S-MAX

Xperia

赤あり〼!ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia 1 VI」のメーカー版「XQ-EC44」を購入。開封して外観や同梱品、基本機能を紹介【レビュー】


メーカーモデルだけの特別カラー「スカーレット」!「Xperia1 VI」のレビュー開始!

既報通り、ソニーが展開する「Xperia」ブランドの新商品として5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 VI」を発表しました。合わせて同社は日本においてXperia 1 VIをオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Xperia 1 VI(型番:XQ-EC44)」を2024年6月21日(金)より順次発売すると案内しました。

Xperia 1 VI XQ-EC44は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なる2つのモデルがラインナップされており、12GB RAM+256GBストレージモデルおよび12GB RAM+512GBストレージモデルが6月21日に発売され、16GB RAM+512GBストレージモデルは2024年8月23日(金)に発売されます。本体色は12GB RAM+256GBストレージモデルおよび12GB RAM+512GBストレージモデルがブラック、カーキグリーン、プラチナシルバー、スカーレットの4色、16GB RAM+512GBストレージモデルがブラック、カーキグリーンの2色となります。

販路はソニーマーケティングが運営するソニーの公式Webショップ「ソニーストア」のほか、量販店やECサイトなどで、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびソニーストアでは12GB RAM+256GBストレージモデルが189,200円、12GB RAM+512GBストレージモデルが204,600円、16GB RAM+512GBストレージモデルが218,900円となっています。

なお、Xperia 1 VIは日本ではメーカー版以外にもNTTドコモにて「Xperia VI SO-51E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」にて「Xperia 1 VI(型番:SOG13)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」にて「Xperia 1 VI(型番:A401SO)」がそれぞれ6月7日(金)より販売されていますが、これらの製品はともに12GB RAM+256GBストレージモデルのブラックおよびプラチナシルバーとなっており、メーカー版では12GB RAM+512GBストレージモデルと16GB RAM+512GBストレージモデルがあるほか、本体色もカーキグリーンとスカーレットがラインナップされています。

そんな待望のXperiaのフラグシップスマホとして登場したXperia1 VIですが、最新のQualcomm製最ハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 8 Gen 3 Mobile Platform」を採用するほか、高品位なオーディオ機能やハイエンドスマホでは搭載されることの少なくなったイヤホンジャックや外部ストレージスロットを搭載するなど、高い基本性能と汎用性を備えており、何よりもメーカー版だけの限定カラーとしてスカーレット(赤系)とカーキグリーン(緑系)の2色がラインアップされているのです。

筆者はこれまでにも何度も赤いガジェットが大好きなことを紹介してきましたが、今シーズンは筆者の心を染め上げるような赤いガジェットが他になく、飢えていたところに今回のXperia 1 VIの限定色となる素晴らしい赤いスカーレットが販売されるということで、当然のように飛びついて自腹にて購入しました。なお、購入したのは中位の12GB RAM+512GBストレージモデルのスカーレットとなります(残念ながら上位の16GB RAM+512GBストレージモデルにはスカーレットがなく、かつ発売日が遅いので見送りに)。

全額自腹を切って発売日にXperiaを買ったのは本当に久しぶりなのですが、せっかく購入しましたので、今回から前後編に分けて心たぎる赤っぷりの美しいXperia1 VIのレビューをお送りしたいと思います。まず前編となる今回はその赤っぷりを中心とした外観に加え、開封して同梱品やホーム画面、プリインストールアプリなどの基本機能を紹介していきたいと思います。

続きを読む

ソニーがXperiaの新商品を日本時間5月15日16時に発表!次期フラッグシップスマホ「Xperia 1 VI」や次期スタンダードスマホ「Xperia 10 VI」が発表へ


SonyがXperiaシリーズの新商品を5月15日に発表へ!

ソニーは7日、同社が展開する「Xperia」ブランドの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて新商品発表「Next ONE is coming...」の告知を行っています。日本時間(JST)の2024年5月15日(水)16:00よりXperiaシリーズの新製品が発表されるとのこと。

詳細は明らかにされていませんが、ティザーでは「Zoom into wonder(脅威のズーム)」と紹介されており、カメラのズーム機能が強化されていることが示唆されており、この「ONE」が「Xperia 1」シリーズを示しているとすれば、恐らく次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 VI」(仮称)が発表され、このXperia 1 VIではさらにカメラ機能がより強化されているということだと思われます。

その他にも同時に発表されるかは不明ですが、例年であれば、次期スタンダードスマホ「Xperia 10 VI」(仮称)も登場するのではないかと思われます。なお、発表会は日本時間のほか、台湾および香港の中国標準時(CST)やイギリスの西ヨーロッパ夏時間(WEST)、米国東部夏時間(EDT)、米国西部夏時間(PDT)でも案内されており、これらの国・地域でも新製品が展開される可能性はありそうです。

続きを読む

NTTドコモ、スタンダードスマホ「Xperia 10 V SO-52D」(Fun Edition含む)を2万1010円値下げで5万8850円に!割引&返却で実質1万6522円から


docomoスマホ「Xperia 10 V SO-52D」と「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」が値下げ!

