au向け高性能スマホ「Galaxy S9+」を写真と動画で紹介!いよいよ5月18日発売

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、今夏に発売および開始する予定の新製品や新サービスを発表する「au 2018 夏モデル説明会」を開催し、アスペクト比9:18.5の縦長な約6.2インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9+(型番:SCV39)」(サムスン電子製)を発表ました。

auが今回の夏モデルとしてラインナップしたスマホの中では最も早い5月18日からの発売を予定しており、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体代112,320円(分割4,680円/月×24回)、毎月割2,340円×24回(総額56,160円)で実質負担額56,160円(分割2,340円/月×24回)となっています。

本説明会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、Galaxy S9+ SCV39の機能解説や本体外観などを写真や動画とともにご紹介します。

s9+-au-002
今度のGalaxyはカメラ機能が熱い!


■機械式絞り羽根が搭載された本格的なカメラ機能
昨今のスマホではカメラ機能の充実がブームとなっていますが、世界シェアトップのサムスン電子「Galaxy」シリーズのフラグシップモデルとして位置付けられる本機も他社製品に負けない特徴的なカメラ性能を有しています。

Galaxyシリーズとしては昨冬モデル「Galaxy Note8」に続く背面デュアルカメラを搭載しており、それぞれが広角と望遠のカメラとして機能します。また広角レンズ側にはデジタル方式ではなく機械式の“絞り”が付いており、F値1.5と2.4を自動で切り替える「デュアルアパチャー」機能が付いています。

カメラはマニュアル操作も可能なプロモードが用意されており、その場合デュアルアパチャーも任意での操作が可能です(絞り値は1.5もしくは2.4の2段階)。

s9+-au-003
6.2インチQHD+のディスプレイの存在感は圧倒的


s9+-au-004
背面は独特の輝きを持つ


s9+-au-005
上の広角用カメラのレンズ周辺に機械式の絞り羽根が確認できる


開放F値1.5のカメラは撮像素子の進化とともに暗所での撮影画質に大幅な向上が見られ、説明会場では暗室のような暗さの箱の中のジオラマを昼間のように明るく写す撮影デモが行われていました。

s9+-au-006
左がS9+、右がS8+。それぞれ同じ暗室ジオラマを撮影したが、明らかにS9+のほうが明るくノイズが少ない


説明員によれば、夜景以外にも照明を暗めに落としたレストランやパーティーの席などでも活躍できるカメラ性能だと語り、スマホが人々の写真撮影のメインデバイスになりつつある点に言及し、「スマホのカメラ機能もニーズに追いついていかなければいけない」と説明しています。

この他、面白いカメラ機能としては「スーパースローモーション(960fps)」機能や3Dアバターを作成する「AR絵文字」機能といったものがあり、動画を撮影してそれをGIFアニメーション化するまでの段階を端末内で簡単に行えるようにすることで、InstagramなどのSNSで便利に動画を利用できる機能を充実させています。

スーパースローモーション機能やAR絵文字機能についての解説や実演は以下の動画をご覧ください。


S-MAX:au向けサムスン製スマホ「Galaxy S9+」カメラ機能紹介

動画リンク:https://youtu.be/30awTNzyw1o

■アクセサリー類も充実
今回もau公式アクセサリーブランド「au +1 Collection」からカバーを閉じたまま通話や通知表示が可能なGalaxy純正ケース「CLEAR VIEW STANDING COVER」や各種保護シートなどが5月18日より順次販売される予定です。

s9+-au-007
スマホスタンドにもなる純正ケース「CLEAR VIEW STANDING COVER」


s9+-au-008
本体に装着したところ


s9+-au-009
ケースの蓋部分にはNFCが内蔵されており、蓋を閉めると本体が検知して専用の待受画面を表示する仕組みで、時間などが薄っすらと浮かび上がるようになっている


また「Galaxy 発売記念キャンペーン」として、対象期間内にGalaxy S9+ SCV39と同日に発売される「Galaxy S9(型番:SCV38)」を購入し、専用応募サイトから応募された方全員に「Galaxy ワイヤレスチャージャー」をプレゼントする企画も用意されています。

s9+-au-010
プレゼント商品は市販のモデル「Wirelesscharger Stand(型番:EP-N5100TWEGJP)」


s9+-au-011
立て掛けるスタンドタイプだが十分なフットプリントがあるので台から落ちる心配はほぼない


s9+-au-012
縦置きしたところ。急速充電に対応している


s9+-au-013
滑りにくいラバー加工が施されており縦横どちらでも充電されるため、充電しながら動画の視聴などが楽しめる


対象となるキャンペーン実施期間および応募サイトは以下の通りです。

●購入期間:2018年5月18日から2018年5月31日まで
●応募期間:2018年5月18日から2018年6月10日まで
●応募サイト:https://www.au.com/mobile/campaign/18summer-galaxy/


■最高のカメラ性能をSNSで活かそう
本体デザインは前機種となる「Galaxy S8+」から大きく変わっていませんが、高いカメラ性能を存分に活かし切るAR絵文字機能などを強くアピールした本機はまさにSNS時代を反映したハイエンドモデルと言えます。

当然ながらその他の性能面でも一切の妥協はなく、最新の映画館などでも導入が進む立体音響システム「ドルビーアトモス」の採用による6.2インチの大画面を活かした迫力のある動画視聴なども、本機の大きな魅力の1つとなっています。

s9+-au-014
ドルビーアトモスのアピールで映画館を模した展示なども


一括払いでは11万円強になる強気の価格が購入を躊躇させる理由の1つになりそうですが、それだけの価値はあるスマホだと感じます。美しい写真や楽しい3Dアバター機能で楽しみたい方はぜひ検討してみてください。



記事執筆:秋吉 健


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Galaxy S9+ 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy S9+(ギャラクシー エス ナイン プラス) SCV39 | スマートフォン(Android スマホ) | au