S-MAX

SO-53B

ソニーの5Gスマホ「Xperia 5 III」が11月12日発売!価格はNTTドコモ版SO-53Bが11万3256円、au版SOG05が12万1405円、SoftBank版が13万7520円


5G対応の新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 III」が日本で11月12日に発売!NTTドコモとau、SoftBankから

ソニーの新しい5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III」がいよいよ日本にも販売開始されます。NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは4日、それぞれNTTドコモにて「Xperia 5 III SO-53B」、auにて「Xperia 5 III SOG05」、SoftBankにて「Xperia 5 III」を2021年11月12日(金)に発売すると発表しました。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、ソフトバンクショップ、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店・SoftBank取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などで、すでにNTTドコモとauでは事前予約受付を実施しているほか、SoftBankでも11月5日(金)に事前予約受付を開始するということです。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモではドコモオンラインショップなどの直営店で本体価格113,256円となっており、端末購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象なので特典を利用した場合の実質負担額は2,972円/月×23回(総額68,376円)となります(残価44,880円、早期利用特典500円/月)。また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」で22,000円が割り引かれます。

またNTTドコモでは「Xperia 5 III SO-53B」事前予約・購入キャンペーンを実施し、Xperia 5 III SO-53Bと純正カバーを2022年1月16日(日)までに購入して2022年1月23日(日)までに対象機種にプリインストールされているXperia Lounge Japanアプリで必要情報を入力して応募するとdポイント3,000ポイントプレゼントするとのこと。なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って11月10日(水)10時に購入手続きを開始し、発売日より順次お届けとなっています。

一方、auではau Online Shopなどの直営店で本体価格が121,405円で、同じく端末購入施策「スマホトクするプログラム」の対象なので24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は2,915円×23回 (総額67,045円)となり(残価54,360円)、機種変更では「5G機種変更おトク割」で11月30日(火)までは11,000円割引(au Online Shopでは11,000円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

さらにソニーマーケティングとauが共同で「Xperia 5 III オンライン限定キャンペーン」を実施し、Xperia 5 III SOG05を2022年1月10日(月)までにau Online Shopで購入してキャンペーンWebページ( https://xperia.sony.jp/campaign/au_2021autumnonline/ )から応募した場合にもれなくソニーポイント5,000円相当(不課税)がプレゼントされます。

SoftBankではソフトバンクオンラインショップなどの直営店で本体価格が137,520円となっており、端末購入施策「トクするサポート+」の特典適用時は実質負担額2,865円/月×24回(総額68,760円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップやソフトバンク電話店ではキャンペーン「【オンライン限定】web割」によってMNPなら21,600円割引となります。

またSoftBankでもソニーマーケティングとSoftBankが共同でSoftBank版のXperia 5 IIIを2021年12月31日(金)までに購入して2022年1月7日(金)までにキャンペーンWebページ( https://xperia.sony.jp/campaign/sb_paypay_2021autumn/ )から応募した場合にもれなく8,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。その他、日本で販売される各社のXperia 5 IIIはソニーマーケティングが実施する「Xperiaで好きを極める!体験クーポンプレゼントキャンペーン」( https://xperia.sony.jp/campaign/taiken-present/ )の対象となっています。

続きを読む

NTTドコモが5Gスマホ「Xperia 5 III SO-53B」と「arrows We F-51B」の正式価格を案内!11万3256円(実質6万8376円)と2万1450円


ドコモオンラインショップにおけるXperia 5 IIIとarrows Weの価格が案内!

NTTドコモは19日、今冬から来春にかけて発売する「2021-2022冬春モデル」のうちの5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III SO-53B」(ソニー製)および「arrows We F-51B」(FCNT製)の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」における価格(金額はすべて税込)を決定したとお知らせしています。

同社ではこれまでもドコモオンラインショップにおける予価としてXperia 5 III SO-53Bを113,256円、arrows We F-51Bを21,450円としていましたが、今回、改めてドコモオンラインショップにおける正式な価格が案内され、正式価格も予価通りにXperia 5 III SO-53Bを113,256円、arrows We F-51Bを21,450円となっています。

またXperia 5 III SO-53Bについては残価設定方式の販売購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、24回払いで購入する場合に残価(24回目支払額)が44,880円に設定されているため、特典を利用した場合の実質負担額は2,972円/月×23回(総額68,376円)となります。早期利用特典は500円/月。なお、arrows We F-51Bはいつでもカエドキプログラムの対象外です。

続きを読む

全方位に強いオールラウンド性能!幅68mmで持ちやすいソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia 5 III SO-53B」を写真と動画で紹介【レポート】


ソニーの5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 5 III」をファーストインプレッション!

