S-MAX

LINE

コミュニケーションアプリ「LINE」にて故障や紛失で旧機種が使えなくても直近14日間のトーク履歴を復元しつつ新機種でログインできるように


LINEアプリが事前にPINコードを登録すれば旧機種が使えなくてもトーク履歴を直近14日間復元できるように!

LINE Corp.は20日、同社が提供するコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにおいて事前にバックアップ用のPINコードを設定しておくことで故障や紛失などでそれまで使っていたスマホなどの機種が使えない場合でも直近14日間分のトーク履歴を復元できるようになったとお知らせしています。

これにより、旧機種が使えない場合以外でもトーク履歴のバックアップをしていない場合や異なるOS間での引き継ぎでも直近14日間分のトーク履歴の復元ができるようになりました。なお、バックアップ用のPINコード(6桁)を登録するにはAndroid向けおよびiOS向けLINEアプリのVersion 12.13.0以上にする必要があるとのこと。

また同じOS間でバックアップをしている場合には直近14日間分のトーク履歴に加えてバックアップ分のトーク履歴の復元が可能で、旧機種が使える状態なら旧機種のLINEアプリで「ホーム」→「設定」ボタン→「かんたん引き継ぎQRコード」にてQRコードを表示して新機種で読み取るだけで簡単に引き継ぎができるようになっています。

続きを読む

LINEがiPhone 5・5cやiPad(第4世代)で11月上旬に利用不可に!SoftBank・Y!mobile向けAQUOSケータイ2やDIGNOケータイ2なども対象


LINEアプリが11月上旬にバージョン10.16.4以下でのサポートを終了!

ソフトバンクは2日、コミュニケーションサービス「LINE」を提供するLINE Corp.がスマートフォン(スマホ)など向け「LINE」アプリのバージョン10.17.0未満でのサービスを2022年11月上旬に提供終了するとお知らせしています。これにより、バージョン10.17.0未満の場合はトークの閲覧・バックアップを含めて全機能が利用できなくなるとのこと。

そのため、ソフトバンクでは同社が販売していたLINEアプリをバージョン10.17.0以上にできない機種を案内しており、iOS11以上にOSバージョンアップできないスマホ「iPhone 5」および「iPhone 5c」、タブレット「iPad(第4世代)」(ともにApple製)をはじめ、フィーチャーフォン「AQUOSケータイ2」や「DIGNOケータイ2」などが対象になると案内しています。

続きを読む

コミュニケーションアプリ「LINE」における行政手続きにてマイナンバーカードで本人確認が可能に!持ち運べる役所を全国で実現へ


LINE上での行政手続きにおいてマイナンバーカードを利用した本人確認が可能に!

LINEおよびLINE Payは2日、自治体においてさまざまな行政サービスをコミュニケーションサービス「LINE」( https://line.me )上上で提供されている行政手続きにおいて「マイナンバーカード」による公的個人認証サービス(JPKI)の対応を開始するとお知らせしています。

LINEにおけるマイナンバーカードを用いたJPKIはLINE上で提供する「持ち運べる役所」の実現を推進するためにLINE Payが新たに提供する「LINE Pay公的個人認証サービス」( https://linepay.line.me/merchant/jpki.html )とLINEを連携することで実現しているとのこと。

現在、LINE Pay公的個人認証サービスはすでに先行して東京都渋谷区や神奈川県座間市、富山県魚津市、愛知県東郷町、広島県福山市、広島県三次市のLINE公式アカウントにおいて試行的に導入しており、住民票の写し等の郵送申請や納税証明書申請などの行政サービス提供において活用されています。

またこれらの先行自治体に加えて7つの自治体のLINE公式アカウントでの提供を予定しているほか、新たにLINE Pay公的個人認証サービスの導入を希望する自治体の申し込みを専用Webページより2022年8月2日(火)より受け付けが開始されています。

続きを読む

ソフトバンク、携帯電話サービス「LINEMO」のスマホプランにて8月から「LINEスタンプ プレミアム」が追加料金なしで利用可能に


LINEスタンプ プレミアム for LINEMOが8月から提供!ポイントバックキャンペーンは終了

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp )にてコミュニケーションサービス「LINE」における「LINEスタンプ プレミアム」(ベーシックコース)を追加料金なし(通常は月間プランなら240円/金額はすべて税込)で使える「LINEスタンプ プレミアム for LINEMO」を2022年8月1日(月)より提供開始するとお知らせしています。

LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)にすでに加入している場合は7月中に解除の上で8月以降にLINEスタンプ プレミアム for LINEMOの利用開始手続を行うことで追加料金なしでLINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)を利用可能となります。

一方、LINEスタンプ プレミアム(デラックスコース)を利用の場合は通常の料金(月間プラン480円)がかかるのでご注意ください。また同社では現在実施している「LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン」は2022年7月31日(日)で終了するということです。

続きを読む

携帯電話サービス「NUROモバイル」にてLINEの通信量がカウントフリーに!バリュープラスのVMとVLが対象で利用料は無料


NUROモバイルにてLINEのデータ通信量がカウントフリーになる「バリューデータフリー」が提供開始!

ソニーネットワークコミュニケーションズは20日、オンラインにて記者発表会を開催し、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NUROモバイル」( https://mobile.nuro.jp )においてコミュニケーションアプリ「LINE」の通信量がカウントフリーになるオプション「バリューデータフリー」の提供を2022年4月21日(木)より開始すると発表しています。

月間データ通信容量が3GBおよび5GB、10GBのラインアップを揃える料金プラン「バリュープラス」のVM(5GB)とVL(10GB)が対象となり、これらのプランを利用している場合にはLINE(一部機能を除く)をデータ容量を消費せずに使うことができます。

なお、バリューデータフリーのオプション料は無料で、すでに「バリュープラス」の(5GB)とVL(10GB)を利用している場合も対象となり、新規契約の場合は申込時のオプション選択画面で「バリューデータフリー」をチェック、既存利用者は「ご利用者向けページ」の「オプションサービス」から「バリューデータフリー」を選択します。

またNUROモバイルでは昨年10月よりNTTドコモ回線にてオートプレフィックス機能を提供していますが、新たにソフトバンク回線においてもオートプレフィックス機能の提供を4月20日(水)以降順次開始するとのこと。これにより、ソフトバンク回線の音声通話付きSIMを利用している場合も国内通話を従来の半額で利用できるようになります。

ただし、半額となる11円/30秒の通話料はナビダイヤルなどの一部の電話番号への発信は対象外となります。なお、4月20日以降に新規契約した場合は利用開始時から適用となり、すでにNUROモバイルをソフトバンク回線で利用している場合は4月26日(火)より順次適用となる予定だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。