まで開催しており、Galaxyならではの特別な体験が「ミカン下北」を拠点として近隣のカフェやアパレル、美容院などの全16店舗とコラボレーションして提供されています。

またイベントではGalaxyの新製品を体験して各エリアでスタンプをゲットすると素敵な限定オリジナルグッズやSNS投稿で特製かき氷のプレゼントなどの特典も用意されており、日本では下北沢でしか見られない特別な「Join the flip side」屋外広告も下北沢の駅や店舗に登場するなど、下北沢の街が “Galaxy一色”に染まる特別な体験を楽しめるようになっているということです。

さらに同じく新製品を体験できる「Galaxy Studio Osaka」を大阪・難波にあるなんばマルイ1Fにて同日より期間限定でリニューアルオープンしたほか、東京・原宿にある世界最大級のGalaxyショーケース/旗艦店「Galaxy Harajuku」もリニューアルオープンし、東京・渋谷にある「SHIBUYA109」の店頭イベントスペースにて「Galaxy Pop-up Studio SHIBUYA109」をオープンしています。

各会場ではGalaxy Z Flip5を使って好きな角度からのセルフィー撮影や約3.4インチに大型化したフレックスウィンドウの便利な操作性の体験、Galaxy Z Fold5でのゲーム体験などを楽しめ、さらに各会場ではGalaxy製品を体験した人を対象に素敵なノベルティーをプレゼントするキャンペーンも同時開催しています。

続きを読む

旗艦店「Galaxy Harajuku」にて新フォルダブルスマホ「Z Fold5・Flip5」や「Tab S9」シリーズ、「Watch6」シリーズが7月27日より展示


新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold5」や「Galaxy Z Flip5」などが旗艦店「Galaxy Harajuku」で先行展示開始!

既報通り、Samsung Electronics(以下、Samsung)は26日(現地時間)、韓国・ソウルにて新製品発表会「Galaxy Unpacked July 2023: Join the Flip Side」を開催し、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold5」および「Galaxy Z Flip5」、フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9」および「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」および「Galaxy Watch6 Classic」を発表しています。

各製品ともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域で8月11日(金)に発売され、発売に先立って予約受付が7月26日(水)より実施されており、価格はアメリカではGalaxy Z Fold5が1,799ドル(約253,000円)から、Galaxy Z Flip5が999ドル(約140,000円)から、Galaxy Tab S9が799ドル(約112,000円)から、Galaxy Tab S9+が999ドル(約140,000円)から、Galaxy Tab S9 Ultraが1,199ドル(約168,000円)から、Galaxy Watch6が299ドル(約42,000円)から、Galaxy Watch6 Classicが399ドル(約56,000円)から。

なお、現時点で各機種ともに日本での販売については明らかにされていませんが、これまでも各シリーズともに発売されてきましたし、何らかの形で販売されるのではないかと思われ、すでに日本向け公式Webサイトに各製品のページが掲載されているほか、以前に紹介しているようにGalaxy Z Fold5とGalaxy Z Flip5については日本のNTTドコモ向け「Galaxy Z Fold5 SC-55D」および「Galaxy Z Flip5 SC-54D」、au向け「Galaxy Z Fold5 SCG22」、「Galaxy Z Flip5 SCG23」が認証情報を通過して発売に向けて準備を行っているため、販売される可能性は非常に高いと考えられます。

またSamsungの日本法人であるサムスン電子ジャパンは26日、これらのグローバル向けに発表された新製品を世界最大級のGalaxyショーケース(旗艦店)「Galaxy Harajuku」(東京都渋谷区)にて展示を2023年7月27日(木)11時より開始するとお知らせしています。なお、同社では現時点ではGalaxy Harajukuがこれらの新製品の実機を日本国内で唯一、体験できるとしています。

続きを読む

新フラッグシップスマホ「Galaxy S23」シリーズの先行展示が旗艦店「Galaxy Harajuku」で実施中!海外版ながら実機がタッチ&トライ可能


Galaxy S23・S23+・S23 UltraがGalaxy Harajukuで先行展示中!日本国内では現時点で唯一体験可能

サムスン電子ジャパンは3日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける世界最大級のショーケースとなる旗艦店「Galaxy Harajuku」(東京都渋谷区)で最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23」および「Galaxy S23+」、「Galaxy S23 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)をいち早く体験できる特設コーナーをオープンしたとお知らせしています。

Galaxy S23シリーズは日本時間(JST)の2月2日に発表されたばかりの最新機種で、現時点では日本における販売については明らかにされていませんが、すでに紹介しているように認証機関にてNTTドコモ向けと見られる「Galaxy S23 5G SC-51D」や「Galaxy S23 Ultra 5G SC-52D」、au向け「Galaxy S23 5G SCG19」や「Galaxy S23 Ultra 5G SCG20」が通過しているため、少なくともこれらの機種は販売されるのではないかと思われます。

そうしたこともあり、Galaxy S23シリーズを体験できる「Galaxy Experience Space」を世界29カ所で順次オープンし、Galaxy Harajukuもこのうちに含まれていましたが、Galaxy Harajukuでは2月3日にオープンしています。なお、Galaxy Harajukuで展示されているGalaxy S23シリーズは海外版の実機となっており、自由にタッチ&トライできるようになっていますが、機内モードになっていて通信はできないようになっています。

続きを読む

新フラッグシップスマホ「Galaxy S23」シリーズの先行展示が旗艦店「Galaxy Harajuku」で実施!世界29カ所でGalaxy Experience Spaceが開催


新フラッグシップスマホ「Galaxy S23」シリーズがGalaxy Harajukuで先行展示!

既報通り、Samsung Electronics(以下、Samsung)は1日(現地時間)、プレスイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2023」を開催し、新たな5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23(型番:SM-S911*)」と大画面モデル「Galaxy S23+(型番:SM-S916*)」、最上位プレミアムモデル「Galaxy S23 Ultra(型番:SM-S918*)」などを発表しました。

Galaxy S23およびGalaxy S23+、Galaxy S23 Ultraはともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2023年2月17日(金)に発売され、すでに予約受付を実施しています。また同社はこれらの新製品を先行展示して実際に体験できる新しい「Galaxy Experience Space」を世界29カ所でプレスイベント終了後に順次オープンすると案内しています。

すでにアメリカ・サンフランシスコやイギリス・ロンドン、フランス・パリでは2月1日より実施されており、日本でも東京・原宿にある旗艦店「Galaxy Harajuku」にて実施されます。Galaxy Harajukuではこれまでにも日本向け製品が発表される前にグローバル向け製品を先行展示してきたため、同様にGalaxy S23シリーズのグローバルモデルが展示されると予想されます。

なお、現時点でGalaxy S23シリーズが日本で発売されるかどうかは正式に案内されていませんが、すでに紹介しているようにNTTドコモ向けおよびau向けと見られる製品「Galaxy S23 5G SC-51D」および「Galaxy S23 Ultra 5G SC-52D」、「Galaxy S23 5G SCG19」、「Galaxy S23 Ultra 5G SCG20」が認証を取得しているため、従来通りに日本でも販売されると思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。