早くもAndroid Mを搭載したタブレット「KALOS 2」をBungBungameが展示!

BungBungameは2日(現地時間)、台湾・台北にて2015年6月2日(火)から開催されるIT関連展示会「COMPUTEX 2015」にて約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)Super AMOELDディスプレイを搭載したAndroidタブレット「KALOS 2」を展示したとお知らせしています。

先日発表されたAndroidの次期バージョン「Android M」を搭載しているとのこと。Android Mは現在、開発者向けプレビュー版「M Developer Preview」が提供されています。また、Android Mが標準でサポートする新しい端子の規格「USB Type C」も搭載しているとのこと。

発売時期などは明らかにされていませんが、Android Mの正式版が秋頃に提供予定なので、Android M搭載として発売されるのであればそれ以降となると見られます。前機種「KALOS」は日本でも発売されましたので、日本での発売も期待したいところです。

KALOS 2は約10.5インチディスプレイのAndroidタブレットです。ソフトウェアとしてはAndroid Mを採用しているので素の状態に近いと思われ、まだ詳細は確定していないようですが、ハードウェアの仕様はほぼ決まっているということです。

サムスン電子製64bit対応オクタコアCPU「Exynos 7420」(ARM Cortex-A57の2.1GHzクアッドコアCPUとARM Cortex-A53の1.5GHzクアッドコアCPU)や3GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、約800万画素リアカメラ、約800万画素フロントカメラ、6000mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、NFC Type A/Bなど。

また、薄さが約6.3mmで、質量が約389gと、現時点で世界最軽量のXperia Z4 TabletのWi-Fiモデルと同等となっています。

その他、Androd 5.1(開発コード名:Lollipop)とWindows 10 Mobileが搭載するスマートフォン(スマホ)「WOLF 2」などのスマホやタブレットなどの各製品を展示しています。

02

03

04


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
2015 ComputexでBungBungameよりKALOS 2タブレットが初公開 - BungBungame