ドコモとau、SBMのLTEが富士山頂付近で利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社は11日、富士山山頂付近における高速データ通信規格LTEによるデータ通信サービスを提供開始したことをお知らせしています。

富士山の山開きの期間中となる7月から8月下旬まで3Gに加え、4G(LTE)によるデータ通信も提供しているということです。

◯NTTドコモ
本日11日から富士山の山開きの期間中である8月下旬まで、登山口や登山道、山小屋などで携帯電話サービスを提供するとのことです。従来の3G(W-CDMA、サービス名「FOMA」)に加え、今年からは4G(LTE、サービス名「Xi(クロッシィ)」)による下り最大75Mbpsによるデータ通信サービスも提供するとのこと。提供エリアは以下の通り。
・山頂
・吉田口(登山口・登山道・山小屋)
・須走口(登山口・登山道・山小屋)
・御殿場口(登山口・登山道・山小屋)
・富士宮口(登山口・登山道・山小屋)


上記のうち山頂および須走口、御殿場口、富士宮口の各山小屋付近では、LTEの800MHz帯のみの提供になるとのことで、800MHz帯に対応した2012年冬モデル以降の一部機種のみで利用可能となっています。

富士山山頂付近におけるLTEエリア化は以前の決算説明会などにおいて明らかにされていたもの。


◯au by KDDI
KDDIでもau向けLTEサービス「4G LTE」を7月16日から富士山の山開きの期間中である8月下旬まで、従来の3G(CDMA 1X 2000)に加え、今年からは4G(LTE)によるデータ通信サービスも提供するとのこと。

なお、LTEは800MHz帯による提供とのことですが、詳細な提供エリアは現時点では公表されていません。サービス開始の16日までになんらかの発表があると見られます。


◯ソフトバンクモバイル
ソフトバンクでも本日11日から富士山の山開きの期間中である8月下旬まで、富士山頂に臨時基地局の設置を行い、サービス提供を開始しているとのことです。従来の3G(W-CDMA)に加え、今年からは4G(LTE、サービス名「SoftBank 4G LTE」)によるデータ通信サービスも提供するとのこと。提供エリアは以下の通り。

・富士山頂の久須志神社付近
・浅間大社奥宮付近
・剣ヶ峰付近
・富士山頂お鉢巡りルートの一部


なお、SoftBank 4G LTEは、iPhone 5およびiPad mini、iPad RetinaディスプレイモデルでLTEによる高速データ通信を利用できるとしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 富士山において「Xi」サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
富士山頂において、iPhone 5でLTEがご利用いただけます | お知らせ | ソフトバンクモバイル