S-MAX

SO-52A

NTTドコモが5Gを束ねる「Sub6-CA」で国内最速下り最大4.2Gbpsを提供開始!まずXperia 5 IIがソフトウェア更新で対応。エリアマップも更新


docomo 5GがSub6-CAを導入!下り最大4.2GbpsはXperia 5 IIやGalaxy Note20 Ultra 5G、Wi-Fi STATION SH-52Aが対応

NTTドコモは7日、今年11月5日に発表していた「5G(第5世代移動通信システム)」のSub6(6GHz帯未満の低周波数帯)によるキャリアアグリゲーション(CA)を世界で初めて2020年12月7日(月)に提供開始したと発表しています。これにより、日本国内最速の下り最大4.2Gbpsの高速通信を実現しています。

Sub6のCA(以下、Sub6-CA)に対応するすでに販売されている機種はスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II SO-52A」および「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」、モバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」の3機種で、同日12月7日よりXperia 5 II SO-52Aに対してソフトウェア更新が提供開始されており、まずはXperia 5 II SO-52Aのみが対応します。

またGalaxy Note20 Ultra 5G SC-53Aは2020年12月対応予定、Wi-Fi STATION SH-52Aは2020年度冬以降対応予定とのこと。各製品ともにQualcommのチップセット(SoC)「Snapdragon 865 5G Mobile Platform」と「Snapdragon X55 5G Modem-RF System」によって3.7GHz帯(n78)と4.5GHz帯(n79)の周波数帯でそれぞれ100MHzの帯域幅を束ねることで実現しています。

続きを読む

120Hzの高リフレッシュレートディスプレイを手に入れた!ソニーの5G対応高性能スマホ「Xperia 5 II SO-52A」を写真で紹介【レポート】


5Gに対応したソニー製ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」を写真で紹介!

既報通り、NTTドコモは11月12日にソニーモバイルコミュニケーションズ製の5Gに対応したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」を発売しました。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

Xperia 5 IIはauやソフトバンクからもすでに10月に発売されており、NTTドコモの発売で楽天モバイルを除く移動体通信事業者(MNO)の大手3社で出揃う形となりました。また後発となったNTTドコモではオリジナル要素として専用カラーのパープルが用意されており、Xperiaシリーズのファンであれば手に取りたくなること間違いなしです。

本記事ではNTTドコモが「2020-2021 冬春 新サービス・新商品発表会」とともに開催したタッチ&トライにて実機に触れる機会がありましたので、写真とともに紹介します。

続きを読む

NTTドコモが新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II SO-52A」を本日11月12日発売!5Gに対応するためのソフトウェア更新を配信開始


docomo 5Gスマホ「SONY Xperia 5 II SO-52A」に5Gへ対応するソフトウェア更新が提供開始!

NTTドコモは12日、同日11月12日に発売した「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対してソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用され、本体価格から22,000円が割り引かれて77,000円となり、スマホおかえしプログラム適用時には2,138/円×24回(総額51,344円)となります。なお、料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」が用意されていますが、ソフトウェア更新によって5Gに対応する前でもこれらの料金プランが適用されるとのこと。

さらに『「Xperia 5 II SO-52A」購入キャンペーン』が実施され、Xperia 5 II SO-52Aを購入して応募した人全員にもれなく「mora qualitas(高音質ストリーミングサービス)」を追加で無料(90日間)で利用できるクーポンをプレゼントするとのこと。対象販売拠点はすべての取扱店。購入期間は2021年1月31日(日)まで。詳細はキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/mora_20autumn/ )をご確認ください。

そんなXperia 5 II SO-52Aに対して事前の案内通りに5Gに対応するためのソフトウェア更新が配信されています。更新にかかる時間は約7分で、更新方法は本体のみのほか、パソコン(PC)に接続して行え、更新後のビルド番号は「58.0.B.14.28」、更新前野ビルド番号は「58.0.B.12.90」。変更内容は以下の通り。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

・アップデートにより5G通信が可能になります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年10月になります。)


続きを読む

NTTドコモ、5G対応スマホ「Xperia 5 II SO-52A」の限定色「パープル」の販売開始を11月10日10時に延期!11月12日以降お届けは変わらず


Xperia 5 II SO-52Aのdocomo Online Shop限定カラー「パープル」の販売開始が延期!緊急メンテナンスのため

NTTドコモは9日、今冬・来春に発売する「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の限定カラー「パープル」について販売開始を延期するとお知らせしています。

