S-MAX

カメラ

技適マークありで日本でもワンセグが視聴できるSIMフリースマホ「ASUS ZenFone Go TV」のカメラをチェック!国内向けZenFone Goより高画素に【レビュー】


ZenFone Go TVのレビュー最終回は国内モデルより上位仕様となるカメラをチェック!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が主に海外向けモデルとして台湾などで発売しているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go TV(型番:ZB551KL)」。日本国内で発売されている「ZenFone Go」と同じ型番で外観デザインを基本的に同じながら、TVチューナー搭載によりワンセグの視聴に対応。日本の技適マークも表示でき、国内でも利用可能な1台です。

先日台湾にて同機種を購入し、これまで外観デザインソフトウェアおよびベンチマークテレビ視聴機能国内向けZenFone Goとの比較を紹介していきました。今回、同機種のレビュー最終回として最後にカメラ機能をチェックしていきます。

続きを読む

全天球360°の静止画と動画が撮影できる「Galaxy Gear 360」は思い出を平面ではなく空間で残せる次世代カメラ?!日本でも4万円台後半で販売中【レポート】

Gear 360の登場でGear VR用コンテンツが誰でも作れる!

既報通り、サムスン電子ジャパンは14日、デュアルレンズを搭載する360°撮影が可能なカメラ「Galaxy Gear 360」(以下、Gear 360)を2016年7月15日(金)に発売することを発表した。

すでに紹介した新製品となるオリンピックをモチーフにした2016台限定モデル「Galaxy S7 edge Olympic Games Edition」の発表と併せてGear 360の記者発表も行われた。

同社では「Gear VR」によるバーチャルリアリティー(VR)体験を推し進め、Facebookとの連携によってVRは見るだけではなく、より現実に近い360°の静止画や動画をGear 360で作る楽しさも共有したいという狙いがあるとのことだった。

今回は、同社 プロダクト担当の糸櫻幹雄氏によるプレゼンテーションをもとに、Gear 360で写真や動画はどう変わるのかについて紹介していく。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、360°撮影ができる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」を日本で7月15日に発売!価格は4万円台後半に


全天球カメラ「Gear 360」が7月15日に発売!

サムスン電子ジャパン(以下、SEJ)は14日、360°の写真や動画が撮影できるSamsung Electronics(以下、サムスン電子)として初の全天球カメラ「Galaxy Gear 360」(以下、Gear 360)を2016年7月15日(金)に発売すると発表しています。

単体で使えるほか、サムスン電子のスマートフォン(スマホ)などの「Galaxy」シリーズと連携でき、最新スマホ「Galaxy S7 edge」などから操作可能です。

すでに予約受付が実施されており、価格は4万円台後半で、ヨドバシカメラやビックカメラでは49,550円(税込)の10%(4,955ポイント)還元となっています。

続きを読む

ライカブランドカメラの性能を引き出せ!ファーウェイのハイエンドSIMフリースマホ「HUAWEI P9」でカメラ機能を使いこなすコツを紹介【ハウツー】

コツをつかんでライカブランドカメラでいい写真を撮ろう

SIMフリーで2016年6月17日に発売されたファーウェイのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」は、ライカブランドを関したデュアルレンズカメラが最大の特長です。見た目にもインパクトのあるデュアルレンズは、それだけでいい写真が取れそうな雰囲気を醸し出します。

しかしどんなに優れたカメラにも癖があります。撮影者がカメラの癖を把握すれば、ポテンシャルを最大限に引き出すことができます。そこで本記事ではHUAWEI P9のカメラ機能を使うときに知っておきたいコツをいくつか紹介していきます。

続きを読む

ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X Performance」のカメラをiPhone 6sと比較しつつ試してみた【レビュー】


ソニーの新スマホ「Xperia X Performance」のカメラ機能をチェック!

日本国内ではいよいよ明日6月24日に発売されるソニーの新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。これまでのスマートフォン(スマホ)やタブレットのフラッグシップだった「Xperia Z」シリーズから心機一転した「Xperia X」シリーズの最上位モデルで、NTTドコモとau、SoftBankから一斉に販売開始されます。

主な製品情報についてはすでに各携帯電話会社ごとに写真と動画によるレポートをNTTドコモ向けXperia X Performance SO-04Hau向けXperia X Performance SOV33SoftBank向けXperia X Performance 502SOとして公開しているので参照してください。

これらに続けて指紋認証による画面ロック解除標準カメラアプリでは非対応になった4K動画撮影について紹介してきましたが、今回は基本機能でもあるカメラ撮影についてiPhone 6sとの撮影比較とともに紹介したいと思います。

続きを読む

ソニーの最新スマホ「Xperia X Performance」の標準カメラは4K動画撮影に非対応!アプリ追加で可能にーー発熱問題も確認してみた【レビュー】


ソニーの最新スマホ「Xperia X Performance」で4K動画撮影を試した見た!

