S-MAX

iPadOS14

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.4」や「iPadOS 14.4」を提供開始!日本ではApple Watchの心電図に対応


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.4とiPadOS 14.4をリリース!

Appleは26日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.4(18D52)」および「iPadOS 14.4(18D52)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はより小さなQRコードを認識可能になったほか、その他の機能の追加、そしてバグや脆弱性の修正が行なわれています。対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他にもtvOS 14.4やwatchOS 7.3などがリリースされており、事前の告知通りに日本ではApple Watchシリーズにて心電図測定などに対応しています。

また同社では2月を「黒人歴史月間(Black History Month)」としてApp Store、Apple Music、Apple TVアプリなどにて黒人の開発者やアーティストなどによるさまざまなコンテンツが配信され、例えば、Apple Musicではジャズ、ブルース、R&B、ヒップホップ、ソウルなどで注目すべきアーティストを取り上げるとのこと。

さらに「Apple Watch Series 6」の限定モデル「Apple Watch Series 6 Black Unity Collection」が2月1日にアメリカなどの38カ国・地域にて発売され、アメリカでの価格はGPSモデルが399ドル(約41,000円)、GPS+Cellularモデルが499ドル(約52,000円)となっており、Unity watch faceはwatchOS 7.3に含まれているということです。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.3」や「iPadOS 14.3」を提供開始!ProRAWやFitness+やAirPods Maxに対応など


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.3とiPadOS 14.3をリリース!

Appleは14日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.3(18C66)」および「iPadOS 14.3(18C66)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は「iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 Pro Max」にてProRAWの写真撮影に対応したほか、フィットネスサービス「Apple Fitness+」やワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」に対応し、さらに「App Store」へのプライバシー情報の導入、その他の機能の追加、そしてバグや脆弱性の修正が行なわれています。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他にもtvOS 14.3やwatchOS 7.2、iOS 12.5、macOS 11.1 Big Surなどがリリースされています。

続きを読む

NTTドコモ、iOS 14・iPadOS 14以降にメールアプリでアドレスに「..」や「.@」が含まれる@docomo.ne.jpメールが送信できない事象を案内


RFC違反のメールアドレスがiOS 14・iPadOS 14では送信不可に!ドコモメールで注意・対策が案内

NTTドコモがiPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14」および「iPadOS 14」以降において「メール」アプリに設定したドコモメール(「@docomo.ne.jp」ドメイン)にて送信できなくなる事象を確認しているとお知らせしています。

原因は利用しているメールアドレス内に2連続のドット「..」が含まれていたり、アットマーク(@)の前にドット「.@」が含まれている場合にRFC違反となるためとしており、送信できなくなってしまった場合にはメールアドレスを変更するか、プロファイルの更新を実施する必要があるということです。

プロファイルの更新は「プロファイルの更新を行う」から行い、iOS 14・iPadOS 14未満の場合は利用する必要はなく、誤って更新を行ってしまった場合はこちらから再ダウンロードおよび更新を行うよう案内しています。

なお、プロファイルをiOS 14・iPadOS 14以降のものに更新した際には受信者が利用するメールアプリによっては通常「abc.@docomo.ne.jp」というメールアドレスの場合に「"abc."@docomo.ne.jp」と見える場合があるほか、相手の迷惑メールの設定によっては送信したメールが相手に届かない可能性があるとのこと。

またプロファイルのダウンロードはdアカウント利用設定が「利用する」に設定されている必要があり、プロファイルがダウンロードできない場合は無線LAN(Wi-Fi)をOFFにして「My docom」から「メール設定」→「メール設定(迷惑メール/SMS対策など)」→「dアカウント利用設定の確認/変更」にて「利用する」にします。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.2」や「iPadOS 14.2」を提供開始!インターコム対応などの新機能や不具合修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.2とiPadOS 14.2をリリース!

Appleは5日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.2(18B92)」および「iPadOS 14.2(18B92)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は新機能として100種類以上の新しい絵文字やライトモードとダークモードの両方のバージョンでデザインされた8枚の新しい壁紙の追加に加え、拡大鏡で近くにいる人を検知してLiDARセンサーで距離を通知したり、MagSafe対応iPhone 12レザースリーブに対応したり、iPhoneなどでインターコムに対応したりしています。

また接触通知機能の改善やカメラを起動すると真っ暗となる場合がある問題、パスコードを入力しようとしたときにキーボードが反応しない問題などのさまざまな不具合や脆弱性を修正しているということです。なお、CVEで公開されているセキュリティー問題の修正はこちらをご確認ください。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他にもtvOS 14.2やwatchOS 7.1、iOS 12.4.9などがリリースされています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.1」や「iPadOS 14.1」を提供開始!10bit HDR動画の再生・編集対応や不具合修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.1とiPadOS 14.1をリリース!

Appleは20日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.1(18A8395)」および「iPadOS 14.1(18A8395)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は新機能としてiPhone 8以降やiPad Proなどにて10bit HDRビデオの再生と編集に対応したほか、ホーム画面に縮小表示されていた問題や一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題などのさまざまな不具合や脆弱性を修正しているということです。なお、同社の公式Webページではこのソフトウェア更新にはCVEで公開されているセキュリティー問題の修正は含まれないとされています。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。