S-MAX

Android

Androidセキュリティーパッチ2023年1月分が案内!Googleスマホ「Pixel 4a」以降はソフトウェア更新が提供開始。機能改善や不具合修正も


GoogleがAndroid向けセキュリティーパッチ2023年1月分を案内!

Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年1月分を告示しています。合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」シリーズにおいて2023年1月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、今後数週間に渡って順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.230105.001.B1」、オーストラリアのTelstra向けのPixel 7が「TQ1A.230105.001.A3」、Pixel 7 Proが「TQ1A.230105.002.A1」、それ以外の製品では共通してPixel 7 ProとPixel 6aが「Q1A.230105.001.A2」、Pixel 7とPixel 6 Pro、Pixel 6が「TQ1A.230105.002」、Pixel 5a (5G)とPixel 5、Pixel 4a (5G)、Pixel 4aが「TQ1A.230105.001」となっています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、複数の不具合修正や機能改善が含まれており、例えば、Pixel 7 ProとPixel 7ではカメラでズームインすると撮影した写真が破損したり歪んだりすることがある問題や電源をオンにしたときにディスプレイがウェイクアップまたはオフになっているように見えることが時折妨げられる問題などが修正されています。

続きを読む

小ぶりなボディーにハイスペックがギュっと詰まったハイエンドスマホ「ASUS Zenfone 9」を実際に使って気がついたアレコレを紹介【レビュー】


妥協のない性能と扱いやすい小さめなボディが特徴のハイパフォーマンススマホ「Zenfone 9」を実際に使って感じたアレコレを紹介!

ASUS JAPAN(以下、エイスース)が5Gに対応したハイエンドクラスのフラグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」(ASUSTeK Computer製)の日本国内向けの発売(2022年11月4日販売開始)を開始してから一か月半ほどが経過しました。

Zenfone 9はディスプレイサイズが5.9インチ級という、スマートフォンとしては若干小ぶりな本体サイズながら、チップセット(SoC)にQualcomm製ハイエンド向け「Snapdragon 8+ Gen 1」を採用したジャストハンドサイズかつハイエンドが最大の特徴で、その本体サイズを活かした取り回しの良さと非常に快適な操作感は大きなアピールポイントにもなっています。

前回のレビューではプリインストールアプリや同梱品の解説などをお送りしましたが、本記事では筆者が実際に本機をしばらく使って気が付いた点を紹介・解説していこうと思います。

続きを読む

Google、Pixelスマホ向けベータプログラム「Android 13 QPR2 Beta 1」を提供開始!次期「Feature Drop」(2022年3月分)を先に試せる


GoogleがPixel 4a以降に「Android 13 QPR2 Beta 1」を提供開始!

Googleは12日(現地時間)、同社が開発・提供するスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」におけるベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/AndroidBeta )において新たに「Android 13 QPR2 Beta1」を提供開始したとお知らせしています。

対象は「Pixel 4a」および「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 5a」、「Pixel 6」、「Pixe 6 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」となっており、すでにAndroid Beta Programに登録している場合にはネットワーク経由によるソフトウェア更新にてアップデートが可能となっているほか、Factory ImagesやOTA Imagesも公開されています。更新後のビルド番号は「T2B1.221118.006」、セキュリティパッチレベルは「December 2022」、Google Play servicesは「22.39.10」。

その他の具体的な新機能などの変更点は明らかにされていませんが、Android 13 QPRは2023年3月まで継続的に提供されるベータ版となっており、Android 13 QPR2は次の「Pixel Feature Drop」が提供される第11弾(2023年3月提供予定)の内容が先取りされており、同社ではベータプログラムに参加する人には不具合を含めてフィードバックをして欲しいと案内しています。

続きを読む

Androidセキュリティーパッチ2022年12月分が案内!Googleスマホ「Pixel 4a」以降はソフトウェア更新が提供開始。複数の機能改善や不具合修正も


GoogleがAndroid向けセキュリティーパッチ2022年12月分を案内!

Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2022年12月分を告示しています。合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」シリーズにおいて2022年12月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.221205.011.B1」、イギリスのO2向けのPixel 6aおよびPixel 7、Pixel 7 Proが「TQ1A.221205.012」、それ以外の製品では共通して「TQ1A.221205.011」となっています。またすでに紹介しているようにPixel 4a以降では新機能「Pixel Feature Drop」も提供開始されています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、非常に多くの不具合修正や機能改善が含まれており、設定のバッテリー使用量に最後のフル充電以降(最大7日間)の情報が表示されたり、特定のアプリでのメディア再生中にバッテリー使用量が高くなることがある問題や特定の充電器でワイヤレス充電が機能しないことがある問題などが修正されています。

続きを読む

Google、新機能「Pixel Feature Drop」の2022年12月分を提供開始!Pixelスマホではこれまでで最大、Pixel Watchは初。Pixel 4a以降で利用可能


GoogleがPixelスマホやPixel Watch向け新機能「Feature Drop」の2022年12月分を提供開始!

Googleは5日(現地時間)、同社が開発・販売する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)やスマートウォッチに提供する新機能「Pixel Feature Drop」( http://g.co/pixel/updates )の第10弾を提供開始したとお知らせしています。おおよそ3ヶ月ごとにリリースおよび案内されるPixel feature dropsですが、今年6月に案内された第8弾に続いてとなります。なお、9月は「Android 13」の正式版がリリースされたこともあって飛ばされました。

第10弾ではPixelスマホとしてはこれまでで最大のアップデートとなったほか、スマートウォッチ「Pixel Watch」としては初めての提供となっており、内容としてはすでに予告されていた最新フラッグシップスマホ「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」向けにVPNサービス「VPN by Google One」を追加料金(無料)え使えるようにしたほか、さまざまな新機能が追加されています。

例えば、セキュリティーとプライバシーが統合されて1カ所で確認・設定できるようになっていたり、通話時にバックグラウンドノイズを低減して相手の声がはっきりと聞こえる「Clear Calling」が追加されたり、音声録音アプリ「レコーダー」にてラベルが自動的に付けられるようになったり、自動車のデジタルキーにてロックやロック解除ができるようになったりしています。

またPixel WatchではFitbitプレミアムの睡眠分析が利用できるようになるとのこと。なお、これらのPixel Feature Dropはソフトウェア更新や各アプリの更新によって順次提供され、Pixelスマホではすでにネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が提供開始されており、更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.221205.011.B1」、イギリスのO2向けのPixel 6aおよびPixel 7、Pixel 7 Proが「TQ1A.221205.012」、それ以外が「TQ1A.221205.011」となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。