新しい「Kindle Fire HDX 8.9」。見た目は大きく変わっていないが性能は向上している

既報通り、アマゾン ジャパンが2014年10月29日(水)に開催した「KDPアワード」表彰式および「Kindle」と「Fire」シリーズの新製品説明会では、2014年11月4日(火)に発売される予定の電子書籍リーダー「Kindle Voyage」と新しい8.9インチタブレット「Fire HDX 8.9(ニューモデル)」をはじめ、発売済みモデルを含めた最新機種に触れることができました。

そこで、今回は発売前のKindle Voyageおよび"Fire HDX 8.9(ニューモデル)を中心にそれらの機種を紹介していきたいと思います。

◯スピードと音響面がパワーアップした新「Fire HDX 8.9」
新たにリニューアルされるハイエンドタブレットFire HDX 8.9(ニューモデル)は実は外観は従来の「Fire HDX 8.9」と同じで、重量375g、薄さ7.8gといった特徴も変わっていません。値段も従来同様、直営Webショップ「Amazon.co.jp」では40,980円で販売されています。



ですが性能面を見ると、CPUを2.2GHzクアッドコア(Qualcomm製「Snapdragon 800」)から2.5GHzクアッドコア(Qualcomm製「Snapdragon 805」)へと向上させているほか、従来より70%高速なGPUを搭載。さらに、Androidベースの独自プラットフォーム「Fire OS」が4にアップデートされているなど、いくつかの性能強化が図られていることが分かります。

IMG_7291
背面のデザインも従来とほぼ同じ。800万画素のリアカメラを備えるほか、ボタン類も左右の端に備わっている


右側面には充電のほか、専用のアダプターを介することで外部モニターに出力したり、USB周辺機器を接続したりできるmicroUSB端子を装備しています。

IMG_7297
右側面にはmicroUSB端子を装備


左側面にはヘッドフォン端子が装備されています。ちなみにFire HDX 8.9(ニューモデル)は採用する音響技術が「Dolby Digital Plus」から「Dolby Atmos」に変更されており、ヘッドフォンで音を聴く時により立体的な音響を楽しむことができるとのことです。

IMG_7298
左側面にはヘッドフォン端子を備える


そしてもう1つ、Fire HDX 8.9(ニューモデル)の特徴となっているのがサポート機能の「Mayday」です。これは専用のボタンを押すだけで、24時間365日、無料でいつでもテレビ電話によるサポートが受けられるもの。専門のスタッフが端末の操作手順を画面に記して教えてくれたり、直接遠隔操作してくれたりするなど、充実したサポートを受けることが可能となっています。

IMG_7303
Maydayは通知パネルから専用のボタンを押して呼び出す


IMG_7325
すると専門スタッフとテレビ電話で会話ができ、遠隔操作などで直接的なサポートが受けられる



◯軽量で機能充実のプレミアムリーダー「Kindle Voyage」
一方、電子書籍リーダーの新しいモデルとして投入されたのがKindle Voyageです。これは、従来の「Kindle」や「Kindle Paperwhite」より上位のプレミアムモデルと位置付けられているもので、価格はWi-Fiモデルで21,480円と、Kindle Paperwhite(10,280円)の倍に設定されています。ですがその分、薄さ7.6mm、重量も180gとより薄型・軽量化がなされており、長時間読書していても疲れにくくなっています。

IMG_7410
電子書籍リーダーの最上位モデルとなるKindle Voyage


背面を見ると、デザインは柔術の「Fire HDX」シリーズに近いデザインとなっているのが分かります。ちなみにボディーは素材はマグネシウムを使用しているとのことです。

IMG_7404
背面はFire HDXに近いデザインとなった


側面から見ると、薄くなっていることがよく分かります。電子書籍リーダーということもあり、外部端子は本体下部にあるmicroUSB端子のみとシンプルです。

IMG_7355
側面から見たところ


IMG_7351
下部にmicroUSB端子が用意されている


他にもKindle Voyageにはいくつか特徴があります。1つは新しいPaperwhiteディスプレイ。300ppiという高い画素密度を誇る(Kindle Paperwhiteは212ppi)のに加え、周囲の明るさに合わせてフロントライトを自動で調節してくれる仕組みを備えており、環境に応じて画面を最適な明るさに設定してくれるようになりました。

また、本体の左右フレーム部分に感圧式のページめくりボタンが搭載されたのも大きなポイントと言えます。指を置いた状態のまま、軽く押すだけで次のページへと移動するとともに、振動でページをめくったことを伝えてくれることから、読書に負担をかけない操作で本を読み進められるようになっています。

IMG_7408
本体左右のフレーム部分に引かれた線の部分がページめくりボタンとなる



◯新「Kindle」「Fire HD 6」と「Fire HD 7(ニューモデル)」など発売済みの新機種も
この他にも会場では低価格電子書籍リーダー「Kindle」の最新モデルや、低価格タブレットの「Fire HD 6」および「Fire HD 7(ニューモデル)」など、すでに発売済みの最新モデルも展示されていました。

IMG_7331
新しくなったKindleは6,980円で購入できる低価格が特徴


IMG_7363
低価格タブレットのFire HD 6。ディスプレイが小さい分コンパクトなのがポイント


IMG_7388
より大きなサイズのFire HD 7。どちらもリアカメラを搭載し、5色のカラーを採用しているのが特徴


記事執筆:佐野 正弘


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Amazon、Android 4.4 KitKatベースの最新「Fire OS 4」を搭載し、より高性能で軽量になったタブレット「Fire HDX 8.9」を発表!国内でも11月4日に発売予定 - S-MAX
Amazon、5色のカラバリが用意された低価格タブレット「New Fire HD」シリーズを発表!新たに7インチに加え、6インチモデルも追加――価格はキャンペーンで9980円から - S-MAX
Fire HDX 8.9タブレット - 仕事でもプライベートでも使えるプレミアムなタブレット
Fire HD 7タブレット - 持ち運びに便利な高性能タブレット
Fire HD 6タブレット - 持ち運びに便利な高性能タブレット
Kindle Voyage - 至福の読書体験を追及して作りこんだ電子書籍リーダー