S-MAX

カメラ

高い質感とクアッドカメラでお値段以上のSIMフリースタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」のカメラと性能をチェック【レビュー】


欲しい機能をひと通り網羅したSIMフリースマホ「OPPO Reno3 A」のカメラ機能をレビュー!

既報通り、オッポジャパンがSIMフリーのスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を6月25日に発売した。価格はオープンながら希望小売価格で税抜36,182円(税込39,800円)。

家電量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱うほか、移動体通信事業者(MNO)では楽天モバイルも取り扱う。別途、各拠点における販売価格を紹介しているようにMVNOによっては携帯電話契約とセットで割引になるキャンペーンなどもあるので、乗り換えなどを検討している場合はうまく利用したいところ。

主なスペックは約6.44インチFHD+(1080×2400ドット)有機EL(AMOLED)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 665」、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロットなどで、OSにはAndroid 10ベースの独自ユーザーインターフェース(UI)「ColorOS 7.1」を搭載する。

これまでに外観や基本機能前機種「OPPO Reno A」との比較を紹介してきたが、今回はOPPO Reno3 Aのカメラや動画、ベンチマークなどを中心をレビューしたいと思う。なお、OPPO Reno3 AはY!mobileからも「OPPO Reno3 A(型番:A002OP)」が8月下旬以降に発売予定となっているが、こちらは購入時にSIMロックがかかっており、シングルSIMモデルとなっている。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」の高画質カメラの実力を試す!良い点・悪い点が見えた【レビュー】


圧倒的画質!最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」のカメラ機能をチェック

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)が5G対応の最新フラッグシップスマートフォン「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」(Huawei Technologies製)を6月12日に発売した。価格はオープンながら市場想定価格119,680円(税込)で、SIMフリーで量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱う。

既報通り、HUAWEI P40 Pro 5GはAndroid 10ベースの「EMUI 10.1」をOSとしているが、グーグルの各種モバイルサービス「GMS(Google Mobile Service)」には対応していない。特に「Google Playストア」によるアプリやゲームの追加はAndroidの魅力のひとつだ。

そこでファーウェイは独自のさまざまなサポートを含めた独自の「HMS(Huawei Mobile Service)」を展開し、「AppGallery」にてアプリやゲームの配信を行っている。配信されているアプリはGoogle Playストアに遠く及ばないものの、少しずつではあるが国内でよく使われるサービスも配信が始まっている。

そういった意味ではマニアックな製品である印象が強い。とはいえ、基本性能の高さは従来の同社のフラッグシップモデル「P」シリーズから変わっていない。特にカメラに関しては写真好きも納得する高画質で、万人に勧められるクオリティーを持つ。

そのため、通常のスマホは別に持ち、カメラを中心とした2台目として購入するのは多いにありだと思われる。今回はそんなHUAWEI P40 Pro 5Gの注目のカメラ機能で気になった点やゲーミングに求められるグラフィック性能についてチェックしてみたいと思う。

続きを読む

スマホなど向けカメラアプリ「Photoshop Camera」が正式提供開始!iPhoneやPixel 3・4、Galaxy S9・Note 9以降などで無料で利用可能


AIを利用したスマホなど向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」がリリース!

Adobeは11日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けカメラアプリ「Photoshop Camera」をリリースしたとお知らせしています。すでにアプリ配信マーケット「Google Play ストア」および「App Store」にてAndroidおよびiOS・iPadOSの対象機種にて利用可能です。

対応製品は初期リリース時のJune 2020 release(version 1.0)においてAndroidではAndroid 9(開発コード名:Pie)以降を搭載したPixel 3・3 XL・4・4 XLおよびGalaxy S9・S9+・S10・S10+・S20・S20+・S20 Ultra・Note 9・Note 10・Note 10+(各5Gモデル含む)、OnePlus 6・6T以降。

iOS・iPadOS搭載製品ではiPhone 6sシリーズなどの2015年9月25日以降に発売されたiOS 12およびiOS 13、iPadOS 13を搭載したiPhoneおよびiPad、iPod touchの各シリーズとなっています。利用料は無料で、対応言語は英語のほか、日本語やドイツ語、フランス語で、スペイン語とポルトガル語はiOS・iPadOSのみ対応しています。

続きを読む

ソフトバンクの5G対応高性能スマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」のカメラとベンチマークを試す!細部まで描写も大人しめな絵作りに【レビュー】


Snapdragon 865搭載のSoftBankスマホ「Axon 10 Pro 5G」の性能やカメラ機能をチェック!

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて3月27日に5Gの商用サービスを開始し、合わせて5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G(型番:908SH)」(シャープ製)および「Axon 10 Pro 5G(型番:902ZT)」(ZTE製)を発売した。

AQUOS R5Gは日本メーカーのシャープらしいおサイフケータイ(FeliCa)や防水などに対応している全部入りモデルなのに対し、Axon 10 Pro 5Gはチップセット(SoC)に同じQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon 865 5G mobile platform」を搭載しながらコストパフォーマンスに優れているのが特徴だ。

主な仕様はFeliCaや防水には対応しないが、約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機ELディスプレイ、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大2TB)などで、5GだけでなくWi-Fi 6(IEEE802.11ax)にも対応する。

Axon 10 Pro 5Gの本体価格は発売時に89,280円(金額はすべて税込)であったが、その後さらに値下げされて72,720円となっており、トクするサポート+(特典A)を適用した場合には36,360円(1,515円/月×24回)から購入可能だ。そんなAxon 10 Pro 5Gについて前回は外観や主な機能の紹介を行ったが、今回はカメラ機能やパフォーマンスについてチェックしていきたいと思う。

続きを読む

DxOMark、最新スマホ「iPhone 11 Pro Max」のカメラレビューを公開!リアカメラは写真が124点、動画が102点で総合117点の3位タイに


iPhone 11 Pro MaxのDxOMarkによるカメラ評価は背面は117点に!Mate 30 Proに続く3位に

カメラの評価団体であるDxOMarkは7日(現地時間)、今年9月に発売された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11 Pro Max」(Apple製)のカメラレビューを掲載し、リアカメラについては写真が124点、動画が102点として総合117点と評価しています。なお、フロントカメラについての評価は現時点では公開されていません。

点数だけで言えば、最も良く使うであろうリアカメラの写真では現時点で最高点である「HUAWEI Mate 30 Pro」が132点、2位の「Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition」が130点、3位の「HUAWEI P30 Pro」に続く4位タイとなっており、リアカメラの総合でもHUAWEI Mate 30 ProとXiaomi Mi CC9 Pro Premium Editionの121点に次いで「Galaxy Note10+ 5G」および「Galaxy Note10+」とともに117点の3位タイとなっています。

iPhone 11 Pro Maxは「iPhone」シリーズでは初のトリプルカメラを搭載し、これまでの広角カメラ+望遠カメラに加えて超広角カメラも加わって光学2倍ズームや超広角撮影などに対応したほか、ナイトモードが強化されるなどしています。なお、小型モデル「iPhone 11 Pro」もカメラ機能はまったく同じなので同様の評価となると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。