S-MAX

Redmi9T

シャオミの低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」と「Redmi Note 9S」は意外に違う!?スペックやカメラ性能などを実機で比較【レビュー】


前モデルの「Redmi Note 9S」と「Redmi 9T」を比較!

Xiaomi(以下、シャオミ)が2月5日に発売した、SIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi 9T」(Xiaomi Communications製)は、4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージを搭載しており17,490円(金額はすべて税込)と2万円を大きく下回る低価格帯のエントリーモデルだ。

Amazon.co.jp」をはじめ「SoftBank SELECTION」、「ひかりTVショッピング」、「ムラウチドットコム」といったECサイト、「エディオン」および「上新電機」、「ノジマ」、「ビックカメラグループ」、「ヤマダ電機」などの量販店、「イオンモバイル」や「IIJmio」、「gooSimseller」、「BIGLOBEモバイル」などの仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われており、MVNOでは携帯電話サービスとセットでさらに低価格で購入できる。

そんなRedmi 9TをXiaomi Japanからお借りし、これまでに外観や基本仕様などを中心に解説した開封レビューや、カメラレビューをお届けしてきたが、今回は昨年発売された前モデル「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)と比較をしていく。

続きを読む

シャオミの低価格なソフトバンク向けスマホ「Redmi Note 9T」のカメラを試す!メインの4800万画素を含む3眼で多彩な撮影が可能【レビュー】


シャオミの超高コスパな5Gスマホ「Redmi Note 9T」のカメラ機能をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2月2日に、5Gおよびおサイフケータイ(FeliCa)に対応したソフトバンク向けスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9T(型番:A001XM)」(Xiaomi Communications製)を発売すると発表した。

ソフトバンクから2月26日(金)に発売されたRedmi Note 9Tは、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で、本体価格(金額はすべて税込)が21,600円(分割450円/月×48回など)で販売されている。税抜きで2万円を切る超低価格でありながら、5G通信のほかにも国内での需要が高いとされるおサイフケータイ(FeliCa)に対応している点が魅力だ。

またソフトバンク向けモデルのため、ソフトバンクのサービス「トクするサポート+」の対象機種にもなっている。これは、48回払いで購入して24カ月目以降に返却などの条件を満たすことで25回目以降の残債が免除されるサービスで、この特典を利用すると実質負担額(支払い総額)が10,800円(分割450円/月×24回)となる。さらに、他社から乗り換え(MNP)およびSoftBank学割に加入する新規契約の場合は一括1円で販売されている。

そんな超高コスパのRedmi Note 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、前回の開封レビューに続いて、カメラ機能を中心にレビューする。

続きを読む

5GとFeliCaに対応したシャオミのソフトバンク向け低価格スマホ「Redmi Note 9T」を開封!外観や同梱品、基本機能などを写真と動画で紹介【レビュー】


税込2万円前半の超高コスパな5Gスマホ「Redmi Note 9T」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2日、日本市場向けに5Gおよびおサイフケータイ(FeliCa)に対応したソフトバンク向けスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9T(型番:A001XM)」およびSIMフリースマホ「Redmi 9T(型番:M2010J19SR)」(いずれもXiaomi Communications製)を発売すると発表した。

またソフトバンクは18日、Redmi Note 9Tを2021年2月26日(金)に発売すると発表した。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では21,600円(分割450円/月×48回など)と、5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応しながらも税抜きで2万円を切る低価格を実現している。

さらに48回払いで購入して24カ月目以降に返却などの条件を満たすことで25回目以降の残債が免除される「トクするサポート+」の対象機種にもなっており、特典を利用すると実質負担額が10,800円になるほか、他社から乗り換え(MNP)およびSoftBank学割に加入する新規契約の場合は一括1円で販売されている。

今回はそんな超高コスパのRedmi Note 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、開封レビューとして本体外観や同梱品、基本仕様などを中心にレビューする。

続きを読む

シャオミの低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」のカメラ機能を紹介!4800万画素や超広角、マクロなどの4眼で多彩な撮影モードに対応【レビュー】


「Redmi 9T」のカメラ機能を試す!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2日、低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」(Xiaomi Communications製)を日本にて2月5日に発売した。価格(金額はすべて税込)は4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージながら17,490円と2万円を大きく下回っている。

なお、販路は量販店の「エディオン」および「上新電機」、「ノジマ」、「ビックカメラグループ」、「ヤマダ電機」など、ECサイトの「Amazon.co.jp」および「SoftBank SELECTION」、「ひかりTVショッピング」、「ムラウチドットコム」、さらに仮想移動体通信事業者(MVNO)の「イオンモバイル」および「IIJmio」、「gooSimseller」、「BIGLOBEモバイル」などで取り扱われており、MVNOでは携帯電話サービスとセットでさらに低価格で購入可能だ。

そんなRedmi 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、外観や基本仕様などを中心にレビューした前回のファーストインプレッションに続いて、今回はカメラ機能をレビューする。

続きを読む

シャオミの1万円台の低価格なSIMフリースマホ「Redmi 9T」の外観や同梱品、基本機能などを写真や動画で紹介!電池長持ちなエントリー機【レビュー】


2万円を大幅に切る超高コスパスマホ「Redmi 9T」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は2日、日本市場向けに5Gおよびおサイフケータイ(FeliCa)に対応したソフトバンク向けスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9T」と、オープンマーケット向けSIMフリースマホ「Redmi 9T」(いずれもXiaomi Communications製)を発売することを発表した。

すでにRedmi 9Tは2月5日に発売されており、販売されている4GB内蔵メモリー(RAM)/64GB内蔵ストレージモデルでは本体価格(金額はすべて税込)が17,490円と2万円を大きく下回る超低価格で販売されている。一方、Redmi Note 9Tは日本ではソフトバンク専売モデルで2月3日(水)から予約を開始し、2月下旬以降に発売する予定だ。

Redmi 9Tは量販店の「エディオン」および「上新電機」、「ノジマ」、「ビックカメラグループ」、「ヤマダ電機」など、ECサイトの「Amazon.co.jp」および「SoftBank SELECTION」、「ひかりTVショッピング」、「ムラウチドットコム」、さらに仮想移動体通信事業者(MVNO)の「イオンモバイル」および「IIJmio」、「gooSimseller」、「BIGLOBEモバイル」といった販路で取り扱われている。

今回はそんな価格を抑えたエントリーモデルとなるRedmi 9TをXiaomi Japanからお借りしたので、外観や同梱品、基本的な仕様などを中心にレビューしていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。