Xperia 5 Ⅱ SO-52Aのパープルは同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」のみで販売され、当初は2020年11月9日(月)10時に販売開始する予定でしたが、緊急システムメンテナンスを実施するため、2020年11月10日(火)10時に変更すると案内しています。

ただし、お届けは他のカラーの発売日と同様に11月12日(木)順次となっています。価格(金額はすべて税込)は他のカラーも含めて同様となっており、本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用され、本体価格から22,000円が割り引かれて77,000円となり、スマホおかえしプログラム適用時には2,138/円×24回(総額51,344円)となります。なお、料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」が用意されていますが、ソフトウェア更新によって5Gに対応する前でもこれらの料金プランが適用されるとのこと。

さらに『「Xperia 5 II SO-52A」購入キャンペーン』が実施され、Xperia 5 II SO-52Aを購入して応募した人全員にもれなく「mora qualitas(高音質ストリーミングサービス)」を追加で無料(90日間)で利用できるクーポンをプレゼントするとのこと。対象販売拠点はすべての取扱店。購入期間は2021年1月31日(日)まで。詳細はキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/mora_20autumn/ )をご確認ください。

続きを読む

NTTドコモ、5Gフラッグシップスマホ「Xperia 5 II SO-52A」を発表!6.1型シネマワイドディスプレイ搭載。11月12日発売で、価格は9万9千円


docomo 5Gスマホ「Xperia 5 II SO-52A」が登場!

NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

今年9月に発表された“ソニー”ブランドの「Xperia」シリーズの最新フラッグシップモデル「Xperia 5 II」のNTTドコモ版で、昨年発売された「Xperia 5」の後継機種として同じく映画のスクリーンの縦横比と同じシネマワイドディスプレイを搭載し、今夏モデル「Xperia 1 II」とほぼ同等のカメラ機能を搭載しながらも小型化した製品です。

NTTドコモ版ではすでに販売されているau版「Xperia 5 II SOG02」やSoftBank版「Xperia 5 II A002SO」と同様に日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、NTTドコモでは「ブルー」や「グレー」、「ブラック」、「ピンク」に加えて限定カラー「パープル」が販売されます。なお、地上デジタルテレビ(ワンセグ・フルセグ)には非対応となりました。

また携帯電話ネットワークでは5G(NR方式)では下り最大4.2Gbpsおよび上り最大218Mbps、4G(LTE方式)では下り最大1.7Gbpsおよび上り最大131.3Mbpsとなりますが、発売後にソフトウェア更新によって5Gに対応するほか、その時点では下り最大3.4Gbpsおよび上り最大182Mbpsで、12月以降に5GにおけるSub6のキャリアアグリゲーション(CA)に対応させて下り最大4.2Gbps、今冬以降に上り最大218Mbpsにそれぞれソフトウェア更新によって対応します。

発売日は2020年11月12日(木)で、発売に先立ってすでに本日11月5日11:00よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は直営店では本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用され、本体価格から22,000円が割り引かれて77,000円となり、スマホおかえしプログラム適用時には2,138/円×24回(総額51,344円)となります。なお、料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」が用意されていますが、ソフトウェア更新によって5Gに対応する前でもこれらの料金プランが適用されるとのこと。

なお、ドコモオンラインショップでは通常カラーのブルーおよびグレー、ブラック、ピンクについては11月9日(月)10時に購入手続きが開始され、発売日の11月12日以降に順次お届けとなっているほか、ドコモオンラインショップ限定カラーとなるパープルについては予約受付を実施せず、発売日の11月12日10時に販売(購入手続き)が開始されるということです。

さらに『「Xperia 5 II SO-52A」購入キャンペーン』が実施され、Xperia 5 II SO-52Aを購入して応募した人全員にもれなく「mora qualitas(高音質ストリーミングサービス)」を追加で無料(90日間)で利用できるクーポンをプレゼントするとのこと。対象販売拠点はすべての取扱店。購入期間は2021年1月31日(日)まで。詳細はキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/mora_20autumn/ )をご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。