S-MAX

iPodtouch

Apple、スマホ向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!iPhone 8以降が対象で正式版が今秋登場。6s・7・初代SEやiPod touchは対象外


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!

Appleは6日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社にて開発者向けイベント「WWDC 2022(Worldwide Developers Conference 2022)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2021は現地時間(PDT)の2022年6月6日(月)から6月10日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 16」を発表し、まったく新しい方法でロック画面をカスタマイズできるほか、より安全かつ簡単なサインイン方法として「パスキー」が追加されたり、顔認証「Face ID」が横向きに対応したり、集中モードやファミリー共有などが機能拡張されたりするということです。

開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種はiOS 15とは異なり、iPhone 8シリーズ以降の19機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっており、iPhone 6sやiPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)、iPod touch(第7世代)は対象外となりました。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.5」や「iPadOS 15.5」を提供開始!Podcastなどの強化と不具合・脆弱性の修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.5とiPadOS 15.5をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.5(19F77)」および「iPadOS 15.5(19F77)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新の「iPhone SE(第3世代)」や「iPhone 13」シリーズ、「iPad Air(第5世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

変更点は「Apple Podcast」アプリやその他の機能が強化されているほか、様々な不具合の改善やセキュリティーの修正が行われており、脆弱性では「CVE-2022-26702」や「CVE-2022-26751」、「CVE-2022-26736〜26740」、「CVE-2022-26763」、「CVE-2022-26744」、「CVE-2022-26711」などの27項目の修正が行われています。

その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.6(19T572)」やスマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS」の最新バージョン「tvOS 15.5(19L570)、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 12.4(21F79)」なども提供開始されています。

続きを読む

Appleがポータブル音楽プレイヤー「iPod touch(第7世代)」を在庫限りで販売終了!iPod登場から約20年でiPodシリーズが終息に


AppleがiPod touchを在庫限りで販売終了!iPodシリーズが終息に

Appleは10日(現地時間)、ポータブル音楽プレイヤー「iPod」シリーズにおける現行機種「iPod touch(第7世代)」について在庫限りで販売を終了すると発表しています。これにより、2001年10月に登場した初代iPodから約20年でiPodシリーズが終了となります。

なお、日本市場においてもすでにAppleの公式WebストアにてiPod touch(第7世代)について「在庫がなくなり次第終了します。」と案内されており、量販店やECサイトでも順次在庫限りで販売が終了となる予定です。価格(金額はすべて税込)は32GBが23,980円、128GBが36,080円、256GBが48,180円。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.4.1」や「iPadOS 15.4.1」を提供開始!電池消費問題などが改善


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.4.1とiPadOS 15.4.1をリリース!

Appleは31日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.4.1(19E258)」および「iPadOS 15.4.1(19E258)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新の「iPhone SE(第3世代)」や「iPhone 13」シリーズ、「iPad Air(第5世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

変更点はiOS 15.4およびiPadOS 15.4においてバッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題などを修正したほか、脆弱性ではアプリがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があるAppleAVDにおける「CVE-2022-22675」への対処が行われたとのこと。なお、同社ではこの脆弱性が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しているとしています。

その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.5.1(19T252)」やスマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS」の最新バージョン「tvOS 15.4.1(19L452)、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 12.3.1(21E258)」も提供開始されています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.4」や「iPadOS 15.4」を提供開始!マスク着用でも顔認証で解除可能に


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.4とiPadOS 15.4をリリース!

Appleは14日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.4(19E241)」および「iPadOS 15.4(19E241)」を提供開始したとお知らせしています。なお、3月18日(金)に発売されるiPhone 13シリーズの新色やiPhone SE(第3世代)、iPad Air(第5世代)はiOS 15.4またはiPadOS 15.4がプリインストールされています。

変更点はiPhone 12シリーズ以降で顔認証「Face ID」にてマスクを着用したまま認証できるようになるほか、新しい絵文字が追加されたり、SharePlayのセッションを対応アプリから直接開始できるオプションが追加されるなどし、iPadではユニバーサルコントロールによって1組のマウスとキーボードでiPadとMacの両方を操作可能になっています。その他、新機能追加および不具合修正、セキュリティー改善なども実施されているとのこと。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である「iPhone 13」シリーズや「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.5(19T242)」やスマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS」の最新バージョン「tvOS 15.4(19L440)」、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 12.3(21E230)」なども提供開始されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。