S-MAX

KDDI

結局横並び?違いはある?NTTドコモのahamoやauのpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vを比べてみた


オンライン専用の新料金プラン「ahamo」や「povo」、「SoftBank on LINE」、そして「Rakuten UN-LIMIT V」を比較!

昨年12月にNTTドコモが発表したオンライン専用の料金プラン「ahamo(アハモ)」に続き、ソフトバンクがグループ会社となった「LINE」ブランドを活用した料金プラン「SoftBank on LINE」(仮称)を、そして昨日にau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)が料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表しました。

これらはともにオンライン専用の料金プランとなっており、申し込みや各種手続きはすべてWebやアプリなどのオンラインのみで行い、ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップといったキャリアショップの実店舗では取り扱われません。

代わりにそれらにかかるコストを削減し、月間高速データ通信容量20GBながら月額2,480円や月額2,980円(金額はすべて税抜)で提供されます。一方、これら3者の移動体通信事業者(MNO)を追う楽天モバイルでは自社回線による携帯電話サービスとして月額2,980円の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。

そこで本記事ではこれらのahamoおよびpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vをわかっている範囲で比べてみました。結局横並びとなったのか?それとも違いはあるのか!?

続きを読む

KDDI、au向け高性能スマホ「AQUOS zero2 SHV47」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月13日10時から提供


auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、昨年1月に発売した携帯電話サービス「au」向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SHV47」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月13日(水)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約15分、更新ファイルサイズは約1.7GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ「au Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」( https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/SHV47_Software_Update_manual.pdf )も合わせてご確認ください。

○主な機能追加・変更内容
1)電話アプリにて「簡易留守録」の再生画面のデザインが変更されます。
2)ロック画面にて下部に「カメラ」と「音声アシスト」のアイコンが表示されるようになります。
3)電源キー長押しおよび指紋センサー長押しで起動できるアプリが増えます。

○主な削除項目
OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
4)電話アプリにて簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。簡易留守録が録音された場合は従来通り表示されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(5.8MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSHV47をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特徴について、詳細は下記よりご確認ください。
OSアップデートとは?


続きを読む

auとUQ mobileでもMNP転出手数料が4月1日から店頭・Web・電話の各窓口とも無料に!povoを含めてauとUQ mobileの移行は手数料0円


auとUQモバイルが他社へのMNP転出手数料を4月から撤廃!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」における他社から乗り換え(MNP)を利用して他の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)を2021年4月1日(木)より廃止すると発表しています。

これにより、これまでMNP転出手数料は3,000円(税抜)がかかっていましたが、店頭・Web・電話窓口といった各受付拠点ともに無料となります。なお、2021年3月31日(水)以前にMNP予約番号を取得し、2021年4月1日以降の転出となる場合もMNP転出手数料はかかりません。

また両社は13日にオンラインにて「au新料金発表会」を開催し、新料金プラン「povo」を発表し、すでに案内しているようにauとUQ mobileの間での移行に係る手数料が2021年2月以降に不要となる予定ですが、povoについても同様に他のau向け料金プランやUQ mobileとの移行(変更)手数料は0円となるということです。

続きを読む

KDDI、au向け新料金プラン「使い放題MAX 5G」と「使い放題MAX 4G」を発表!3月に提供開始し、月額税抜6580円。最大2100円割引も


au向け新料金プラン「使い放題MAX 5G・4G」が発表!月額7,238円で、3月から提供

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、オンラインにて「au新料金発表会」を開催し、新たに携帯電話サービス「au」においてデータ通信が使い放題となるスマートフォン(スマホ)など向け新料金プラン「使い放題MAX 5G」および「使い放題MAX 4G」を発表しています。2021年3月に提供開始されるとのこと。

使い放題MAX 5G・4Gは月額6,580円(金額はすべて税抜、税込では7,238円)でデータ容量の上限を気にせずに利用できるほか、データ利用量が3GB以下の月は自動的に1,500円を割り引きます。なお、割引施策は「家族割プラス」および「auスマートバリュー」、「au PAY カード お支払い割」に対応。

これにより、au PAY カードを支払方法として設定することで月額100円を割り引くほか、家族割プラスに3人以上で加入し、auスマートバリューを適用した場合には月額4,480円から利用可能となっています。なお、発表会ではauにおける既存の料金プランの値下げも実施予定であることを明らかにしていました。

続きを読む

UQ mobieが今夏に5Gへ対応!新料金「くりこしプランS・M・L」を発表し、2月1日から提供。月3GB・15GB・25GBで月額税抜1480円から


UQモバイルが2021年夏に5Gに対応!新料金「くりこしプランS・M・L」も

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、オンラインにて「au新料金発表会」を開催し、携帯電話サービス「UQ mobile」における新料金プラン「くりこしプラン」を発表しています。2021年2月1日(月)に提供開始
し、これらの料金プランの提供に合わせて2021年1月31日(日)で既存の「スマホプランS」および「スマホプランR」の新規申込受付を終了します。

くりこしプランは月間高速データ通信容量が3GBで月額1,480円(金額はすべて税抜)の「くりこしプランS」、15GBで月額2,480円の「くりこしプランM」、25GBで月額3,480円の「くりこしプランL」の3種類が用意され、国内通話料金は20円/30秒で別途通話定額オプションが用意されています。

またUQ mobileでは2021年夏に5Gに対応するとのこと。ただし、5Gに対応する料金プランについては決まり次第後日案内するとしています。その他、くりこしプランLは2021年2月以降に提供開始予定としていた「スマホプランV」の内容を見直したものとなってます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。