NTTドコモは24日、同社が販売している5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 V SO-52D」および「Xperia 10 V Fun Edition SO-52D」(ともにSony製)の価格(金額はすべて税込)について公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店にて2024年4月26日(金)に改定するとお知らせしています。

これにより、Xperia 10 V SO-52DおよびXperia 10 V Fun Edition SO-52Dの価格はこれまで79,860円(分割では2,588円/月×23回+20,328円)でしたが、21,010円値下げされて58,850円(分割では1,674円/月×23回+20,328円)となり、残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」によって23カ月目までに返却すれば残価(24回目支払額)が免除されて実質負担額1,674円/月×23回(総額38,522円)となります。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」によって22,000円割引となるため、いつでもカエドキプログラムと併用すると実質負担額718円/月×23回(総額16,522円)となります。なお、ドコモオンラインショップでは新規契約や機種変更・契約変更では割引はなく、いつでもカエドキプログラムの早期利用特典は300円/月となっています。

続きを読む

ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催!誰でも応募できて抽選で100人が参加可能。次期スマホ「Xperia 1 VI」なども体験可能か


ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催!

ソニーは17日、同社が展開している「Xperia」ブランドの開発者が最新機能をリアルで紹介したり実際に商品を体験できるイベント「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を2024年5月17日(金)19:00〜21:30まで開催するとお知らせしています。イベントはソニーマーケティングが運営するソニーの公式Webショップ「ソニーストア」などで利用するアカウントサービス「My Sony ID」(新規登録無料)を持っている人なら誰でも応募でき、抽選で100人が参加できるとのこと。

場所は天王洲アイル 寺田倉庫 B&C HALL(東京・品川)で、参加費は無料ですが、交通費は自己負担となっており、応募期間は2024年4月17日(水)〜4月30日(火)23:59まで。当選した人には2024年5月9日(木)13:00〜5月10日(金)23:59までにMy Sony IDに登録しているメールアドレスに連絡するとし、参加時には当選メール画面もしくは当選メールをプリントアウトして受付に提示する必要があるということです。なお、未成年者の場合は必ず保護者の同伴が必要で、未成年者同伴の保護者除いて参加者は当選者本人(1人)のみとなっています。

また当日の様子は写真・動画撮影を行いソニーのSNSアカウントや公式Webサイトで公開する予定で、その際に参加者が写真・動画などに映り込む可能性があるため、予め了承かつ応募と同時に承諾することになるとしています。一方、参加者もイベント時にXperiaの商品体験ができ、その際にその商品で写真・動画を撮影して撮影したデータを持参したmicroSDカードに保存して持ち帰ることが可能となっています。

その他、特に体験できる商品については明記されていませんが、時期的には次期スマホ「Xperia 1 VI」や「Xperia 10 VI」(ともに仮称)などが発表されているタイミングの可能性が高く、その場合にはそれらの新商品が体験できると思われます。そのため、イベントの注記にも「体験いただく端末は実際の商品とは異なる可能性がありますのでご了承ください。」とあり、まだ発売されていない商品の体験ができることを匂わせています。

続きを読む

Xperiaリペアコーナーがドコモショップ恵比寿店に4月15日オープン!Xperia初のデータ初期化不要&最短60分で完了する店頭即時修理が可能に


ドコモショップ恵比寿に初の「Xperiaリペアコーナー」が4月15日に開設!

NTTドコモは5日、同社が販売するSonyの「Xperia」ブランドにおける一部機種についてデータ初期化不要かつ最短60分で完了する店頭即時修理サービスを提供する「Xperiaリペアコーナー」をドコモショップ恵比寿店に2024年4月15日(月)より開設するとお知らせしています。なお、定休日はドコモショップの営業体制とは異なり、毎週火曜・水曜とのこと。

対応機種はサービス開示点では「Xperia Ace II SO-41B」および「Xperia 10 III SO-52B」、「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」、「Xperia 10 V SO-52D」となっており、Xperia 1シリーズやXperia 5シリーズは含まれず、NTTドコモの正規店にて購入した製品が修理対象となります。

なお、来店の際にはドコモショップの公式Webページにて来店予約が可能で、各店舗予約Webページの「Xperia限定 店頭修理」より予約するようになっています。ただし、予約をした場合でも部品の在庫確保を約束するものではなく、各店舗の修理部品在庫状況によって修理の対応できない場合があるということなのでご注意ください。また来店時に修理依頼品と本人確認書類を持参する必要があります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。