ASUSの新製品を写真と動画でチェック!

既報通り、ASUSTek Computer(以下、ASUS)29日は、同社の新しいノートパソコンやタブレットなどを披露する新製品発表会「WE TRANSFORM」を東京・渋谷ヒカリエにて開催し、WindowsもAndroidも動く11.6インチフルHD(1080×1920ドット)搭載3in1デバイス「TransBook Trio」や10.1インチキーボード脱着式Windows PC「TransBook T100TA」、13.3インチWQHD(2560×1440ドット)液晶搭載Ultrabook「ZENBOOK UX301LA」の3機種を発表しました。

本記事では、発表会後に展示会場にてタッチ&トライのコーナーがあり、実機を実際に試すことができましたので、これら新モデルを写真および動画で紹介したいと思います。

○ASUS TransBook Trio
1213
ASUS TransBook Trio

ASUS TransBook Trioは、Windows 8.1とAndroidの両方のOSが利用可能なデバイスで、microHDMIやminiDisplayPortからケーブルで自宅モニターへ接続することでタブレット、ノートPC、デスクトップPCの3つの形態を使い分けることができます。プロセッサーやメモリーなどはAndroidとWindows用でそれぞれ専用のものを搭載しており、Widows側のスペックはIntel Core i7-4500Uを搭載し、メインメモリーが4GB、ハードドライブに500GBのHDDを搭載、Android側のスペックがCPUにIntel Atom Z2560、内蔵メモリーが2GBで内蔵ストレージが16GBとなっています。タブレット側のディスプレイは11.6インチフルHD(1920×1080ドット)のマルチタッチパネル液晶を採用し、合体時には必要に応じてAndroidとWindows 8.1を切り替えて表示ができます。
11
HDMIでモニターへ接続したデスクトップモード(Windows専用)

本体サイズはタブレット側が幅304.92mm×奥行き193.78mm×高さ9.3mmで、PCステーション側が幅304.92mm×奥行き193.78mm×高さ13.4mm、合体時には幅304.92mm×193.78mm×高さ23.6mmとなります。
15
天板にはヘアライン加工がされています

重量はタブレットが約700gでPCステーションが約1kg、合体時はその合算の約1.7kgになります。
実はAndroidとWindowsのOSはそれぞれタブレット側にAndroid、PCステーション側にWindows 8.1と分かれて搭載されており、PCステーションをモニターへ接続してデスクトップ利用時にはタブレット側はAndroidタブレットとして独立して稼動させることができます。
IMG_9335IMG_9336
Android側のストレージと端末情報 Android 4.2.2(開発コード:Jelly Bean)を採用している

PCステーションとタブレット側の両方にバッテリーを搭載しており、合体時のAndroidでの動作では約13時間の駆動が可能とのことです。

発売は11月2日で予想実売価格は139,800円となっています。以下に、Transbook Trioを動画で紹介します。




○ASUS TransBook T100TA
05
ASUS TransBook T100TA

ASUSのAndroidタブレットシリーズの「Transformer」のように付属のキーボードドッグの脱着が可能なWindows 8.1タブレットPCで利用シーンに合わせてタブレットPCとノートPCの両方の顔を使い分けることができます。CPUにはIntel Atom、32GB(または64GB)のハードドライブ、2GBのメインメモリーを搭載しています。
09
Atom Z3740の1.33GHzであることが確認できます


06
本体とキーボードドッグを分離したところ

本体サイズは本体が幅263mm×奥行き171mm×高さ10.5mmで、キーボードドッグ合体時は高さが23.6mmとなります。本体重量は本体のみで約550g、キーボードドッグ合体時は約1.07kg。

キーボードの質感は「Transformer」シリーズでの使いやすさを更に改良したものになっており、気持ちよくキータイプができます。
07
打鍵感のしっかりした使いやすいキーボード


珍しい特徴として別モデルとしてHDD内蔵キーボードドッグモデルが存在します。こちらはその名の通りキーボードドッグに500GBのハードディスクを搭載しており、タブレット本体側のSSDの容量を節約しつつ、キーボードドッグのHDDに他のデータを退避させるといった使い方が可能になります。HDD内蔵キーボードドッグモデルでは合体時の高さが24.45mmに、重量が1.13kgへ増加します。
08
左側がHDD内蔵キーボードドッグモデル 少し膨らんでいるのが確認できます

10
ASUS TransBook T100TAのスペックシート

発売は32GBのノーマルキーボードドッグモデルが2013年11月2日(土)発売で、予想実売価格が44,800円、32GBのHDDキーボードドッグモデル(Microsoft Office 2013バンドル)が2013年11月中旬以降発売で、予想実売価格が59,800円、64GBのHDDキーボードドッグモデルが2013年11月下旬以降発売で、予想実売価格が54,800円となっています。以下に、TransBook T100TAを動画で紹介しています。




○ASUS ZENBOOK UX301LA
ASUSのフラグシップとなるWindows 8.1搭載「Ultrabook」で天板にスマートフォンなどでも採用されている強化ガラス「Gorilla Glass 3」を採用し、デザインと機能の両立を図った13.3インチディスプレイのノートPCです。

スペックとしてはIntel Core i7-4500Uプロセッサーを搭載し、メインメモリー(RAM)に8GBを搭載しています。画面解像度はWQHD(2560×1440ドット)の内蔵ハードドライブに512GBのSSD(256GB×2)を搭載しています。ASUSフラグシップ・コーナー限定モデルのスペックで、一般モデルではディスプレイがフルHD(1920×1080ドット)液晶、SSDが256GBとなります。

01
ASUS ZENBOOK UX301LA

02
天板、Gorilla Glass3の施された光沢が美しい


重量は約1.4kgで、本体サイズは幅325mm×奥行き226mm×高さ15.5mmとなっています。
03
横から見るとその薄さがよくわかる

04
ASUS ZENBOOK UX301LAのスペックシート

発売は限定モデルが2013年11月下旬以降で予想実売価格が269,800円、通常モデルが2013年12月上旬以降で予想実売価格が229,800円となっています。以下に、ASUS ZENBOOK UX301LAの説明および操作しているところを動画で紹介します。




みなさんは気になるモデルはありましたか?デザイン性の高いハイスペックモデルから個性の強いものまで揃った今回のASUSの新製品。量販店などで実際に試すこともできると思いますので、気になったモデルがあれば是非一度触れて試してみてください。

16
ASUS TransBook Trioのデスクトップモードを試し、その快適さにご満悦のS-MAXのイケメンライター2106bpm氏。ナイス笑顔でしたー!


記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