既報通り、NTTドコモが「2021-2022冬春モデル」として5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III SO-53B」(ソニー製)を発表しました。販路はドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのドコモ取扱店すべてで、すでに9月30日より事前予約受付を開始しており、11月中旬以降の発売を予定しています。

価格は未定ですが、ドコモオンラインショップでは113,256円で残価設定方式の端末購入施策「いつでもカエドキプログラム」における残価が44,880円となる見込みだということです。ただし、価格は最終決定ではないため、変更される場合があるとし、正式な価格と発売日は後日案内される予定となっています。

本機はソニーが4月にグローバルモデルとして発表した同社のフラッグシップモデル「Xperia 5 III」のNTTドコモ版です。ソニーでは現在、フラッグシップスマホとして大型の「Xperia 1」シリーズと標準的なサイズの「Xperia 5 」シリーズを2系統並列して開発を行っていますが、今回はそのXperia 5シリーズにおける最新機種となります。

フラッグシップモデルというと超高性能な代わりに大柄な筐体サイズで重いという印象がありますが、本機はまさにそのイメージを払拭する「標準サイズ」のフラッグシップとなり、持ちやすい幅68mmに大型の「Xperia 1 III」と同じく可変式望遠レンズやリアカメラの3眼すべてにデュアルフォトダイオードセンサーを採用して高速・高精度・高追従なコンティニュアスAFを実現するなどしています。

今回、NTTドコモでは10月6日にメディア向けに新商品を説明する「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」をオンラインにて開催し、併せて都内にてタッチ&トライが開催され、筆者も参加して実機にXperia 5 III SO-53Bに触れる機会を得ましたので、写真とともにその魅力をご紹介します。

続きを読む

ソニー、5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 5 III」を日本向けに発表!NTTドコモやau、SoftBankから11月中旬に発売予定。FeliCaに対応


新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 III」がdocomoとau、SoftBankから登場!

ソニーは30日、同社がグローバル市場向けに今年4月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III(エクスペリア・ファイブ・マークスリー)」を日本でも発売すると発表しています。

合わせて移動体通信事業者(MNO)のNTTドコモが「Xperia 5 III SO-53B」を、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」から「Xperia 5 III SOG05」を、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」から「Xperia 5 III」をそれぞれ2021年11月中旬以降に発売すると案内しています。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、ソフトバンクショップ、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店・SoftBank取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などで、NTTドコモとauではすでに9月30日(木)10時より事前予約受付を開始しています。

なお、SoftBankでも後日、事前予約受付を実施する予定とのこと。また各社ともに価格については後日お知らせするとしています。NTTドコモおよびau、SoftBankから販売される日本市場向けXperia 5 IIIについては各機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、販売時にSIMロックはかかっておらず、SIMフリー製品となっています。

また発売を記念してソニーマーケティングが「Xperiaで好きを極める!体験クーポンプレゼントキャンペーン」( https://xperia.sony.jp/campaign/taiken-present/ )を実施し、NTTドコモおよびau、SoftBankのXperia 5 IIIもしくは「Xperia 1 III」、「Xperia 5 II」、「Xperia 1 II」を2022年1月10日(月)までに購入して2022年1月17日(月)10時までに応募した人にもれなく3つの特典をプレゼントします。

特典は画像処理サービス「Adobe Lightroom」の2か月間無料クーポンおよび音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の3か月間無料クーポン、ゲーム「Call of Duty:Mobie」の5,000円相当ゲーム内ポイントとなっています。キャンペーンは対象機種を購入後に製品にプリインストールされているアプリ「Xperia Lounge Japan」で必要情報を入力して応募します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。