S-MAX

MateBook

ファーウェイ、HarmonyOS 2搭載タブレット「HUAWEI MatePad 11」を日本で発売!WATCH 3やFreeBuds 4、MateBook、スマートグラスなども


ファーウェイ・ジャパンがMatePad 11などの9製品を一気に発表!7月13日より順次発売

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は13日、オンラインにて「ファーウェイ・ジャパン 新製品発表会」を開催し、日本市場向けにOSに「HarmonyOS 2」を初搭載したタブレット「HUAWEI MatePad 11」(Wi-Fiモデル)などの新商品を発売すると発表しています。

新商品は他にノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro 2021」および「HUAWEI MateBook D 15」、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 3」、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4」、スマートグラス「HUAWEI x GENTLE MONSTER Eyewear Ⅱ」、モニター「HUAWEI MateView」および「HUAWEI MateView GT」、「HUAWEI Display 23.8″」。

発売日はHUAWEI MatePad 11が7月23日(金)、HUAWEI MateBook X Pro 2021およびHUAWEI MateBook D 15、HUAWEI x GENTLE MONSTER Eyewear Ⅱが7月13日(火)、HUAWEI WATCH 3が8月以降、HUAWEI FreeBuds 4が7月30日(金)、HUAWEI MateViewが8月20日(金)、HUAWEI MateView GTが9月10日(金)、HUAWEI Display 23.8″が7月23日(金)とのこと。

市場想定価格(金額はすべて税込)はHUAWEI MatePad 11が54,780円、HUAWEI MateBook X Pro 2021が27,4780円、HUAWEI MateBook D 15が84,800円から、HUAWEI x GENTLE MONSTER Eyewear Ⅱが43,780円、HUAWEI WATCH 3のスポーツモデルが50,380円、クラシックモデルが54,780円、HUAWEI FreeBuds 4が18,480円、HUAWEI MateViewが89,800円、HUAWEI MateView GTが65,800円、HUAWEI Display 23.8″が19,980円。

販路は公式Webショップ「HUAWEI STORE(ファーウェイオンラインストア)」や「ファーウェイ 楽天市場店」、「ファーウェイ PayPayモール店」のほか、Amazon.co.jpやヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダデンキなどの家電量販店となっており、HUAWEI MateView GTのみがAmazon.co.jp限定モデルとなっています。

続きを読む

ビジネス書作家の戸田覚氏がパソコン購入を巡り学生や新社会人の実態を指摘!想像以上にお金がない、驚くほど知識がないなど【レポート】


戸田覚氏が提案する失敗しないパソコン選びのポイントとは?

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は9日、「充実したキャンパスライフ、社会人生活を送るために失敗しないデバイス選びのポイント」という学生や新社会人を対象にしたテーマで、メディア向けイベントを開催した。

ゲストスピーカーとして登壇したビジネス書作家の戸田覚(とださとる)氏が、現在の学生や新社会人がパソコン購入の際に抱える問題点を指摘し、若者が持つパソコンに対する驚きの常識や価値観の実態などを明かした。本記事ではそんな戸田氏のトークセッションの内容を中心にレポートする。

続きを読む

ファーウェイの最新ノートPC「MateBook X Pro NEW」「MateBook 13 NEW」、「MateBook D 15」を写真で紹介!13のRyzenモデルも追加【レポート】


ファーウェイの最新ノートPC3機種を写真でチェック!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインで新製品発表会を開催し、日本市場に投入する最新のハイエンドノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro NEW」(Huawei Technologies製)を6月5日(金)から発売すると発表した。

MateBook X Pro NEWは「HUAWEI MateBook X Pro (Core i5 model)(型番:MAHCAHH55CNCNNUA)」と「HUAWEI MateBook X Pro (Core i7 model)(型番:MAHCAEH75DNCNBUA)」の2モデルをラインナップしており、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格はCore i5 modelが197,780円、Core i7 modelが263,780円(金額はすべて税込)で販売中だ。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。これまで紹介してきた社のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様に、本記事では体験会にて最新のノートPCに触れることができたので、写真を交えながら外観や特徴をレポートする。

なお、体験会では今年の4月24日に発売した「HUAWEI MateBook 13 NEW」と、同じく4月10日から順次発売した「HUAWEI MateBook D 15」にも触れることができたので、その2機種もまとめてレポートする。また同社は16日、HUAWEI MateBook 13 NEWに新たにAMDプロセッサー「Ryzen」を搭載したモデルを6月19日(金)に発売すると発表した。市場想定売価は87,780円となっている。

続きを読む

画面占有率91%の狭額縁デザインで13.9インチ液晶搭載でA4サイズを実現!Windows 10ノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を写真と動画で紹介【レポート】


ファーウェイがプレミアムノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を6月15日に発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて新製品発表会を開催し、日本市場向けに約13.9インチディスプレイを搭載した狭額縁デザインのモバイルノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro」(Huawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表した。

市場想定価格(税抜)はチップセット(SoC)および内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージによって異なり、Core i5-8250U・8GB RAM・256GB SSDモデルが149,800円、Core i7-8550U+NVIDIA GeForce MX150・16GB RAM・512GB SSD搭載モデルが209,800円となっている。

OSはWindows 10 Home 64ビット、両モデルともに画面はタッチパネル仕様となっており、タブレットPCのように触って操作することも可能である。今回はそんな狭額縁デザインでスタイリッシュなモバイルノートPCであるMateBook X Proを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

薄型・コンパクトながらも15.6インチ液晶搭載!エンターテインメントに特化したファーウェイのWindowsノートPC「HUAWEI MateBook D」を写真とともに紹介【レポート】


薄型・コンパクトな15.6型ノートPC「HUAWEI Matebook D(2018年モデル)」発表!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて製品発表会を開催し、日本市場向けに薄型コンパクトな15.6インチFHD液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook D(2018年モデル)」(Huawei Technologies製)を2018年5月18日(金)に発売すると発表しました。

本機はノートPC市場でもハイコストパフォーマンスを睨んだ製品に位置付けられるもので、第8世代Intel Core-i5プロセッサーを搭載した下位モデルでは市場想定価格87,800円(税別)、上位モデルの第8世代Core-i7プロセッサーおよびディスクリートGPU(Geforce MX150)搭載モデルでも117,800円(税別)となっており、いずれも同クラスのCPUを搭載したモデルとしてはかなり魅力的な価格となっています。

しかし廉価なモデルであってもデザイン面や機能面でも妥協は少なく、リーズナブルに高品質な映像・音響体験などを楽しめる仕様が随所に見られます。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。