S-MAX

GalaxyS10

新スマホ「Galaxy S21 5G」を「Galaxy S20 5G」や「Galaxy S10」と実機で比べてみた!microSDカードスロットは非搭載に【レビュー】


新フラッグシップスマホ「Galaxy S21 5G」をS20 5GやS10と比較!どこが変わった?

既報通り、サムスン電子の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S21 5G」および「Galaxy S21+ 5G」、「Galaxy S21 Ultra 5G」(ともにSamsung Electronics製)がNTTドコモとauから2021年4月22日に発売されました。

日本では「Galaxy S21 5G SC-51B」と「Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」、auから「Galaxy S21 5G SCG09」と「Galaxy S21+ 5G SCG10」が販売され、価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などの直営店ではGalaxy S21 5G SC-51Bが99,792円、Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bが151,272円、Galaxy S21 5G SCG09が118,540円、Galaxy S21+ 5G SCG10が138,730円となっています。

それぞれ「スマホおかえしプログラム」や「かえトクプログラム」を利用した際の実質負担額は66,528円、100,848円、66,700円、79,810円となっており、NTTドコモでは「5G WELCOME割」によって他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引、auでは「5G機種変更おトク割」によって機種変更なら5,500円割引、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約なら11,000円割引(auワイド学割対象プラン加入の場合には22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となっています。

さらに各機種ともに発売記念キャンペーンがサムスン電子ジャパンによって実施され、それぞれの期間中に予約・購入して応募するともれなくGalaxy S21 5Gには「Galaxy Buds+(型番:SM-R175)」(White)、Galaxy S21+ 5GとGalaxy S21 Ultra 5Gには「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190N)」(Violet)の完全ワイヤレスイヤホンがプレゼントされます。

筆者はここ数年に「Galaxy」シリーズをメインスマホとして使ってきており、特に2019年発売の「Galaxy S10」や昨年発売の「Galaxy S20 5G」はそれぞれ1年ずつではありますが、愛用してきました。そこで今回はGalaxy S21シリーズのうちのベースモデルとなるGalaxy S21 5GとGalaxy S20 5GおよびGalaxy S10を実機で比べてみたので紹介したいと思います。

続きを読む

au向け高性能スマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」、「Galaxy Note10+」にAndroid 11へのOSバージョンアップが2月3日10時より提供


auスマホ「Galaxy S10 SCV41」と「Galaxy S10+ SCV42」、「Galaxy Note10+ SCV45」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「au」向けスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」、「Galaxy Note10+ SCV45」(ともにサムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年2月3日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および4G(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)のほか、スマホをUSBケーブルでパソコン(PC)に接続して実施する方法が用意されており、更新ファイルサイズが大きいため、更新ファイルのダウンロードは無線LAN(Wi-Fi)の利用が推奨されています。

更新ファイルサイズはGalaxy S10 SCV41およびGalaxy S10+ SCV42の本体のみで約2.6GB、PCを使って約5.2GB、Galaxy Note10+ SCV45の本体のみで約2.8GB、PCを使って約5.7GBとなっています。なお、更新を実施するには内蔵ストレージにGalaxy S10 SCV41およびGalaxy S10+ SCV42では約2.6GB以上、Galaxy Note10+ SCV45では約2.8GB以上の空きが必要です。

更新にかかる時間はGalaxy S10 SCV41およびGalaxy S10+ SCV42の本体のみのWi-Fiで約20分、4Gで約30分、PCを使って約110分、Galaxy Note10+ SCV45の本体のみのWi-Fiで約20分、4Gで約30分、PCを使って約120分。主な更新内容は以下の通り。なお、更新するとAndroidセキュリティパッチレベルが「2021年2月1日」となるとのこと。

■Android 11による機能・操作性の向上
○主な機能追加・変更内容
1)不在着信通知を個別表示
2)ロック画面の時計エリアからウィジェット表示
3)エッジパネルのアプリの表示が最近利用したアプリとおすすめアプリに変更

○主な削除項目
4)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・クイックパネルから電源ボタンが削除されます。拡張クイック設定画面を開くことで表示されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(1.1MB)
※ 更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV41およびSCV42、SCV45をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特徴について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?


続きを読む

NTTドコモ向けGalaxyスマホのAndroid 11へのOSバージョンアップ提供予定時期が案内!S10・S10+・Note10+は2月、Note20 Ultraは3月など


docomo向けGalaxyスマホのAndroid 11へのOSバージョンアップ予定時期が案内!

サムスン電子ジャパンは16日、同社が展開する「Galaxy」シリーズにおけるNTTドコモ向け製品に対する最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップの提供予定時期を専用アプリ「Galaxy Member」内にてお知らせしています。

すでに紹介しているようにNTTドコモではAndroid 11へのOSバージョンアップ提供予定機種を案内しており、同日16日に「Galaxy S20 5G SC-51A」および「Galaxy S20+ 5G SC-52A」に対してAndroid 11へのOSバージョンアップを提供開始しています。

合わせて他の「Galaxy S10 SC-03L」や「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」、「Galaxy Note10+ SC-01M」(Star Wars Special Edition含む)、「Galaxy A20 SC-02M」、「Galaxy A41 SC-41A」、「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」、「Galaxy A51 5G SC-54A」、「Galaxy A21 SC-42A」の提供予定時期が案内されました。

続きを読む

楽天モバイル、高性能スマホ「Galaxy S10 SM-G973C」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


楽天モバイルが販売するSIMフリースマホ「Galaxy S10 SM-G973C」がAndroid 10に!

楽天モバイルは25日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年6月25日(木)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでの更新が推奨されます。更新後のビルド番号は「G973CONU1BTF4」で、主な更新内容は以下の通り。

・OSアップデート(Android 10)


続きを読む

docomo・auの高性能スマホ「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」、「Galaxy Note10+」がWi-Fi 6に対応!Android 10の変更点を紹介【レポート】


NTTドコモとauのGalaxy S10・S10+・Note10+がAndroid 10でWi-Fi 6に対応!

これまでにNTTドコモおよびauから販売されているサムスン電子製スマートフォン(スマホ)のうちの昨年のフラッグシップモデル「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」、そしてSペン対応のプレミアムモデル「Galaxy Note10+」に最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップが提供開始されています。

NTTドコモ向け「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」には1月22日から、「Galaxy Note10+ SC-01M」および「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」には2月3日から、au向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」には1月15日から、「Galaxy Note10+ SCV45」には1月22日から

更新内容は主にAndroid 10の新機能であるダークモードへの対応やジェスチャーナビゲーションの追加、位置情報取得の権限がより詳しく設定できるようになるなどしていますが、その他にもこれらの日本向け製品では“封印”されていた「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax準拠)への対応も開放されています。

Galaxy S10・S10+・Note10+はグローバルモデルでは発売時からWi-Fi 6に対応していましたが、なぜか日本向けの製品では非対応となっていました。これがAndroid 10へのOSバージョンアップに合わせて対応し、認証画面や取扱説明書などで確認できます。

なお、Galaxy S10およびGalaxy Note10+は楽天モバイルからも「Galaxy S10 SM-G973C」および「Galaxy Note10+ SM-N975C」として販売されていますが、無線LAN(Wi-Fi)の認証団体であるWi-Fi Allianceにおける情報ではNTTドコモやau向けと同様にAndroid 10版ではWi-Fi 6に対応する模様です。本記事ではAndroid 10での変更点をざっくりと紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。