Garminのウェアラブル製品がSuicaに対応!タッチ決済などが利用可能に

ガーミンジャパンおよび東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は21日、ガーミンジャパンが販売する「Garmin」のスマートウォッチなどのウェアラブル製品でJR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」が2020年5月21日(木)より利用開始したと発表しています。

これにより、Garminの決済サービス「Garmin Pay」を利用してSuicaの発行やチャージ、電子マネーによる鉄道利用・決済などが行えるようになっています。年会費は無料で、Googleが提供する決済アプリ「Google Pay」を利用します。

またガーミンジャパンではSuica対応を記念してInstagramにてハッシュタグ「 #garminpaysuica 」のハッシュタグとともにGarmin製品にてSuicaが表示された時計画面やアプリ画像を投稿した人の中から抽選で3人にGarmin初のソーラー充電対応モデル「fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

期間は2020年5月21日(木)から6月21日(日)まで。もちろん、fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLCはSuicaに対応したモデルです。なお、キャンペーンの詳細は同社の公式Instagramアカウント( @garminjp )にて配信するとのこと。

02

Garminでは今年4月に同社のウェアラブル製品が5月下旬よりSuicaに対応することを発表していましたが、ついに5月21日に対応開始されました。利用できる製品(2020年5月21日時点)および機能・サービスは以下の通り。

これにより、Androidスマートフォン(スマホ)もしくはiPhoneとGarminのウェアラブルデバイスをペアリングし、Garmin Connect MobileアプリによってウェアラブルデバイスにSuicaの発行やGoogle Payによるチャージなどが利用できます。

・Approach S62シリーズ
・fēnix 6X シリーズ
・fēnix 6X Pro Dual Powerシリーズ
・fēnix 6Sシリーズ
・fēnix 6 シリーズ
・Legacyシリーズ
・Venuシリーズ
・vívoactive 4/4Sシリーズ
・vívomove 3/3Sシリーズ
・vívomove Style/Luxeシリーズ

機能・サービス提供可否備考
新規発行発行と同時に最低1,000円のチャージが必要
クレジットカードによるチャージGoogle Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージを行う
銀行チャージ× 
店頭での現金チャージ 
券売機等での現金チャージ一部の駅に設置されているトレイ型の券売機等
SF(電子マネー)による鉄道利用バス利用も可
SF(電子マネー)でのお買いもの 
再発行× 
機種変更による残額引継ぎ× 
残額表示ウェアラブルデバイスでも表示可
履歴表示前日分までの表示
払い戻し手数料(220円)が必要
定期券の購入×バス定期券も不可
Suicaグリーン券の購入× 
タッチでGo!新幹線券売機での利用開始登録が必要
新幹線eチケットサービスえきねっとへの申込が必要
ネット決済× 
JRE POINTのポイントを貯めるJRE POINT WEBサイトでの登録が必要
JRE POINTによるチャージ× 
エクスプレス予約×東海道・山陽新幹線のサービス
スマートEX東海道・山陽新幹線のサービス
※ウェアラブルデバイスのみの操作で提供可

03

利用するにはウェアラブル製品のソフトウェア更新が必要とのこと。また今後発表されるSuica対応新機種を除き、記載以外の機種は今後もSuica非対応となります。

なお、他社のウェアラブル製品でもFossilなどがWear OSがGoogle Payに対応した場合にSuicaなどが利用できるようになることを明らかにしており、今後、ウェアラブル製品におけるSuicaなどの非接触ICの対応が増えそうです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
(PDF)5月21日よりGarminのウェアラブルデバイスでSuicaがご利用可能に!
5月21日よりGarminのウェアラブルデバイスでSuicaがご利用可能に!- サービス開始を記念してGarminインスタグラムキャンペーンを実施 - | プレスリリース | ニュース | Garmin | Japan | Home
モバイルSuica:JR東日本