S-MAX

Unihertz

ごっついアイツがスリムに!?物理QWERTYキーボード搭載の新スマホ「Unihertz Titan Slim」を入手!まず外観や基本機能などを紹介【レビュー】


物理QWERTYキーボードスマホの灯は消えず!Unihertzの新作スマホ「Titan Slim」をじっくり紹介

既報通り、Unihertzが開発しているパソコンなどのキーボードで採用されているQWERTY配列の物理キーボードを搭載したスマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」シリーズの新モデル「Unihertz Titan Slim」の一般販売を開始しています。

一般販売は同社の公式Webサイト( https://www.unihertz.com/ja-jp/collections/all-products/products/titan-slim )のほか、日本では大手Webストア「Amazon.co.jp」にて行われており、価格はAmazon.co.jpでは45,999円(税込)、公式Webサイトでは329.99ドル(為替レート1ドル140円換算で約46,200円)となっています。

これまでのUnihertz TitanシリーズはQWERTYキーボード以外にもタフネスボディーと正方形ディスプレイが特徴でありましたが、今回のUnihertz itan Slimは特に防水・防塵・耐衝撃に関する記述がなく、画面も正方形から一般的なスマホに近い長方形に変更されており、過去にTCLが「BlackBerry」からブランドライセンスを取得して発売した「BlackBerry KEY2」(BlackBerry KEY2 LE含む)を想起するような外観となっています。

そんなUnihertz Titan Slimですが、Unihertzの他の製品と同様に一般販売前にクラウドファンディングで開発資金を募っており、筆者も出資していたため、先日、そのクラウドファンディングでのリワード品としてのUnihertz Titan Slimが届いていましたので、今回から前後編に分けて実機でのレビューをお送りいたします。

まずレビュー前編となる本記事ではパッケージ(箱)を開封し、同梱品や外観を写真を交えて紹介し、さらにスペックやプリインストールアプリなどの基本機能についても解説していきたいと思います。

続きを読む

Unihertz、QWERTYキーボードや4.2インチ縦長液晶を搭載したAndroidスマホ「Titan Slim」を日本のAmazonで販売開始!価格は4万5999円


QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「Unihertz Titan Slim」がAmazon.co.jpで販売開始!

Unihertz(ユニハーツ)が今年5月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていたQWERTYキーボードを搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan Slim」を大手Webストア「Amazon.co.jp」にて販売開始しています。価格は45,999円(税込)。

Unihertz Titan SlimはKickstarterで出資した人へのリワード(返礼品)としては今年7月より順次出荷し、その後、今年8月15日より同社の公式Webサイトにて一般販売を行っていましたが、新たにAmazon.co.jpでも販売開始されました。なお、公式Webサイトにおける一般販売での価格は329.99ドル(約45,000円)。

続きを読む

Unihertz、背面ディスプレイ搭載の新スマホ「TickTock-E」の投入を予告!2022年9月発売で、より薄く軽くお手頃価格に。日本でも発売予定


背面ディスプレイ搭載スマホ「Unihertz TickTock-E」が登場!

Uhihertz(ユニハーツ)は26日、同社が展開する背面ディスプレイを搭載した「Unihertz TickTock」シリーズの新機種「Unihertz TickTock-E」の投入を予告しています。2022年9月に発売されるとし、現在は通常価格から30ドルを割り引くEarly Bird特典の申し込みを受け付けているほか、Facebookグループが開始されています。

なお、TickTock-Eはすでに紹介しているように米連邦通信委員会(FCC)に加え、日本向けの工事設計認証(いわゆる「技適」)もモデル名「UNIA62_S01」として通過しており、日本向けにも販売されると見られます。スペックは明らかにされていませんが、TickTockに比べて薄く軽くお手頃価格になっているということです。

続きを読む

Unihertz、QWERTYキーボード搭載スマホ「Titan Slim」の一般販売を公式Webストアで開始!8月15日より順次発送で予約受付中


QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「Unihertz Titan」の一般販売の予約がスタート!

Unihertz(ユニハーツ)は26日(現地時間)、同社のQWERTYキーボードを搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan Slim」の一般販売を公式Webサイトにて行うとお知らせしています。まずは発売に先立って一般販売の予約受付を2022年7月26日(火)より実施しています。

予約注文をした場合には2022年8月15日(月)から順次発送となるとのこと。価格は通常329.99ドル(約44,000円)のところを10ドルOFFの319.99ドル(約42,000円)となっており、日本向けの認証(いわゆる「技適」)も取得していて日本にも発送可能となっています。

なお、Unihertz Titan Slimは今年5月よりクラウドファンディングサイト「KickStarter」にて出資を募り、その後に目標を達成しており、当初の予定では2022年9月よりリワードとして発送されることになっていましたが、大幅に早まってすでに発送されています。そうしたこともあり、今回、一般販売も開始されることになりました。

KickStarterではSuper Early Birdが189ドル、Early Birdが209ドル、KS Specialが229ドル、KS VIPが249ドルでしたので、さすがに一般販売は発送時期はあまり変わらないものの、価格が高くなっています。その他、同社の製品は日本ではこれまで総合オンラインストア「Amazon.co.jp」などで販売されているため、Unihertz Titan Slimも同様の流れになると思われます。

続きを読む

Unihertz、超小型スマホ「Jelly 2」のFeliCa対応日本版にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


超小型スマホ「Unihertz Jelly 2」がAndroid 11に!

Unihertz(ユニハーツ)は23日(現地時間)、同社が2020年7月よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにて資金募集をしていた超小型スマートフォン(スマホ)「Jelly 2」の日本向け製品に対してより新しいプラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新をまもなく提供開始するとお知らせしています。

その後、筆者の手持ちのJelly 2では更新が可能となっています。更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新は「設定」→「端末情報」→「ワイヤレスアップデート」から行い、更新ファイルサイズは約1.72GBと大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されます。主な変更点は以下の通り。

1. Android 11アップグレード
2. セキュリティパッチ2022-01-05へアップデート
3. 一部のBluetooth問題を修復しました
4. Track Back APPを削除しました
5. USBカメラは対応可能になりました
6. 新たなプログラマブルキー機能が追加されました (シンボル&メディアキー)
7. 指紋バイブ設定が追加されました(Settings-Smart Assistant-More Settings-Fingerprint Vibration)
8. メニューインタフェースレイアウトが切替可能になりました:Home settings-Menu mode switching
9. UniBuds TWS Bluetoothイヤホンに対応しました


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。