スマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2」が11月13日より順次発売!

ASUS JAPANは11日、都内にて新製品発表会「ASUS Zensation」を開催し、Googleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したスマートウォッチ「ZenFone 2」を日本国内にて2015年11月13日(金)より順次発売すると発表しています。

ZenFone 2は49mmサイズ(型番:WI501Q)と45mmサイズ(型番:WI502Q)の2つのサイズがあり、さらに各サイズともにバンド(ストラップ)がメタルや本革の2種類が販売され、さらに別売りのスポーツタイプなどの専用バンドも用意されました。発売時期はメタルストラップモデルが11月下旬、本革ストラップモデルのローズゴールドが12月上旬以降を予定。

価格(すべて税抜)はオープンながら公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」ではメタルストラップモデルが36,800円、本革ストラップモデルが29,800円。

また、専用ストラップは49mmモデル向けにガンメタル(メタル)が11,980円(11月下旬発売予定)、ダークブルー(本革)が3,980円、ブラウン(スポーツ)が2,980円、45mmモデル向けにシルバー(メタル)が11,980円(11月下旬発売予定)、グレーベージュ(本革)が3,980円、アクアブルー(スポーツ)が2,980円、両モデル向け専用充電USBケーブルストラップが2,980円(11月下旬発売予定)となっています。括弧がないものは11月13日発売予定。

なお、49mmモデル向けは初代「ZenWatch(型番:WI500Q)」と共通バンドで、一般的な腕時計用の22mmバンド、45mmモデルは腕時計用の18mmバンドが装着できるということです。

WI501Q_series
49mmモデル「ZenWatch 2 WI501Q」シリーズ


WI502Q_series
45mmモデル「ZenWatch 2 WI502Q」シリーズ

製品名ZenWatch 2
型番WI501Q-BL04WI501Q-GM04WI501Q-AB04WI502Q-GR04WI502Q-SL04WI502Q-OR04
本体色ガンメタルガンメタルローズゴールドシルバーシルバーローズゴールド
バンドダークブルー
(本革)
ガンメタル
(メタル)
アッシュブラウン
(本革)
グレーベージュ
(本革)
シルバー
(メタル)
オレンジ
(本革)
発売日11月13日11月下旬12月上旬11月13日11月下旬12月上旬

ZenWatch 2はAndroid Wearを採用したスマートウォッチ「ZenWatch」シリーズの第2弾です。美しい有機EL(AMOLED)ディスプレイに表面のガラスは緩やかにカーブした2.5DのCorning製「Gorilla Glass 3」を採用し、日々の衝撃や傷から美しさを守ってくれます。

サイズが2種類用意され、異なるのはサイズや質量に加え、ディスプレイサイズや解像度、バッテリー容量、バンド幅などで、49mmモデルは1.63インチおよび320×320ドット(約278ppi)、400mAh、22mm幅、約40.7×49.6×9.4〜10.9mm、約46g(本体のみ)、45mmモデルは1.45インチおよび280×280ドット(約273ppi)、18mm幅、約37.2×45.2×10.4〜11.8mm、約39g(本体のみ)。

共通仕様はQualcomm製1.2GHzクアッドCPU「Snapdragon 400」および512MB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ、2点タッチ対応ディスプレイ、デジタルマイク、6軸センサー(3軸加速度センサーおよび3軸ジャイロセンサー)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、pogoピンのUSB端子、IP67準拠の防水・防塵など。

ストラップは49mmモデル向けの本革製が約14g、メタル製が約77g、45mmモデル向けの本革製が約11g、メタル製が約30gとなっています。また、ストラップはワンタッチで簡単に取り外すことができるので、お好みのストラップに付け替えて楽しむことが可能。

zenwatch_Strap
別売りの各種ストラップ

ZenWatchからバッテリー駆動時間は約1.5倍に向上し、最高1日半ほど使用可能。さらに、コンパクトなマグネット式の充電コネクターを使えば、わずか約36分の短時間で全容量の半分まで急速充電が可能のため、充電の煩わしさから解放されます。

ZenWatch 2をAndroid 4.3(開発コード名:JellyBean)またはiOS 8.2以降を搭載したスマートフォン(スマホ)などとペアリングすれば、腕時計で時間をチェックするような手軽さで、スマホなど側に届いた各種通知を手元で確認することができます。

また、ZenUI搭載スマホ「ZenFone」シリーズとペアリングすれば、着信やメール、SMSの新着メッセージに加え、スケジュール管理に便利なオリジナルアプリ「What’s Next」から、次の予定のリマインダーなど、ZenFone側の新着通知をタイムリーにお知らせしてくれます。

さらにAndroid Wearの「Together」機能を使えば、画面に指で書いた文字や写真を、Android Wearのスマートウォッチ同士で瞬時に送りあうことができるほか、SNSのメッセージには音声や絵文字で即座に返信ができるので、デジタルライフをもっと楽しくします。

両手がふさがっている時や歩いている時にカバンやポケットからスマホなどを取り出すのが面倒な時でも何が起こっているかを手元だけで簡単に把握することができ、スマホなど側のカメラを遠隔操作できる「Remote Camera」機能やウォッチを手のひらで覆うだけで着信音やアラームをミュートできる「覆ってミュート」機能、プレゼンテーション時にスライドのリモコン操作や時間管理ができる「Presentation Control」機能、ウォッチ側からスマホなどの音を鳴らして探すことができる「電話を探す」機能など、実用性の高いさまざまな機能を搭載しています。

その他、健康管理機能としてその日に走った距離や歩いた歩数、場所やカロリー消費量を記録、予め設定した目標に向けて励まし、そして管理してくれます。記録は、日ごとや週ごとに表示できるので、健康管理デバイスとしても活用できます。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ダイナミックに楽しめる大画面の「ZenFone 2 Laser (ZE601KL)」とバリエーション豊富な「ASUS ZenWatch 2」を発表