S-MAX

Pixel4

Googleスマホに新機能「Pixel feature drops」の第4弾が提供!電池持ちや位置情報などを改善。2020年12月のAndroidセキュリティーパッチも


Googleスマホ「Pixel」シリーズにおける新機能や2020年12月分のセキュリティーパッチが案内!

Googleは7日(現地時間)、昨年12月から実施している同社が開発・販売するスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」の第4弾を提供開始したとお知らせしています。

第4弾では電池持ちを良くする機能「アダプティブバッテリー」がさらに改善されて次の充電のタイミングを逃すような場合に自動的により省電力化したり、使っているアプリによって自動的に5Gから4Gに切り替える機能が改善されたりするようになるということです。

またAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)以降ではインターネット接続時における徒歩による位置情報がより正確になり、Google フォトの新機能「フォトエディター」やビデオ通話アプリ「Duo」におけるグループ通話での画面共有、自動的にアプリを制限して必要なものだけを実行する「スーパーバッテリーセーバー」などの機能が既存のPixelでも利用できるようになるとのこと。

これらのPixel feature dropsはすでに提供が順次開始されており、今後数週間に渡ってソフトウェア更新およびアプリ配信マーケット「Google Play」における各アプリで順次配信される予定とのこと。なお、同社は合わせてAndroidの月次セキュリティーパッチの2020年12月分を提供開始し、9個のCriticalおよび36個のHighに相当する脆弱性が修正されています。

またPixelシリーズについては2020年12月5日付けのAndroidセキュリティーパッチレベルを含むソフトウェア更新が提供されており、更新後のビルド番号はグルーバル向けがVerizonおよびAT&T向けは別れているものの、それ以外の日本向けを含むグローバルモデルでは「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」が「RQ1A.201205.011」、「Pixel 4a」および「Pixel 4」シリーズが「RQ1A.201205.008」、「Pixel 3a」および「Pixel 3」シリーズが「RP1A.201205.003」となっています。

すでにファクトリーイメージも配信開始されているほか、ネットワーク経由による更新(OTA)も配信開始されています。なお、ブランチしているVerizon向けはPixel 5およびPixel 4a (5G)、Pixel 3シリーズにて12月14日(月)よりローリングアウトする予定で、AT&T向けはPixel 5およびPixel 4a (5G)が「RQ1A.201205.010」、Pixel 4シリーズが「RQ1A.201205.008.A1」となっています。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 5」や「Pixel 4 (5G)」、「Pixel 4a」、「Pixel 4」をビックカメラにて買うとQUICPayで20%ポイント還元キャンペーン


ビックカメラ × Google Pixel × QUICPayキャンペーン!

ジェーシービーは15日、対象期間中に全国のビックカメラグループ(ビックカメラおよびコジマ、ソフマップ)の店頭にて利用合計金額(税込)の20%(最大10,000ポイント)をビックポイントで還元する「ビックカメラ × Google Pixel × QUICPayキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

条件はまずビックカメラグループにてauおよびSoftBankから販売されているGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」、「Pixel 4」を購入し、購入したPixelにて決済サービス「Google Pay」に対象カードで非接触IC機能「FeliCa」によるタッチ決済「QUICPay」を設定します。

その後、利用期間内にビックカメラグループ店頭でPixelに設定したQUICPayを使って買い物をすると、もれなく利用合計金額の20%がビックポイントで還元されます。還元時期は2020年12月末日予定。なお、Pixelの購入時にビックポイントカード(ビックカメラ公式アプリ「ポイント」含む)を提示する必要があるとのこと。

Pixelの購入期間は2020年10月15日(木)〜11月8日(日)まで、Pixelに設定したQUICPayで買い物をする期間は2020年10月15日(木)〜11月30日(月)まで。その他、キャンペーンの詳細な条件や注意事項はキャンペーンWebページ( https://www.quicpay.jp/campaign/2020/bicqp.html )をご確認ください。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 11」のベータ版第3弾を公開!位置情報オフで接触確認アプリが利用可能に。正式版は数週間後に


GoogleがAndroid 11 Beta 3をリリース!正式版は数週間後に

Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における一般向けベータ版第3弾「Android 11 Beta 3」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 2」以降で利用可能です。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込み。

Android 11 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「RPB3.200720.005」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2020年8月5日」になり、Google Play servicesも「20.24.14」となっていいます。なお、APIレベルはAndroid 11 Beta 1と同様に正式版の「API 30」。

なお、Android 11 Beta 3では正式版のリリース前のRC(Release candidate)版となっており、正式版に向けた最終仕上げとして最後のプレビュー版となり、数週間後には正式版をリリースするとしているため、8月下旬から9月中旬になりそうです。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 11」のベータ版第2弾を公開!Pixel 2以降のPixelシリーズで利用可能。正式版は第3四半期後半リリースに


GoogleがAndroid 11 Beta 2をリリース!正式版はQ3後半に

Googleは8日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における一般向けベータ版第2弾「Android 11 Beta 2」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 2」以降で利用可能です。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込み。

Android 11 Beta 2はPixel製品ではビルド番号が「RPB2.200611.009」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2020年7月5日」になり、Google Play servicesも「20.21.17」となっていいます。なお、APIレベルはAndroid 11 Beta 1と同様に正式版の「API 30」。

なお、Android 11 Beta 2では主に動作の安定性が増しており、Android 11における動作やAPIが最終的に確定したことを意味する「Platform Stability」に到達しています。そのため、同社ではアプリなどの開発者に向けて最終的にAndroid 11に対応したアップデートに着手でき、正式版のリリースに間に合うように公開できるようになったとしています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 11」のベータ版を公開!まずはPixel 2以降のPixelシリーズで利用可能で、今後数週間のうちに他製品も


GoogleがAndroid 11 Beta 1をリリース!Pixel 2以降で利用可能に

Googleは10日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における一般向けベータ版「Android 11 Beta 1」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」における「Pixel 2」シリーズ以降で利用可能です。

一時は6月3日にオンラインイベントを開催して提供開始する予定でしたが、アメリカにて人種差別問題が加熱していることからイベントおよびベータ版の提供を延期していました。同社では延期の理由を説明していませんでしたが、今回、改めて人種差別問題に集中できるように配慮したことを明らかにしています。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても今後数週間のうちに利用できるようになるとしています。

Android 11 Beta 1はPixel製品ではビルド番号が「RPB1.200504.018」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2020年6月1日」になり、Google Play servicesも「20.18.17」となっているほか、APIレベルも正式版の「API 30」となりました。

また「Android 11 Talks」としてAndroidの開発者向け公式Webサイトにて多数のAndroid 11に関するムービーが公開されており、各地で「Android 11 meetups」としてAndroid 11に関するオンラインイベントも行われる予定で、日本ではグーグルおよびGDG(Google Developer Groups) Japanによって6月23日(火)より順次アプリ開発の最新技情報を紹介するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。