S-MAX

WearOS

Google、新機能「Pixel Feature Drop」の2022年12月分を提供開始!Pixelスマホではこれまでで最大、Pixel Watchは初。Pixel 4a以降で利用可能


GoogleがPixelスマホやPixel Watch向け新機能「Feature Drop」の2022年12月分を提供開始!

Googleは5日(現地時間)、同社が開発・販売する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)やスマートウォッチに提供する新機能「Pixel Feature Drop」( http://g.co/pixel/updates )の第10弾を提供開始したとお知らせしています。おおよそ3ヶ月ごとにリリースおよび案内されるPixel feature dropsですが、今年6月に案内された第8弾に続いてとなります。なお、9月は「Android 13」の正式版がリリースされたこともあって飛ばされました。

第10弾ではPixelスマホとしてはこれまでで最大のアップデートとなったほか、スマートウォッチ「Pixel Watch」としては初めての提供となっており、内容としてはすでに予告されていた最新フラッグシップスマホ「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」向けにVPNサービス「VPN by Google One」を追加料金(無料)え使えるようにしたほか、さまざまな新機能が追加されています。

例えば、セキュリティーとプライバシーが統合されて1カ所で確認・設定できるようになっていたり、通話時にバックグラウンドノイズを低減して相手の声がはっきりと聞こえる「Clear Calling」が追加されたり、音声録音アプリ「レコーダー」にてラベルが自動的に付けられるようになったり、自動車のデジタルキーにてロックやロック解除ができるようになったりしています。

またPixel WatchではFitbitプレミアムの睡眠分析が利用できるようになるとのこと。なお、これらのPixel Feature Dropはソフトウェア更新や各アプリの更新によって順次提供され、Pixelスマホではすでにネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が提供開始されており、更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.221205.011.B1」、イギリスのO2向けのPixel 6aおよびPixel 7、Pixel 7 Proが「TQ1A.221205.012」、それ以外が「TQ1A.221205.011」となっています。

続きを読む

WearOS搭載でSuica対応の新スマートウォッチ「Google Pixel Watch」のデバイス名「名 の 〜」の変更方法を紹介!まさかのWatchアプリからはできず


Pixel Watchのデバイス名の変更方法を紹介!

既報通り、Googleが展開する「Made by Google」の新製品として初のスマートウォッチ「Pixel Watch」が日本を含む1次販売国・地域では2022年10月13日(木)に発売されました。日本で販売される製品は非接触IC機能「FeliCa」を搭載し、電子マネー/かざす決済「Suica」に対応しており、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellular(4G LTE)モデルがラインナップされています。

販路はグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」のほか、Wi-Fi+CellularモデルはKDDI・沖縄セルラー電話(au)とソフトバンクからも販売され、Wi-FiモデルはAmazon.co.jpやエディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、楽天ブックス、ヨドバシカメラ、ヤマダデンキといった量販店やECサイトとなっています。

価格(金額はすべて税込)はすでに紹介しているようにGoogle ストアではWi-Fiモデルが39,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが47,800円となっており、サイズはなく色はChampagne Goldケース+HazelアクティブバンドとMatte Blackケース+Obsidianアクティブバンド、Polished Silverケース+Charcoalアクティブバンド、Polished Silverケース+Chalkアクティブバンドが販売されます。

そんなPixel Watchですが、筆者もGoogle ストアにて購入し、発売日に届いていて初期設定などのセットアップはすぐにしたものの、なかなかその後にじっくりと利用する時間が取れなかったので、まずは少しずつ簡単なことから紹介していければと思い、今回から複数回に渡ってPixel Watchの紹介をしていきたいと思います。まずは気になったデバイス名(名前)を変更する方法を紹介します。

続きを読む

スマートウォッチ向けプラットフォーム「Wear OS」にて決済サービス「Google Pay」が日本でも利用可能へ!Play 開発者サービスv36.22で


日本のGoogle PayがWear OSで近く利用可能に!Google サービス アップデートで対応

Googleは8日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」やスマートウォッチ向けプラットフォーム「Wear OS」などで利用している「Goole Play 開発者サービス」や「Google Play ストア」などのソフトウェア更新「Google サービス アップデート」の2022年9月分を公開しています。

2022年9月分ではGoole Play 開発者サービスアプリが2022年9月8日(木)より順次v36.22に、Google Play ストアアプリが2022年9月12日(月)より順次v32.3に更新されるとのこと。これにより、Wear OSにおけるGoogle Playストアが刷新されてオススメのアプリが見つけやすくなるほか、日本において決済サービス「Google Pay」がWear OSで利用できるようになります。

なお、現時点において日本にてWear OS搭載機でGoogle Payが利用できるようになる製品は不明ですが、スマホなどと同様にNFC Type A/Bに対応していれば「Visaのタッチ決済」と「Mastercardコンタクトレス」、FeliCaに対応していれば「Suica」や「PASMO」、「楽天Edy」、「nanaco」、「WAON」、「iD」、「QUICPay」が利用できるのだと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。