S-MAX

Kindle

Amazonプライムデーは本日12日23時59分まで!集英社のKindle本マンガが50%還元キャンペーンも実施中。NARUTOやDr.STONEなど


Amazon.co.jpにて「プライムデー】50%ポイント還元 集英社マンガキャンペーン」が実施中!

既報通り、アマゾン ジャパンが運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )にて有料会員サービス「Amazonプライム」に加入している人を対象にしたビッグセール「プライムデー」( https://www.amazon.co.jp/primeday )を2023年7月11日(火)0時から7月12日(水)23時59分まで開催しています。

Amazonプライム会員は年会費4,900円または月会費500円(金額はすべて税込)で、Amazon.co.jpでの買い物時における迅速で便利な配送特典やPrime VideoおよびPrime Music、Amazon Photos、Prime Readingなどのデジタル特典を追加料金なしで使える有料会員制プログラムですが、プライムデーはAmazonプライムの30日間の無料体験でも対象となります。

期間中はさまざまな商品がセールとなっているほか、最大5,000ポイントが還元される「Amazonポイントキャンペーン」も同時開催されており、セール期間中に合計10,000円(金額はすべて税込)以上の買い物をした場合にプライム会員は+3%、Amazonショッピングアプリからの買い物で+0.5%、Amazon Mastercardで支払うと+4%、Amazonデバイスの購入で+7.5%となり、合計最大+15%のAmazonポイントが通常還元率に加えて追加で付与されます。

さらに決済サービス「Paidy」では毎月の決済金額(複数商品の買い物での合計金額)の総額(税込価格)に応じて最大5%を還元する「Amazon.co.jp: あと払い (ペイディ) ポイント還元キャンペーン」に加え、プライムデーの期間中はPaidyの6回あと払いにて1回の買い物で30,000円以上を購入すると2,000ポイントがもらえる「6回あと払い(ペイディ)キャンペーン」が実施されています。

そんなプライムデーですが、特に欲しい物がなかったり、欲しい物はセールじゃなかったりということもいるかと思いますが、電子書籍「Kindle本」でもプライムデーの期間中に「【プライムデー】50%ポイント還元 集英社マンガキャンペーン」が実施されており、ジャンプの人気作品『NARUTO』や『Dr.STONE』、『アシガール』、『NANA』、『ゴールデンカムイ』などが決済額の50%分のAmazonポイントが還元されるようになっています。

続きを読む

アマゾンにて「50%ポイント還元 Kindle本冬のキャンペーン」が12月16日まで実施中!人気マンガ「ベルセルク」や「3月のライオン」などが対象


ベルセルク1〜40巻や3月のライオン1〜16巻、先輩がうざい後輩の話1〜8巻などが50%還元!

アマゾン ジャパンが運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )において対象の電子書籍(Kindle本)が50%ポイント還元となる「50%ポイント還元 Kindle本冬のキャンペーン」を日本時間(JST)の2021年12月3日(金)0:00〜12月16日(木)23:59まで実施しています。

対象のKindle本には人気漫画「3月のライオン(既刊数16巻)」(1〜16巻)や「ベルセルク(既刊数40巻)」(1〜40巻、2021年12月24日発売予定の41巻は対象外)、「先輩がうざい後輩の話(既刊数8巻)」(1〜8巻)なども含まれ、ベルセルクなら既刊の1〜40巻を19,140円(金額はすべて税込)でまとめ書いすると、9,570ポイントが還元されます。

続きを読む

Amazon、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite(第11世代)」を発表!ワイヤレス充電対応の上位機やキッズモデルも。10月27日より順次発売


アマゾンから第11世代のKindle PaperwhiteやKindle Paperwhite シグニチャー エディション、Kindle Paperwhite キッズモデルが登場!

Amazonは21日(現地時間)、同社の電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの上位モデル「Kindle Paperwhite」の新世代「Kindle Paperwhite(第11世代)」と、新たに追加された「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」、そして子ども向けの「Kindle Paperwhite キッズモデル」を発表しています。

合わせて日本法人のアマゾン ジャパンは21日、同社が運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( http://www.amazon.co.jp )にてKindle Paperwhite(第11世代)とKindle Paperwhite キッズモデルを2021年10月27日(水)、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションを2021年11月10日(水)に発売すると発表しています。

発売に先立ってすでに予約注文を開始しており、価格(金額はすべて税込)はKindle Paperwhite(第11世代)は内蔵ストレージが8GBで広告付きが14,980円、広告なしが16,980円、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションの広告付きが19,980円、広告なしが22,480円、Kindle Paperwhite キッズモデルが16,980円です。

なお、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションは32GBとなっているほか、自動明るさ調整機能に対応に加え、Kindleシリーズ初のワイヤレス充電に対応しています。Kindle Paperwhite キッズモデルはKindle Paperwhite(第11世代)に専用カバーや1000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題などが付属します。

続きを読む

アマゾン、電子書籍リーダー「Kindle(第10世代)」の8GB版を発売!価格据え置きで8980円から。4GBは在庫限りで3千円OFFの5980円からに


電子書籍リーダー「Kindle(第10世代)」に8GBストレージモデルが登場!

アマゾン ジャパンは19日、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズにおいて昨年4月に発売した最新ベースモデル「Kindle(第10世代)」(Amazon製)に8GBストレージモデルを追加したと発表しています。

すでに販売されており、価格は4GBストレージモデルから据え置きの8,980円(金額はすべて税込)となっており、4GBストレージモデルは在庫限りながら販売が継続され、価格が3,000円OFFの5,980円からとなっています。

続きを読む

Amazon、明るさ調節ができるフロントライトを備えた6インチE-inkディスプレイ搭載の電子書籍リーダー「Kindle(第10世代)」を発表!日本では4月10日発売で、価格は8980円から


アマゾンから新Kindleが登場!低価格ながらフロントライトを搭載

Amazonは20日(現地時間)、同社が開発・販売する電子書籍リーダー「Kindle」シリーズにおいてベースモデルとなる6インチサイズの新機種「New Kindle」を発表しています。新たにディスプレイの明るさ調整ができるフロントライトを内蔵し、無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fiモデルのみとなっています。

これを受けてアマゾン ジャパンは20日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて「Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき (Newモデル)」を2019年4月10日(水)に発売すると発表しました。価格(税込)は「広告つき」が8,980円、「広告なし」が10,980円。

なお、ノーマルのKindleとしては2014年に発売した「Kindle(第7世代)」以来で、2019年に発売される第10世代のため、以下では「Kindle(第10世代)」とします。これにより、Kindleシリーズとしては6インチの上位モデル「Kindle Paperwhite」と7インチの最上位モデル「Kindle Oasis」というラインナップとなりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。