S-MAX

2015年09月

NTTドコモ、2015-2016冬春モデルのAndroid 5.1 Lollipop搭載スマホ&タブレットに早期にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを提供予定!海外モデルとの差も縮めたい


NTTドコモがAndroidのOSバージョンアップをより早く!写真は最新OS搭載のNexus 5X

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットに早期に最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供することを明らかにしました。

登壇した同社代表取締役社長の加藤薫氏が発表会のプレゼンテーションにて「6.0へのバージョンアップ、がんばってやっていきます!」と表明し、質疑応答でも同社プロダクト部長の丸山誠治氏が「海外モデルに最新バージョンが提供されてから半年以上遅れるというケースがあるが、今後はそれを縮めていきたい」とも発言し、各製品のOSバージョンアップをできるだけ早く提供できるようにしていくということです。

続きを読む

NTTドコモ、ちょうど良いスペックと価格のミドルレンジスマホ「arrows Fit F-01H」を発表!5.0インチHD液晶や1.2GHzクアッドコアCPU、Android 5.1 Lollipopなど


NTTドコモが手軽なスマホ「arrows Fit F-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)有機ELディスプレイやクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のお手頃価格なミドルレンジスマートフォン(スマホ)「arrows Fit F-01H」(富士通製)を発表しています。2015年10月7日(水)に発売で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

新シリーズ「arrows Fit」は富士通が長年培ってきた携帯電話開発における知見やノウハウを結集したミドルレンジモデルで、基本的な使いやすさにこだわり、機能・サイズなどのすべてが"Fit"するちょうど良い機種として開発されました。また、スペックをある程度落とすことで価格もお手軽なちょうど良い値段になる予定だということです。

また、防水(IPX5、IPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)に加えてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)の14項目に準拠した耐衝撃や高温保管などの耐環境性能に対応したタフネススマホになって安心して使えるようになっています。

続きを読む

ITpro EXPO 2015:エイビット、据置型ケータイ「イエデンワ」シリーズの3代目でSIMフリーの3G対応モデルを参考出展――テザリング機能も搭載【レポート】

6c3fcff1.jpg
さらに進化した3代目イエデンワはなんとSIMフリーケータイ!?

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2015年9月30日(水)から10月2日(金)の4日間に渡ってITビジネスとその関連技術などの展示会「ITpro EXPO2015)」(主催:日経BP社)が開催されています(「Cloud Days 2015」および「ビッグデータEXPO 2015」、「セキュリティ&ガバナンス 2015」、「モバイル&ウエアラブル 2015」、「IoT Japan 2015」、「FACTORY 2015」、「デジタルヘルスDAYS」も併催)。

今回はソラコムブース内に展示されたエイビット(ABIT)コーナーにて、これまでにもエイビットが発売してきた据置型ケータイ「イエデンワ」シリーズの最新モデルとなる3G対応SIMフリー版が参考出展として展示されていましたので紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けにGoogleの新リファレンススマホ「Nexus 5X」を発売!16GBと32GBモデルと各3色の全パターンを取り扱い


Y!mobileもGoogleの新スマホ「Nexus 5X」を発売に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、Y!mobile向けに日本時間の本日9月30日1時から開催されたGoogleのイベントで発表されたばかりの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶(約424ppi)搭載スマホ「Nexus 5X」(LG Electronics製)を2015年10月下旬以降に発売すると発表しています。

Nexus 5Xは日本でもすでにGoogleの公式Webストア「Google ストア」でも注文受付を開始しているほか、NTTドコモからも発売されることが発表されています。Google ストアでの価格(税込)は16GBモデルが59,300円、32GBモデルが63,400円。

なお、NTTドコモでは32GBモデルのカーボン・ブラックおよびクォーツ・ホワイトの2色のみの取り扱いながら、Y!mobileではアイス・ブルーも加え、16GBモデルと32GBモデルというGoogle ストアと同じすべてのラインナップを発売するということです。

続きを読む

NTTドコモ、1年ぶりのiモードケータイ「P-01H」を発表!超大文字や歩数計搭載、みまもりメール対応などよりらくらくホンシリーズよりに


NTTドコモが1年ぶりのモードケータイ「P-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、iモードに対応した新しい折りたたみ型ケータイ(フィーチャーフォン)として「P-01H」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。2015年11月下旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

