AppleがiPhoneなど向けiOS 14.4.1とiPadOS 14.4.1をリリース!

Appleは8日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.4.1(18D61)」および「iPadOS 14.4.1(18D61)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は重要なセキュリティーアップデートが含まれているとしており、中でも悪意を持って作成されたWebページを表示すると、任意のコードが実行される可能性があるWebKitの脆弱性「CVE-2021-1844」が修正され、メモリー破損の問題が解決されているため、すべての対象製品に適用することが推奨されています。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 12」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。その他にもwatchOS 7.3.2やmacOS Big Sur 11.2.3などもリリースされています。

02

iPhoneやiPod touch向けのiOS、iPad向けのiPadOSの最新メジャーバージョンとして9月16日に提供が開始されたiOS 14およびiPadOS 14ですが、その後、10bit HDRビデオの再生と編集に対応したiOS 14.1およびiPadOS 14.1、HomePodのインターコム機能にiPhoneやiPadなどが対応したiOS 14.2およびiPadOS 14.2、ProRAWやApple Fitness+などに対応するiOS 14.3およびiPadOS 14.3、日本にてApple Watchによる心電図が測定できるようになったiOS 14.4およびiPadOS 14.4が提供されていました。

今回、新たに重要なセキュリティーアップデートを行うiOS 14.4.1およびiPadOS 14.4.1が配信開始されました。更新は従来通り各製品本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。またiTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。

なお、単体でアップデートする場合のダウンロードサイズは手持ちのiPhone 12 Pro Maxで143.6MBとファイルサイズはそれほど大きくはありませんが、携帯電話ネットワークのデータ通信量(GB)を減らしたくない場合にはWi-Fiなどを利用しましょう。Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。

iOS 14.4.1
このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。
Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


iPadOS 14.4.1
このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。
Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222












記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iOS 14 関連記事一覧 - S-MAX
iPadOS 14 関連記事一覧 - S-MAX
Apple celebrates Black History Month - Apple
iOS 14.4.1 のアップデートについて - Apple サポート
iPadOS 14.4.1 のアップデートについて - Apple サポート
iOS 14.4.1 および iPadOS 14.4.1 のセキュリティコンテンツについて - Apple サポート
Apple セキュリティアップデート - Apple サポート