S-MAX

SHARP

シャープ、SIMフリースマホ「AQUOS zero2 SH-M13」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS zero2 SH-M13」がAndroid 11に!

シャープは12日、昨年3月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-M13」に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月13日(水)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(3G/4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。

主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ「メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」を合わせてご確認ください。

○主な変更内容
1)「AIライブストーリーPro」が追加
2)「スクロールオート」の開始がより簡単にできるように
3)「Clip Now」にてスクリーンショット操作がさらに便利に使いやすく
4)「Payトリガー」が追加
5)かんたんモード&かんたんホームがさらに便利に

○Android 11の新機能
6)動画を見ながらネットできる2画面分割、スクリーンショット
7)クイック設定パネルがより便利に
8)最新Androidの電源メニューに対応
9)新たな仕組みによりセキュリティーが向上


続きを読む

KDDI、au向け高性能スマホ「AQUOS zero2 SHV47」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月13日10時から提供


auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、昨年1月に発売した携帯電話サービス「au」向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SHV47」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月13日(水)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約15分、更新ファイルサイズは約1.7GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ「au Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」( https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/SHV47_Software_Update_manual.pdf )も合わせてご確認ください。

○主な機能追加・変更内容
1)電話アプリにて「簡易留守録」の再生画面のデザインが変更されます。
2)ロック画面にて下部に「カメラ」と「音声アシスト」のアイコンが表示されるようになります。
3)電源キー長押しおよび指紋センサー長押しで起動できるアプリが増えます。

○主な削除項目
OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
4)電話アプリにて簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。簡易留守録が録音された場合は従来通り表示されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(5.8MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSHV47をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特徴について、詳細は下記よりご確認ください。
OSアップデートとは?


続きを読む

シャープ、新スマホ「AQUOS sense4 plus」のSIMフリー版「SH-M16」を発表!nanoSIMのデュアルSIM対応で12月25日発売。価格は5万円前後


SIMフリースマホ「AQUOS sense4 plus SH-M16」が登場!

シャープは15日、同社の最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 plus」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense4 plus SH-M16」を発表しています。2020年12月25日(金)より順次発売され、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、市場想定価格は税抜4万円台半ばになるということです。

価格はすでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comなどの量販店では税抜46,000円(税込50,600円)の10%(5,060イント)還元で実質45,540円相当となっているほか、MVNOでは「NifMo」(ニフティ)では新規契約および他社から乗り換え(MNP)では税抜44,800円(税込49,280円)、機種変更では税抜41,800円(税込45,980円)となっています。

また「OCN モバイル ONE」(NTTコミュニケーションズ)とセットで販売している「goo Simseller」(NTTレゾナント)では通常価格が税抜32,800円(税込36,080円)で、2021年1月12日(火)11:00までは発売記念のセール価格で税抜25,800円(税込28,380円)となっているほか、対象オプション同時加入で税抜1,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で税抜5,000円OFFとなります。

AQUOS sense4 plus SH-M16はすでに楽天モバイルからSIMフリーモデルとして販売されていますが、新たに量販店やECサイト、MVNOから投入されることになり、楽天モバイルが販売する製品と同様にnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つ搭載されたデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しているいます。ただし、SIMカードスロットの1つはmicroSDXCカードスロットと共有とのこと。

なお、NifMoではブラックのみを取り扱い、goo Simsellerではブラックのみ12月25日販売開始で、パープルとホワイトは2021年1月下旬頃販売開始予定とのこと。またAQUOS sense4シリーズはベースモデルの「AQUOS sense4」やその廉価版「AQUOS sense4 lite」および「AQUOS sense4 bacis」などの派生モデルも存在し、それぞれNTTドコモや楽天モバイル、Y!mobileなどからすでに発売されています。

続きを読む

シャープ、LTE内蔵コンバーチブル型ノートPC「Dynabook Chromebook C1」を発表!2021年2月以降に発売。GIGAスクール構想向け仕様準拠



シャープとDynabookは11日、シャープの通信技術とDynabookのIT技術を融合して「GIGAスクール構想」における学習者用の標準仕様に準拠したLTE内蔵コンパチブル型ノートパソコン(PC)「Dynabook Chromebook C1」を共同で開発したと発表しています。2021年2月以降に商品化する予定だとのこと。

さらに滑らかで精度の高い書き心地を実現した「スタイラスペン」(オプション)も商品化し、本体に収納可能で必要な時にさっと取りだして使用できる上、収納しながら自動で充電が可能です。わずか15秒のチャージで約45分間利用できる高速充電にも対応しています。

続きを読む

シャープの新定番!スタンダードスマホ「AQUOS sense4 SH-41A」を実際に使ってみて気が付いたポイントをまとめてみた【レビュー】


実際に使って気が付いたAQUOS sense4のチェックポイントを紹介!

既報通り、NTTドコモから4Gに対応したコストパフォーマンスの高いスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 SH-41A」(シャープ製)が11月6日より順次発売されました(通常カラーは11月16日発売。先行発売の限定カラー、レッド、ブルー、イエローは11月6日発売)。

本体価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店においては37,224円(金額はすべて税込)で、他社からの乗り換え(MNP)では16,500円引きの20,724円と、スタンダードモデルながら十分な性能のスマホとしては購入しやすい金額となっているのも特徴と言える1台です。

この「AQUOS sense4」はNTTドコモ以外にもSIMフリーモデル「AQUOS sense4 SH-M15」が量販店や仮想移動体通信事業者(MVNO)などから販売されているほか、AQUOS sense4シリーズとして複数の派生・廉価モデルがさまざまな販路で販売されており、昨年に最も売れたAndroidスマホとなった先代モデル「AQUOS sense3」からの高い評価を引き継いだスマホでもあります。

筆者もNTTドコモ版のAQUOS sense4 SH-41Aを購入し、これまでに開封して外観やプリインストールアプリなどの基本機能の紹介ベンチマーク性能およびカメラのレビューをお送りしてきましたが、本記事では実際にAQUOS sense4を使っていて気が付いたポイントをまとめてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。