S-MAX

SHARP

NTTドコモが5Gスマホ「AQUOS R7 SH-52C」の価格を案内!本体価格は19万8000円。23ヶ月目に返却で8万3160円が免除


docomoスマホ「AQUOS R7 SH-52C」の価格が案内!本体価格は約20万円に

NTTドコモは27日、今夏以降に発売する「2022年夏モデル」のうちの5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R7 SH-52C」(シャープ製)の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店における価格(金額はすべて税込)が決定したとお知らせしています。

ドコモオンラインショップでは本体価格が198,000円(4,993円/月×23回+83,160円)で、残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、24回払いで購入して23ヶ月目に返却した場合の実質負担額は4,993円/月×23回(総額114,840円)となっています。なお、発売時期は7月下旬を予定しています。

続きを読む

シャープ、高性能スマホ「AQUOS zero2 SH-M13」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS zero2 SH-M13」がAndroid 12に!

シャープは21日、同社が2020年3月に発売した4G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-M13」に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年6月21日(火)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(3G/4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは約1.75GBでファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。

主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』をご確認ください。

○主な変更内容
1)便利機能「AQUOSトリック」がリニューアル
2)「Playトリガー」にて起動できるアプリを増やせるように
3)「ロックフォトシャッフル」にてお気に入りの画像だけを選べるよう
4)「Bright Keep」にて置いたときのシーンに合わせた新機能が追加
 ・ホーム画面では早めに暗くする
 ・ホーム画面以外では表示をキープ
5)「ゲーミングメニュー」にて新機能が追加
 ・画面端の誤操作を防止
 ・検索機能の改善
6)利用中のシャープ製スマート家電をスマホから手軽に使える「Smart home HUB」が追加
7)「簡易留守録」がホーム画面から起動できるように

○Android 12の新機能
8)デザイン刷新
9)「ダイナミック カラー」機能が追加
10)プライバシーの強化
 ・マイクまたはカメラの使用中アイコン
 ・おおよその位置情報
11)ユーザビリティーの向上
 ・スクロール スクリーンショットが追加
 ・さらに輝度を下げるが追加


続きを読む

NTTドコモ、5Gスマホ「AQUOS wish2 SH-51C」を6月24日に発売!本体価格2万2000円で、MNPなら1万6500円OFFの5500円


docomoスマホ「AQUOS wish2 SH-51C」が6月24日発売!

NTTドコモは16日、今夏以降に発売する「2022年夏モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS wish2 SH-51C」(シャープ製)を2022年6月24日(金)に発売すると発表しています。販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ahamo公式Webサイト」などで、すでに予約受付を実施しています。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では本体価格が22,000円で、他社から乗り換え(MNP)の場合にはキャンペーン「5G WELCOME割」が適用されて16,500円OFFの5,500円となっています。なお、AQUOS wish2 SH-51Cは残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」は対象外となっています。

また『「AQUOS wish2 SH-51C」 購入キャンペーン』が実施され、ドコモショップや量販店などの対象販路にて購入した場合に「使いこなしガイドブック」をプレゼントします。キャンペーンはなくなり次第終了。なお、ドコモオンラインショップでは発売に先駆けて6月21日(火)10時から購入手続きが開始され、お届けは発売日以降順次となっています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け5Gスマホ「AQUOS wish2 A204SH」を発表!6月23日発売で価格は2万6640円。デュアルSIMやSAに対応


ワイモバイルから5Gスマホ「AQUOS wish2」が登場!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「Y!mobile」向け新商品となる5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS wish2(型番:A204SH)」(シャープ製)を発表しています。2022年6月23日(金)に発売され、販路によっては発売に先立って事前予約受付が実施される見込み。

販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で、価格(金額はすべて税込)はワイモバイルオンラインストアなどの直営店では本体価格が26,640円で、ワイモバイルオンラインストアでは割引が適用される予定となっています。

なお、AQUOS wish2はすでにNTTドコモから「AQUOS wish2 SH-51C」が発表されており、NTTドコモ版はnanoSIMカード(4FF)スロットが1つのシングルSIMですが、Y!mobile版のAQUOS wish2 A204SHはnanoSIMカードスロットが1つに加えてeSIMにも対応したデュアルSIMとなっており、スタンダードアローン(SA)方式の5Gにも対応しています。

続きを読む

シャープの新フラッグシップスマホ「AQUOS R7」を写真と動画で紹介!ライカ監修ズミクロンレンズ&1インチセンサーカメラが進化【レポート】


シャープのハイスペックモデル「AQUOS R7」をチェック!

既報通り、シャープは5月9日に「AQUOS(アクオス)」ブランドにおける新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R7(アクオス アールセブン)」を2022年7月以降に発売することを発表した。

通信事業者(キャリア)向けモデルとしてNTTドコモが「AQUOS R7 SH-52C」を2022年7月下旬以降に、ソフトバンクが同社の携帯電話サービス「SoftBank」にて「AQUOS R7」を2022年7月上旬以降に販売開始する予定となっている。

販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、SoftBankではソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、発売に先立ってNTTドコモではすでに事前予約受付を実施しており、SoftBankでも日程は未定だが、事前予約を受け付ける見込みとなっている。

本体のカラーバリエーションはNTTドコモ版およびSoftBank版ともに「ブラック」と「シルバー」の2色展開だが、NTTドコモではシルバーをドコモオンラインショップ限定カラーとして販売し、シャープと共同の取り組みとして機種代金の1%相当を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や命を救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付する。

価格は現時点ではどちらも未定。参考までに2021年6月25日発売の前機種「AQUOS R6(アクオス アールシックス)」は、各種割引施策を適用しない発売時の価格(金額はすべて税込)が、NTTドコモで115,632円、SoftBankで133,920円だった。なお、シャープではオープン市場向けメーカー版(いわゆるSIMフリー版)についてはニーズや市場動向を見ながら検討するとしている。

今回はシャープが5月9日のオンライン発表会後に開催したメディア向け体験会でAQUOS R7に触れることができたので、写真や動画を交えながら外観や基本機能、特徴などをレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。