S-MAX

Android

Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能を紹介!全画面キャプチャーや新デザインなど。最終APIになったベータ3が提供中【レビュー】


Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能をスクリーンショットや動画でまとめてチェック!

既報通り、Googleは14日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」における一般向けベータ版第3弾「Android 12 Beta 3」を公開しました。同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 3」シリーズ以降やAndroidエミュレーターで利用可能なほか、ASUSやOPPO、Xiaomi、ZTEなどの各メーカーにおける対応製品で利用でき、日本国内向け製品ではシャープがSIMフリースマホ「AQUOS sense5G SH-M17」向けに提供しています。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができ、Android 12 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「SPB3.210618.013」となっており、Androidセキュリティーパッチレベルは「2021年7月5日」、Google Play servicesも「21.24.13」となっています。

またAndroid 12 Beta 3ではスクロールスクリーンショットなどの新機能が追加されたほか、プライバシーインジケーターAPIや強化された自動回転などの追加に加え、最終的なAndroid 12におけるAPIとSDKも含まれており、APIレベルは新たに最終APIということでベータが外れて「API 31」となりました。そこで今回はほぼ新機能は実装し終わったと思われるため、ざっくりと「Pixel 4a (5G)」でAndroid 12 Beta 3を試してみましたので、Android 12の主な新機能を紹介したいと思います。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 12」のベータ版第3弾を公開!最終API&SDKに。スクロールスクリーンショットなどの新機能も追加


GoogleがAndroid 12 Beta 2をリリース!正式版はQ3後半に

Googleは14日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」における一般向けベータ版第3弾「Android 12 Beta 3」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 3」シリーズ以降で利用可能です。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込み。

Android 12 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「SPB3.210618.013」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2021年7月5日」になり、Google Play servicesも「21.24.13」となっているほか、APIレベルは新たに最終APIということでベータが外れて「API 31」となっています。

なお、Android 12 Beta 3ではスクロールスクリーンショットなどの新機能が追加されたほか、プライバシーインジケーターAPIや強化された自動回転などの追加に加え、最終的なAndroid 12におけるAPIとSDKも含まれており、動作の安定性が増し、各種不具合も修正されています。同社ではアプリなどの開発者に向けて最終的にAndroid 12に対応したアップデートに着手し、正式版のリリースに間に合うように対応するよう促しています。

続きを読む

Google、AndroidでCOVID-19のワクチン接種情報を電子表示可能に!まずアメリカにて。日本では書面でワクチンパスポートを7月下旬より発行へ


GoogleがAndroidでCOVID-19のワクチン接種情報をデジタル表示できるように!

Googleは30日(現地時間)、Androidにおける「Passes API」を更新してAndroid搭載製品にて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン接種情報や接種カード(いわゆる「ワクチンパスポート」)をデジタル表示できるようにしたと発表しています。まずはアメリカにて展開され、他の国・地域でも展開される予定とのこと。

同日よりCOVID-19のワクチンを配布・接種が認可された医療機関や政府、組織はPasses APIを使ってAndroid搭載製品にてCOVID-19のワクチンパスポートをデジタル表示させることが可能となったということです。なお、日本で採用されるかどうかは現時点では不明。

接種情報の表示は一度製品に保存されると、オフラインでも可能で、ホーム画面にショートカットがされるなど、アクセスしやすくなっています。対応OSはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降で、Google Playアプリは必須ではありませんが、Play Protect認定を受けている必要があるとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:デジタル世界で進むシームレス化と二極化。相反する2つの流れが見せるテクノロジーの未来について考える【コラム】


PCおよびスマホ向けOSのシームレス化と二極化について考えてみた!

既報通り、Microsoftは24日(現地時間)、オンライン発表会を開催し、パソコン(PC)向けの次期OS「Windows 11」を発表しました。「Windows 10が最後のメジャーバージョンじゃなかったのか」といった声も散見されますが、Windows 10発売から約6年が経過して単なるマイナーアップデートに留まらない多くの新機能や新しいユーザーインターフェース(UI)を搭載するに当たり、メジャーバージョンとして生まれ変わらせる方針へと転換したようです。

そのような方針から現在、Windows 10を利用している場合には要件を満たしていれば、Windows 11への無償アップグレードが可能としています。必要最低要件は「2コア/1GHz以上の64bit互換CPU(SoC)、メモリー(RAM)4GB以上、ストレージ64GB以上」などとなっていますが、要件のチェックも公式に専用アプリ( https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11 )が配布開始されています。

Windows 11で追加される機能の中で注目すべきは「Androidアプリが動作する」というものです。具体的には、Amazonとの提携によってWindowsのアプリストアである「Microsoft Store」から「Amazon Androidアプリストア」が提供する「Android apps on your PC」へアクセスし、そこからアプリの導入が可能になります。

WindowsとAndroidの親和性がより高くなり、シームレスな利用環境が整うことは利用者にとって福音です。一方で、AppleはMacとiPad、iPhoneをシームレスに連携させる「ユニバーサルコントロール」の導入をパソコン向け次期OS「macOS Monterey(モントレー)」から採用します。パソコン向けOSとモバイル向けOSの連携加速は、私たちに何をもたらすのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は各種OSのシームレス化や二極化について考察します。

続きを読む

Androidの一部で「Google」アプリが利用しづらい不具合が発生!『「Google」が繰り返し停止しています』というエラーメッセージが頻発


Androidの一部で「Google」アプリが利用しづらい不具合が発生!NTTドコモなどの携帯電話各社が案内

Androidを搭載したスマートフォン(スマホ)などの一部にて「Google」アプリが『「Google」が繰り返し停止しています」』というエラーメッセージが表示されてしまう事象が2021年6月22日(火)13:30頃から発生しています。Googleでは調査中とのこと。

これに伴い、NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは22日、同事象が起きていると案内し、各社の設備には異常がないことを確認しているとお知らせしています。また現在、NTTドコモでは同事象が一部回復していることを確認しているとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。