S-MAX

GalaxyHarajuku

最新ミッドハイスマホ「Galaxy A53 5G」を写真と動画で紹介!4眼カメラや5000mAh内蔵バッテリー、防水、FeliCaなど【レポート】


実は本命?価格を抑えたミッドハイスマホ「Galaxy A53 5G」をチェック!

既報通り、サムスン電子ジャパンは7日、日本市場向けに最新のミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A53 5G(ギャラクシー エーフィフティスリー ファイブジー)」(Samsung Electronics製)を2022年5月下旬以降に発売すると発表した。

日本ではNTTドコモ向け「Galaxy A53 5G SC-53C」と、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向け「Galaxy A53 5G SCG15」が販売される。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」など、またUQスポット、量販店などのUQ mobile取扱店や公式Webストア「UQ mobile オンラインショップ」などで取り扱われる。

発売に先立ってNTTドコモ向け、au向け、UQ mobile向けのいずれも4月7日(木)から事前予約を受け付けているが、現在のところ販売価格は未定となっている。参考までに昨年6月に発売された前機種「Galaxy A52 5G SC-53B」の発売当初の価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどでは59,400円で、他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用されて22,000円OFFの37,400円となっていた。

ちなみに同時に発表された最新フラッグシップモデル「Galaxy S22 SC-51C」が127,512円、「Galaxy S22 Ultra SC-52C」が183,744円、「Galaxy S22 SCG13」が125,030円、「Galaxy S22 Ultra SCG14」がau Online Shopなどの直営店で178,820円となっており、いずれも10万円を大幅に超える価格設定となっているため、そこまでの性能は求めない層がGalaxy A53 5Gのターゲットとなる。

今回はそんなGalaxy A53 5Gについて、サムスン電子ジャパンが7日に「Galaxy Harajuku(ギャラクシー原宿)」(東京・渋谷区)で開催した「Galaxy新製品発表会」のタッチ&トライ会場で実機を試すことができたので、その模様を写真や関連動画を交えながらレポートする。

続きを読む

Galaxy Members限定「Galaxy S22 | S22 Ultraのタッチ&トライイベント」が4月7日18〜19時に開催!抽選で20人が参加可能


Galaxy Members限定「Galaxy S22 | S22 Ultraのタッチ&トライイベント」の参加申込は4月5日まで

サムスン電子ジャパンは30日、同社が展開する「Galaxy」ブランドのスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリ「Galaxy Members」限定で「Galaxy S22 | S22 Ultraのタッチ&トライイベント」を2022年4月7日(木)18〜19時に開催するとお知らせしています。

場所は東京・原宿にあるGalaxyブランドの旗艦店「Galaxy Harajuku」。合わせて3月30日(水)15時から4月5日(火)23時59分まで同イベントの参加者を募集しています。参加申込はGalaxy Membersアプリのイベントページにて「応募フォーム」を表示し、必要事項を入力して行います。

応募した人の中から抽選で20人が参加でき、当選者には応募フォームで入力したメールアドレス宛にキャンペーン事務局から順次連絡があるとのこと。参加当選者1人につき、1人の同伴が可能となっています。なお、会場内では写真や動画撮影が行われる予定となっており、それらが掲載される場合があるということなのでご注意ください。

続きを読む

旗艦店「Galaxy Harajuku」が3月12日リニューアル!3周年記念オリジナルグッズのプレゼントも。Galaxy S22シリーズの展示も今後予定


サムスン電子ジャパンが旗艦店「Galaxy Harajuku」をリニューアル!

サムスン電子ジャパンは10日、同社が展開する「Galaxy」ブランドの世界観を一度に体験できる世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」(東京・渋谷)を2022年3月12日(土)にリニューアルするとお知らせしています。合わせてリニューアルから3月27日(日)まで3周年を記念したオリジナルプレゼントの配布など、さまざまなキャンペーンを実施します。

今回のリニューアルによって話題の最新コンテンツとともにGalaxy製品を体験できる拠点として生まれ変わるとのことで、新たにTikTokクリエイターとコラボレーションしたエリアや韓国の人気グループ「BTS」とのコラボレーションフォトスポットなどが誕生します。また海外で順次発売となっている最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22」シリーズ(グローバル版)の展示も今後予定しているとのこと。

続きを読む

開催地の楽しみ!旗艦店「Galaxy Harajuku」で歴代オリンピックスマホ&ケータイ展示を楽しもう。Fold3やFlip3も展示開始【レポート】


東京・原宿にあるGalaxyのショールームにおける歴代オリンピックスマホ&ケータイ展示を紹介

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)(以下、東京2020オリンピック)が7月23日から8月8日まで開催され、自宅などで画面越しに世界のアスリートの活躍を楽しんだ人も多かったのではないだろうか。

今回のオリンピック・パラリンピックはコロナ禍によって開催延期に加えてイベントも縮小されたが、スマートフォン(スマホ)に関してはオリンピック開催地だからこそ楽しめる部分もある。ここで注目となる施設がサムスン電子の東京・原宿にあるショールーム「Galaxy Harajuku」だ。

この施設では歴代のオリンピック記念スマホ・ケータイとその歴史を展示しており、オリンピック開催地のショールームだからこそ気軽に見られるスマホ好きにとっては見逃せない展示となっているだ。日本ではNTTドコモから東京2020オリンピック限定スマホ「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」の販売されている。

本記事ではそんなGalaxy Harajukuにおける歴代オリンピック記念のケータイやスマホの展示ついて紹介していこう。また同施設では先日、海外向けに発表されたばかりの最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」や「Galaxy Z Flip3 5G」も展示が始まっている。

続きを読む

東京2020オリンピック限定スマホ「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」がドコモショップやGalaxy Harajukuの店頭でも販売開始


docomo限定のGalaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51Bが店頭でも購入可能に!

サムスン電子ジャパンは28日、今年6月3日にNTTドコモが発売した「2021年夏モデル」のうちの「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」(以下、東京2020オリンピック)限定モデルのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」(サムスン電子製)がドコモショップやGalaxyの旗艦店「Galaxy Harajuku」でも購入できるようになったとお知らせしています。

Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51BはこれまでNTTドコモの公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定で販売されてきましたが、多くの反響と好評となっていることから販路を増やすことにしたということです。価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップでは112,464円で、他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」によって22,000円OFFの90,464円となっています。

また36回払いで購入した場合には25ヶ月目以降の残債が免除される「スマホおかえしプログラム」の対象となっていて特典を適用した場合の実質負担額は3,124円/月×24回(74,976円)です。なお、本機は東京2020オリンピックに出場する選手全員に対して提供される「Galaxy S21 5G Tokyo 2020 Olympic Games Edition」とほぼ同様、特別な外観およびテーマが備わったプレミアムでハイスペックな1台となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。