Pepperがコーヒーを淹れてくれる「ロボカフェ」がテストオープン!

ソフトバンクおよびソフトバンクロボティクスは19日、コーヒーマシンと連携したロボット「Pepper」が顔認証機能を活用してお客様を記憶し、無料でコーヒー(ネスカフェ)を提供するサービス「ロボカフェ」をソフトバンク銀座およびソフトバンク表参道、ソフトバンク六本木の3店舗にて試験導入しました。試験期間は2017年7月19日(水)から8月2日(水)までの約2週間となっています。

導入のきっかけとなったのは繁忙期の店舗営業です。ソフトバンクショップのようにたくさんのお客様が訪れて長時間お待たせしてしまうような業種の場合、待っているお客様へ何かサービスをしたくともスタッフも多忙で手が回りません。そのような時にPepperが活躍できることは何か、という発想から生まれたということです。

今回はそんなPepperが無料でコーヒーを淹れてくれるロボカフェの様子を写真と動画を交えて紹介したいと思います。

robocafe-002
ソフトバンクショップの制服を着て接客応対をするPepper


■ユーザーの顔を覚え、好みのコーヒーを淹れてくれる
Pepperと連携するコーヒーメーカーはネスレの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」です。Bluetooth通信機能を備えており、スマートフォン(スマホ)やタブレット用のアプリで好みの濃さや量を選択できるというもので、今回Pepper用に専用アプリを開発しました。

Pepperによるユーザー登録を行うとヤフーポイントが貰えるなどの特典があるほか、2回目以降の利用ではPepperがユーザーを認識して以前利用した際のコーヒー設定を呼び出してくれます。

また本サービスに対応するPepperは各店舗で連動しており、どの店舗に行ってもユーザーを認識して同じサービスを受けられます。

robocafe-003
Bluetooth通信機能を備えた「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」。スマホ用アプリ「ネスカフェアプリ」と連携し幅の広いコーヒーの楽しみ方ができる面白いコーヒーメーカーだ


robocafe-004
バリスタiで使用されるレギュラーソリュブルコーヒー


robocafe-005
Pepperのモニターでコーヒーの種類や好みの濃さなどを入力する


Pepperによる注文の実演などは以下の動画からもご覧いただけます。

【S-MAX:ソフトバンクショップ「ロボカフェ」サービスを動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/CO4p_wvV6JY

■アイデアは面白いが課題も
今回の試験導入はソフトバンクショップでの本格導入だけではなく、「Pepper for Biz」でのB to B to C商材としての利用を目標としています。Pepperを開発・運用するソフトバンクロボティクスは今年3月末時点で約300億円の債務超過を発表しており、Pepperの企業導入と継続的な運用が急がれている状況だけに、今回の試験導入はそういった背景があった上での新たなチャレンジと言えそうです。

一方で、今回の取材時にはPepperとバリスタiとのBluetooth通信に不具合が発生し、一時的に上手く機能しないトラブルもありました。企業向け商材である以上頻繁な不具合は避けたいところですが、この試験導入によってそれらの不具合や不都合点も洗い出していくものと思われます。

robocafe-006
Pepper 4年目の大奮闘


記事執筆:あるかでぃあ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Pepperがお客さまを記憶し、好みのコーヒーを提供する「ロボカフェ」をソフトバンクショップ3店舗に導入 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