AppleがiPhoneなど向けiOS 14.8.1とiPadOS 14.8.1をリリース!

Appleは26日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の前バージョン「iOS 14」および「iPadOS 14」におけるセキュリティーアップデート「iOS 14.8.1」および「iPadOS 14.8.1」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は重要なセキュリティアップデートが含まれているとし、iOS 15およびiPadOS 15にアップグレードしていない場合のすべての利用者に更新が推奨されており、AudioやColorSync、Camera、GPU Drivers、Kernel、Sidecar、Voice Control、WebKitなどにて悪意のあるアプリが特権を昇格させる可能性があるなどに対処しているとのこと。

具体的には「CVE-2021-30907」および「CVE-2021-30917」、「CVE-2021-30903」、「CVE-2021-30919」、「CVE-2021-30900」、「CVE-2021-30883」、「CVE-2021-30909」、「CVE-2021-30916」、「CVE-2021-30903」、「CVE-2021-30918」、「CVE-2021-30902」、「CVE-2021-30888」といった複数の脆弱性が修正されています。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である「iPhone 12」シリーズや「新しいiPad Pro」(12.9インチ第5世代と11インチ第3世代)を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

02

iPhoneやiPod touch向けのiOS、iPad向けのiPadOSの最新メジャーバージョンとして今年9月に提供が開始された「iOS 15」および「iPadOS 15」では新たに既存製品においてiOS 14およびiPadOS 14のままでセキュリティーアップデートが提供されることになっており、今回、iOS 15およびiPadOS 15のリリース後の初のセキュリティーアップデートとしてiOS 14.8.1およびiPadOS 14.8.1が提供開始されました。

Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。更新は従来通り各製品本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行え、ダウンロードサイズは手持ちのiPhone 11 Pro Maxで187.8MBとなっていました。またiTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。

iOS 14.8.1
このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれています。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iPadOS 14.8.1
このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222











記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iOS 14 関連記事一覧 - S-MAX
iPadOS 14 関連記事一覧 - S-MAX
iOS 14.8.1 のアップデートについて - Apple サポート (日本)
iPadOS 14 のアップデートについて - Apple サポート (日本)
iOS 14.8.1 および iPadOS 14.8.1 のセキュリティコンテンツについて - Apple サポート (日本)
Apple セキュリティアップデート - Apple サポート (日本)