NTTドコモがAndroidタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」を発表!

NTTドコモは14日、今夏に発売・提供する新モデルや新サービスを披露する「2014年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、Android 4.4(開発コード名:KitKat)を採用した10.1インチタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。発売時期は2014年6月下旬を予定しています。

Xperia Z2 Tablet SO-05Fは今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014(MWC2014)」にて発表された海外向けグローバルモデルのNTTドコモ向けとなります。

なお、Xperia Z2 Tabletは国内向けとしてもすでにau向け「Xperia Z2 Tablet SOT21」に加え、Wi-Fiモデル「SGP511JP」および「SGP512JP」が発売されることが発表されいます。

NTTドコモ向けの前モデル「Xperia Z Tablet SO-03E」の後継機種で、Xperia Z2 Tabletのグローバルモデルと同時に発表されたフラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」と世界観を統一した機種で、特長としては防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP5X)を備えながら、薄さ6.4mm、質量426g(Wi-Fiモデル)と10.1インチサイズとしては世界最薄かつ世界最軽量となっています。

NTTドコモ向けではグローバルモデルとの違いとして今夏の新サービスである「VoLTE」に対応しているほか、録画にも対応したワンセグやフルセグ(地上デジタル放送)、NOTTVといった国内向け映像機能に対応しています。

140514_so-05f_02


Xperia Z2 Tabletは10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)「トリルミナスディスプレイ for mobile」TFT液晶(1677万色表示)で、ソニーのテレビ技術を応用した「Sony Mobile BRAVIA Engine 2」が採用されています。これにより、鮮やかで色表現力の豊かな大画面で各種コンテンツが楽しめます。

サイズは約172×266×6.4mm、質量は約439g。ボディーカラーはホワイトとブラックの2色が用意されています。デザインとしては角に丸みがあり、手触りの良いマットな素材の外装で、指紋も付きにくくなっています。

サウンドはタブレットとして初めてデジタルノイズキャンセリング機能に対応。大型ステレオスピーカーをフロント面に搭載し、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」にも対応しています。

カメラも有効約810万画素裏面照射型CMOSアウトカメラ「Exmor RS for mobile」および有効220万画素CMOSフロントカメラを搭載。多彩なカメラアプリもプリインストールされており、カメラ越しに見た世界に児童でエフェクトがかかる「ARエレクトロニクス」や一眼レフのようなボケ味を作れる背景ぼかしなどに対応しています。

ソフトウェアでは直感的に操作ができるシンプルホームを搭載し、ホーム画面が見やすいタイル形式になり、文字も大きく表示され、初めてタブレットを使う人でも簡単に操作できるようになっています。

スペックとしてはチップセットにQualcomm製「Snapdragon 801 MSM8974AB」(CPUに2.3GHzクアッドコア、GPUにAdreno 320)、内蔵メモリー(RAM)に3GB、内蔵ストレージに32GB、外部ストレージに最大64GBまでのmicroSDカードスロット、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠)、Bluetooth 4.0、バッテリーに6000mAhを搭載しています。また、NFCやmicroUSB端子(MHL 3.0対応)、3.5mmイヤホンマイク端子、GPS+GLONASS、Bluetooth 4.0、DLNA、DTCP-IP、Wi-Fiテザリング、FMラジオ、急速充電もサポート。Felicaや赤外線、DTCP+には非対応。

通信機能はLTEおよびW-CDMA/HSPA+、GSM/GPRS/EDGEに対応し、LTEはUE Category 4に対応し、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsで通信可能。対応周波数はLTEが800MHz(Band 21)および1.5GHz(Band 17)、1.7GHz(Band 3)、2.1GHz(Band 1)のクワッドバンド対応。VoLTE(通話およびビデオコール)には発売後の機能バージョンアップにて対応予定となっています。

通話については別売りの「通話機能付きリモコン」を利用することで、タブレットを操作しながらの通話や離れたところから動画や写真などのスライドショー再生ができ、タブレット1台でさまざまなシーンで使いこなすことが可能です。

NTTドコモが想定しているターゲット層はメインとして20〜30代男女、サプとして20〜40代男女としており、携帯性や機能性、デザインに注目してスマートに使いこなしたいと思っている人を中心に、家でも外でもテレビや動画、書籍、ゲームなどを大画面で楽しみたい、複数の機器を使いこなしているけれど、これからは1つでスマートにまとめたい、ITリテラシーが高く、友人や家族をサポートしたりと影響力が高いような人に訴求していくとしています。

◯主な仕様
機種名Xperia Z2 Tablet SO-05F
寸法
(高さ×幅×厚さ:mm)
約172×266×6.4
質量(g)約439
LTE連続待受時間
(静止時[自動])(時間)
未定
3G連続待受時間
(静止時[自動])(時間)
未定
GSM連続待受時間
(静止時[自動])(時間)
未定
連続通話時間
(LTE/3G/GSM)(分)
未定/未定/未定
実使用時間(時間)※1未定
メインディスプレイ
(サイズ、ドット数[横×縦通称]、種類、発色数)
約10.1インチ
1920×1200
WUXGA
TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
1677万色
バッテリ-容量6000mAh
ROM/RAM32GB/3GB
外部メモリ
(最大対応容量)
microSD(2GB)
microSDHC(32GB)
microSDXC(128GB)
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射積層型 CMOS
約810万画素/約800万画素
内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型 CMOS
約220万画素/約210万画素
CPU
(チップ名/クロック)
MSM8974AB
(2.3GHz クアッドコア)
OSAndroid 4.4
「Xi」(クロッシィ)
(LTE)
150Mbps/50Mbps
VoLTE※2
LTE対応周波数帯
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz)
(○/○/○/○)
FOMAハイスピ-ド
(HSDPA/HSUPA)
14Mbps/5.7Mbps
Wi-Fi(無線LAN)
(11a/b/g/n/ac)
(Wi-Fiテザリング同時接続台数)

(○/○/○/○/○)
(10台)
GPS/オートGPS(◎は海外対応)◎/○
赤外線通信
※IrRC(リモコンに対応)
Bluetooth○(4.0)
ワンセグ/フルセグ(◎は録画対応)◎/◎
防水/防塵○/○
(IPX5、8/IP5X)
おくだけ充電
Black
White
製造メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
※1 一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧、アプリの利用等、約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(NTTドコモ調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によっては、それを下回る場合があります。なお、各機種の実使用時間については、 順次ドコモのホームページで公表される予定。
※2 発売後機能バージョンアップで対応。
※3 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
docomo Xperia Z2 Tablet SO-05F | 製品 | NTTドコモ