FREETEL SIMでLINEトークやWeChat、WhatsAppのデータ通信料が無料に!

プラスワン・マーケティングは9日、都内にて「新端末および新サービスの発表会」を開催し、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「FREETEL SIM」において対象のメッセンジャーアプリのデータ通信料を2016年3月9日(水)より無料にすると発表しています。

対象のメッセンジャーアプリとなるのは「LINE」および「WeChat」、「WhatsApp」の3つで、対象SIMカードはFREETEL SIMのデータ専用(SMSなし)およびデータ+SMS、データ+電話(SMS有)、FREETEL SIM for iPhone。

これらのSIMカードなら既存利用者も対象。なお、YAMADA SIMは対象外。プラスワン・マーケティングが独自に行なうサービスで、各メッセンジャーアプリを提供する事業者との協業はないとのこと。

同社はこれまでにもFREETEL SIM for iPhoneにてiPhoneやiPadにおけるアプリ配信マーケット「App Store」におけるデータ通信料を無料にしていました。

こういった特定のアプリ・サービスのデータ通信料を無料にする施策は海外では多く見られ、今回、新たにLINEおよびWeChat、WhatsAppという3つのメッセンジャーアプリのデータ通信料が無料になります。

各アプリの無料(非課金)通信対象は、LINEではトークのテキストメッセージ・画像・スタンプの送受信、WeChatではチャットのテキストメッセージ・画像・絵文字の送受信、WhatsAppではチャットのテキストメッセージ・画像・絵文字の送受信となり、音声通話やビデオチャットは対象外です。

FREETEL SIMは昨年夏に独自のL2接続になってリニューアルし、データ通信のみなら月額299円(税抜)から、音声通話対応なら月額999円(税抜)からの料金プラン「使った分だけ安心プラン」を提供しており、月間データ通信量が1GB、3GB、5GB、8GBと増えていくごとに利用料が上がるようになっています。

そのため、データ通信量がそれほど大きくはないLINEなどのメッセンジャーアプリでもデータ通信料が無料になるのはなかなか良さそうです。なお、FREETEL SIMでは現在、新規契約または他社から乗り換え(MNP)で契約すると1GBのデータ通信料が最大1年間毎月無料になる「春の毎月1GB無料キャンペーン」を実施しています。

02 03
Androidでは「設定」→「データ通信量」(画像=左、2016年1月分)、iPhoneやiPadでは「設定」→「モバイルデータ通信」(画像=右、2016年3月分の現時点まで)でアプリごとのデータ通信量が確認可能。LINEはトークのみなのですべてが非課金対象とならないと思われるが、あまり利用しない筆者でも約20MBほどデータ通信していた


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
FREETEL、新プロダクト/新展開 発表会速報 - プラスワン・マーケティング