ソニーのスマートフォン(スマホ)やタブレットの「Xperia」ブランドにおける新しいフラッグシップモデル「Xperia X」シリーズ。日本ではそんな心機一転したXperia Xシリーズの最上位スマホ「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が発売されます。

すでに各携帯電話会社向け製品について写真と動画によるレポートをNTTドコモ向けXperia X Performance SO-04Hau向けXperia X Performance SOV33SoftBank向けXperia X Performance 502SOと公開。各機種ともに6月中旬以降に発売予定ですが、すでにau向けXperia X Performance SOV33は6月24日に発売が決定します。

前回、Xperiaでは初めて指紋認証に対応した前の「Xperia Z5」シリーズよりも速くなった画面ロック解除について紹介しましたが、今回はXperia Z5シリーズでは対応していたものの、Xperia X Performanceの標準カメラアプリでは非対応となった4K動画撮影についてまとめたいと思います。

続きを読む

iPhone 7のカメラはプロ仕様にも対応?Apple、iOS 10でiPhone 6以降なら「RAW画像ファイル」をサポート


iOS 10ではiPhone 6以降ならRAWをサポート!

既報通り、Apple(アップル)は13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」の基調講演にてスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しました。

基調講演ではバージョン番号に合わせて主に10つのiOS 10の新機能を紹介していましたが、それ以外にもさまざまな機能が追加される予定です。その中でも開発者向けの資料の中でカメラのRAW画像ファイルをサポートすることが明らかになっています。

RAW画像ファイルは「iPhone 6」シリーズ以降に搭載されているチップセット「A8」や「A9」を搭載したiOS搭載製品で利用できるようになり、サードパーティー製カメラアプリやデジタルカメラなどで撮影したRAW画像ファイルを扱えるようになるということです。

続きを読む

トリニティのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」が送付によるアップデートサービスを開始! 対象製品だったので送ってみた【レポート】

不具合修正のファームウェア更新をメーカー送付で行う

トリニティが自社のWindows 10 Mobile スマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」について、一部の個体でOSアップデートができない事象への対応を2016年6月9日から開始しました。NuAns NEOを指定の住所に送付すると、ファームウェアをOSアップデートされてから返送されるというもの。

オンラインアップデート(OTA)ではなく、実際に現物を送らなければならないため、それなりに対応期間がかかることが想定され、心理的なハードルも高く、特に常用している場合には利用しにくいかと思います。

そんな郵送によるアップデートサービスですが、筆者のNuAns NEOも対象個体だったので、さっそく送付してアップデートをお願いしてみました。今回はその模様を紹介します。

続きを読む

撮影時のシャッター音の無音化にも対応!指紋認証対応でフルメタルボディーのSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のカメラ機能を紹介【レポート】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のカメラはシャッター音が消せる!

プラスワン・マーケティングから5月27日より順次発売されるSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)。前回は購入して開封し、外観や同梱物を紹介しつつ、iPhone 6sなどとサイズ比較を行いました。

順次使い勝手なども紹介していきたいと思いますが、カメラの撮影テストをしていたらシャッター音が消せることに気づいたのでまずは簡単に新たに独自アプリになったカメラ機能について紹介したいと思います。

なお、SAMURAI REIの本体価格は29,900円(以下、すべて税別)で、同社では仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供することから本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用できるSAMURAI REI向けプレミアムバリュープランも提供しています。なお、他社から乗り換え(MNP)ならのりかえ割適用で1年間800円引きに。

またはじめに発売された「メタルシルバー」に続いて、6月3日に「スカイブルー」、6月17日に「シャンパンゴールド」、6月24日に「ピンクゴールド」、6月下旬に「メタルブラック」がそれぞれ発売される予定です。

続きを読む

パナソニックのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM10」の気になるカメラ性能をチェック!デジカメラ+スマホの実力はいかに!?【レビュー】


パナソニックのデジカメ+スマホな「LUMIX DMC-CM10」のカメラ性能をテスト!

パナソニックから2016年2月25日に発売されたコミュニケーションカメラの第2弾「LUMIX DMC-CM10」。デジタルカメラ(デジカメ)のシステムとは別に、スマートフォン(スマホ)としても使えるAndroidを搭載し、SIMカードを挿すことで単独でモバイルデータ通信も利用できる"SIMフリーカメラ"としても注目を浴びています。

しかしながら、一方でこの機種の1番の魅力といえるのはやはり搭載されている1インチサイズというコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)としては大型センサーによる写真撮影でしょう。

そこで、日常から常にコミュニケーションカメラを持ち歩いて使用している筆者ではありますが、改めてカメラの性能をチェックしてみました。今回は標準搭載のカメラアプリ、および実際に撮影した写真を例に、この機種のコアとなるカメラ性能を見ていきましょう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。