今夏はiモードケータイがなく、spモードケータイのみだったので、昨年冬モデル「P-01G」からiモードケータイとして1年ぶりに新機種が発売されます。とはいえ、ほぼP-01Gを焼き直したような印象で、大容量1000mAhバッテリーによる長持ち電池持ちの約3.4インチ大画面搭載防水・防塵対応モデルで、超大文字や歩数計搭載、みまもりメール対応などとよりらくらくホンシリーズに近づけた印象です。

続きを読む

NTTドコモ、2015-2016冬春モデルを発表!スマホ10機種やタブレット1機種、ケータイ1機種、モバルー1機種の合計13機種――LTE-AvancedのCAによる下り最大300Mbpsなども提供へ


NTTドコモが総勢12機種の2015-2016冬春モデルを発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を本日12:00から都内で開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2015-2016冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

ライブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

発表されたのは、Androidスマートフォン(スマホ)が「Xperia Z5 Premium SO-03H」および「Xperia Z5 SO-01H」、「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「AQUOS ZETA SH-01H」、「AQUOS Compact SH-02H」、「arrows NX F-02H」、「arrows Fit F-01H」、「Galaxy Active neo SC-01H」、「Disney Mobile on docomo DM-01H」、「Nexus 5X」の10機種、Androidタブレットが「dtab d-01H」の1機種、ケータイが「P-01H」の1機種、モバイルWi-Fiルーターが「Wi-Fi STATION N-01H」の1機種と合計13機種総勢32色を投入します。なお、Android製品でAndroid 5.x(開発コード名:Lollipop)を搭載している機種は今後、最新の「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」にがんばってOSバージョンアップしていくということです。また、これまでは海外向けのOSバージョンアップから半年以上遅れることがあったがそういったことがないように期間を提供時期も早めたいとしています。

一方、サービス面では今夏に開始したXi(LTE)による音声通話「VoLTE」に続き、今年3月に開始したLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」を下り最大300Mbpsに高速化します。対応機種はAQUOS ZETA SH-01HとWi-Fi STATION N-01Hの2機種。VoLTEも海外でも使える海外対応機種が投入され、まずはじめに韓国で使えるようになります。

また、サービスでは新しくシニア層をターゲットにした旅行などのチケットが定期的に利用できる「すきじかん」を提供。スマホに変えたのに使い方がわからないという場合に向けて毎月フルカラーの雑誌も合わせて提供され、チケットのカタログだけでなく、使い方なども紹介されるということです。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、小型フラッグシップスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を発表!Xperia Z5の高性能がそのままに4.6インチの手に収まりやすいコンパクトサイズに――新たに指紋センサーも搭載


NTTドコモがコンパクトスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」や64bit対応オクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Compact SO-02H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。2015年11月中旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

Xperia Z5 Compact SO-02Hは今年9月に発表されたグローバル市場向け「Xperia Z5 Compact」のNTTドコモ版で、昨年冬モデルとして発売された「Xperia Z3 Compact SO-02G」の後継機種です。また、同時に発表された「Xperia Z5 SO-01H」の小型モデルで、国内ではNTTドコモ版のみが販売されます。

Xperia Z5シリーズとしては他に大型の「Xperia Z5 Premium」もありますが、これもNTTドコモからは「Xperia Z5 Premium SO-03H」として同時に発表されました。

Xperia Z5 SO-01Hの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶に対し、Xperia Z5 Compact SO-02Hは約4.6インチHDで、Xperia Z5 SO-01Hとの違いは他には内蔵メモリー(RAM)が3GBではなくて2GB、フルセグやNOTTVに非対応などがあります。

その他の64bit対応オクタコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」)や32GB内蔵ストレージなどの基本性能はXperia Z5 SO-01HやXperia Z5 Premium SO-03Hと同様で、これらの2機種と同じく新たに右側面の電源キー部分に指紋センサーを搭載したほか、リアカメラではF2.0で広角24mmレンズの1/2.3型約2300万画素裏面照射積層型イメージセンサー「Exmor RS for mobile」(F2.0レンズ)を搭載し、位相差とコントラストによるオートフォーカスでより高速な0.03秒で正確にピントが合うハイブリッドオートフォーカスに対応しています。

