3万円を切る指紋認証対応SIMフリースマホ「ZTE Blade V580」を日本で発売!

ZTEジャパンは8日、SIMフリーの約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や背面に指紋センサーを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「Blade V580」(ZTE製)を2016年3月25日(金)に発売すると発表しています。

価格は3万円を切り、オープンながら市場想定価格は27,800円(税抜)となっています。合わせて本日3月8日(火)から先行予約受付を開始し、販売拠点は代理店のダイワボウ情報システムを通じて各仮想移動体通信事業者(MVNO)および量販店、Webストアなど。

02 03

04 05

Blade V580は5.5インチサイズのミドルレンジクラスのスマホです。OSはAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を採用。特長は比較的低価格ながらメタルボディーや指紋センサーを搭載している点。サイズは約155.3×77.2×8.6mm、質量は約165g。カラーバリエーションはシルバーおよびグレーの2色展開。

競合製品としては同じくメタルボディーや指紋センサーを搭載し、3万円台で購入できる高いコストパフォーマンスとして注目されている「HUAWEI GR5」で、かなりスペックは似通っていますが、HUAWEI GR5がQualcomm製「Snapdragon 615 MSM8939」を搭載しているのに対し、Blade V580はMediaTek製「MT6753」(64bit対応1.3GHzオクタコアCPU)を搭載。

指紋センサーは背面に搭載されているタイプで、ZTEとしては日本市場では昨年12月に発売した「AXON mini」に続く2機種目の指紋認証搭載機種。画面が消えた状態でセンサーに指先を触れるだけでロック解除ができるほか、指紋センサーはカメラのシャッターとしても利用可能です。

06

その他の主な仕様は、2GB内蔵メモリー(RAM)および16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDHCカードスロット(最大32GB)、約1300万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、microUSB 2.0端子、3.5mmイヤホンマイク端子、A-GPS、ジャイロセンサー、電子コンパス、近接センサー、照度センサー、3000mAhバッテリーなど。

対応通信方式および対応周波数帯は4G(FDD-LTE方式)の800MHz(Band 19)および900MHz(Band 8)、1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、3G(W-CDMA方式)の800MHz(Band 6および19)および900MHz(Band 8)、2100MHz(Band 1)、2G(GSM方式)の850および900、1800、1900MHz。デュアルSIM対応で、1つは単独のnanoSIMカードスロット(4FF)、もう1つはmicroSDカードスロットと共通のnanoSIMカードスロット。

先行予約は、イートレンドおよびNTT-X Store、CaravanYU、コジマ、上新電機、ソフマップ、ZOA、ノジマ、ひかりTVショッピング、ビックカメラ、ムラウチドットコム、ヨドバシカメラにて3月8日10時から実施されています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
大画面ディスプレイに指紋認証センサー搭載、フルHDで3万円を切る<br>ハイ・コストパフォーマンスモデル「ZTE Blade V580」を発表 - ZTE Japan