5095577b.jpg
WiMAX対応GALAXY S IIはAndroid 4.0を得て第2ステージへ!

KDDIは12日、2012年1月にau向けに発売されたモバイルWiMAX対応Androidスマートフォン「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」(サムスン電子製)にAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのOSバージョンアップを行うソフトウェア更新を2012年9月13日(木)から提供開始することをお知らせしています。

これまでAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)で提供されていましたが、Android 4.0へのアップデートが明日から提供開始されるということで、ユーザーにとっては待望のアップデートとなります。

4aa89ebc.png

今回のアップデートでAndroid 4.0にアップデートされるほか、ホーム画面への「auウィジェット」の追加や「安心セキュリティパック」への対応、「Eメール」アプリの改善などの更新が行われます。アップデートはWi-FiやWiMAX、携帯電話回線を用いたオンラインアップデートと、「Samsung Kies 2.0」がインストールされたPCに接続して行う方法の両方が提供されます。

気になる点としては、今回のアップデートによりFlash Playerがプリインストールされなくなることがアナウンスされています。Flash PlayerはすでにGoogle Playでの提供を終了しているため、そのままではOSアップデート後にFlashに対応しないということになります。このあたりは実際にアップデートした後で改めてまとめていきます。

ISW11SCは発売タイミング的にAndroid 4.0の提供が期待されていたので、ユーザーにとっては嬉しいところ。9/13以降、アップデートの様子やアップデート後の使い勝手などをレビューしていきたいと思います。


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
auスマートフォン「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」の「OSアップデート」についてのお知らせ(KDDI)