なお、Xperia Z5 Compact SO-02HはXperia Z5 SO-01Hと同様に外観ではNTTドコモ版は海外版との違いとして背面中央の「SONY」ロゴが「docomo」ロゴに変わっているほか、機能的には日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やワンセグにも対応しています。

続きを読む

NTTドコモ、Googleの新リファレンススマホ「Nexus 5X」を発売!ただし購入時にはSIMロックあり――他製品と同じくSIMロック解除には対応


NTTドコモがGoogleスマホ「Nexus 5X」を発売!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、さきほどGoogleから発表されたばかりの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶(約424ppi)搭載スマートフォン(スマホ)「Nexus 5X」(LG Electronics製)を発表しています。2015年10月下旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」をプリインストールし、標準でサポートされる指紋認証のために背面に指紋センサー「Nexus Imprint センサー」を搭載。

なお、日本でもGoogleの公式Webストア「Google ストア」にてすでに予約受付が開始されており、価格(税込)は16GBモデルが59,300円、32GBモデルが63,400円となっています。

こちらはSIMフリーで販売されていますが、NTTドコモ版では他の製品と同様に購入時にSIMロックがかかっており、購入後のSIMロック解除に対応しているということです。また、NTTドコモでは内蔵ストレージが32GBモデルのみ販売します。

続きを読む

NTTドコモ、世界初4Kディスプレイ搭載の最新フラッグシップエクスペリアスマホ「Xperia Z5 Premium SO-03H」を発表!日本向けにFelicaやワンセグ、フルセグ、NOTTVなどに対応


NTTドコモが新スマホ「Xperia Z5 Premium SO-03H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、世界初の約5.5インチ4K(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン「Xperia Z5 Premium SO-03H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。2015年11月下旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

Xperia Z5 Premium SO-03Hは今年9月に発表されたグローバル市場向け「Xperia Z5」のNTTドコモ版で、同時に発表された「Xperia Z5 SO-01H」の4Kディスプレイ対応の大型モデルです。国内ではNTTドコモ版のみが販売されます。

Xperia Z5シリーズとしては他に小型の「Xperia Z5 Compact」もありますが、これもNTTドコモからは「Xperia Z5 Compact SO-02H」として同時に発表されました。

Xperia Z5 SO-01Hの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶に対し、Xperia Z5 Premium SO-03Hは約5.5インチ4K液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)で、後のXperia Z5 SO-01Hと同様の基本性能は64bit対応オクタコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」)や3GB LPDDR4 RAMなどをベースに新たに右側面の電源キー部分に指紋センサーを搭載したほか、リアカメラではF2.0で広角24mmレンズの1/2.3型約2300万画素裏面照射積層型イメージセンサー「Exmor RS for mobile」(F2.0レンズ)を搭載し、位相差とコントラストによるオートフォーカスでより高速な0.03秒で正確にピントが合うハイブリッドオートフォーカスに対応しています。

なお、Xperia Z5 Premium SO-03HはXperia Z5 SO-01Hと同様に外観ではNTTドコモ版は海外版との違いとして背面中央の「SONY」ロゴが「docomo」ロゴに変わっているほか、機能的には日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やワンセグ、フルセグ、NOTTVにも対応しています。

続きを読む

NTTドコモ、より高性能になった低価格な10.1インチAndroidタブレット「dtab d-01H」を発表!高級感のあるアルミボディーやオクタコアCPU搭載、LTE対応など


NTTドコモが10.1インチAndroidタブレット「dtab d-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)液晶を搭載したHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製Android 5.1(開発コード名:Lollipop)採用タブレット「dtab d-01H」を発表しています。2015年11月下旬に発売開始予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

dtabシリーズでは2013年1月に発表され、同年3月に発売された初代「dtab」に続く10.1インチモデルで、今年2月に発表・発売された第2弾の8インチタブレット「dtab d-01G」に続く第3弾で、同様にお手頃な価格ながらさらに一体型メタルボディーによる高級感・高品質になりました。

また、基本性能もディスプレイのWXGA(1280×800ドット)からWQXGAへの高解像度化に伴ってオクタコアCPUや2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどと向上しているほか、新たにワンセグおよびフルセグに対応した地上デジタルテレビも視聴可能になっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。