S-MAX

カメラ

秋吉 健のArcaic Singularity:人々の「欲しい!」を刺激する製品作りとは。連載1周年を記念してモバイルデバイスの在り方やメーカーへの期待と希望を書きつづる【コラム】


コラム連載1周年を迎え、モバイルデバイスやベンダーへの想いを綴ってみた!

先日、久々にモバイルデバイスの衝動買い(予約)をしました。DJIが12月15日に発売するハンドヘルドカメラ「OSMO Pocket」です。手ブレや歩行ブレを強力に抑制するメカニカルジンバルスタビライザーを備えつつも、手のひらにすっぽりと収まる超小型設計のカメラで、しかも4K/60fpsでの高精細動画が撮影できるというスグレモノです。紹介動画を観た瞬間に脳天へ雷が落ちたような衝撃を受け、「これは欲しい!買うしかない!」とそのままオンラインショップで予約を入れてしまいました。

ですが今回のコラムは、このOSMO Pocketの紹介でもレビューでもありません。この久々に感じた「衝動買い」の感覚があまりにも楽しく、そして人の快楽や感性の原点に近いことを思い出したことから、その視点からテクノロジーの世界をもう一度俯瞰してみようと思ったのです。

おかげさまで本連載「Arcaic Singularity」は、この12月に1周年を迎えることができました。1週も休むことなく連載を続けられた理由には、通信業界やモバイルデバイス業界の止めどない技術革新、刺激的な製品の発売、そしてそこに携わる開発者や消費者の思いと渇望があったからだと、1年を振り返って強く感じるところです。

人の感性がモバイルデバイスへ与える影響を考えていくと、世界のデバイスベンダーの姿勢や日本のベンダーが見落としてきた重要な価値観が見えてきます。今回は筆者の思うままに、モバイルデバイスの在り方についてつらつらと書き綴りたいと思います。

続きを読む

AIを活用すればマルチカメラは必要ない?Googleの新スマホ「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」のカメラ機能を試す。新機能「夜景モード」もチェック【レビュー】


Googleの新スマホ「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」のカメラ機能を紹介!

日本では3年ぶりとなるGoogleの新しいスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」が11月1日に発売された。この「Pixel」シリーズ第3弾のテーマは「AI×Software×Hardware」。

そんなAI(人工知能)を十分に活用している機能のひとつがPixel 3・3 XLのカメラ機能で、Googleの発表会でも「HDR+」や「ポートレートモード」、「トップショット」、「超解像ズーム」といった機能が紹介されていた。

そしてグーグル(以下、Google Japan)は16日、Pixel 3・3 XLにAIを利用したカメラの新機能「夜景モード」が追加されたことを案内している。これにより、Pixel 3・3 XLにて暗い場所でフラッシュや三脚がなくても鮮やかで精細な写真を撮影可能となったとしている。

夜景モードは11月16日以降の数日以内にPixelシリーズにて利用可能となるとし、背面のリアカメラだけでなく前面のフロントカメラでも対応しているとのことだ。編集部にあるPixel 3・3 XLにも程なく夜景モードが追加されたので、今回はPixel 3・3 XLのカメラでの撮影を試してみた。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」を使って気が付いた点あれこれをまとめてみた!独自仕様のツインカメラや使いやすさが魅力【レビュー】


シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」を使い続けた感想をまとめて紹介!

NTTドコモおよびau、SoftBankから6月8日に発売された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)、「AQUOS R2」(シャープ製)。これまでに開封・外観レポート独立して動作する特徴的なカメラ機能の紹介をお送りしてきました。

最近ではデュアルカメラを搭載したスマホもそれほど珍しいものではなくなりましたが、AQUOS R2は「動画用と静止画写真撮影用を独立して実装する」という現時点においては他社と異なるアプローチで実装されたデュアルカメラ「ツインカメラ」を搭載するなど、非常に特徴的な製品となっています。

もちろん“ハイエンド”を名乗るにふさわしい高いスペックや前機種「AQUOS R」から引き続き搭載されているハイスピードIGZO液晶、そしてAndroidのOSバージョンアップを2年間で最大2回実施する保証など、選ぶポイントもたくさんある機種となっています。

そんな昨年以降に好調なシャープをまさに代表する製品をとなっているAQUOS R2ですが、今回はまとめとして筆者が購入してからの1か月ちょっとの間に使っていて気が付いた良かった点、惜しい点または改善して欲しいと思った点などのまとめをお送りしたいと思います。なお、筆者が購入したのはNTTドコモ向け「AQUOS R2 SH-03K」です。

続きを読む

ソニー、有効4800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」を開発!世界初の0.8μmの微細画素を実現。次期Xperiaシリーズに採用か


Sonyがスマホ向けでは最高画素の有効4800万画素CMOSを商品化!

ソニーおよびソニーセミコンダクタソリューションズは23日、業界最多となる有効4800万画素のスマートフォン(スマホ)向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」を商品化し、2018年9月よりサンプル出荷する予定だと発表しています。

IMX586は世界で初めて0.8μmの微細な画素サイズを開発することで、1/2型(対角8.0mm)でありながら有効4800万画素を実現し、撮影画像の高画質化に貢献するとしています。サンプル価格は3,000円(税抜)。

続きを読む

ソニーの最新プレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium」を徹底解説!スマホでは世界初の4K HDR撮影や超高感度撮影を可能とした「Motion Eye Dual」技術に迫る【レポート】



ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)は19日、各通信キャリアより8月中の発売が予定されている新型Androidスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Premium」のカメラ機能に関する技術説明会を報道関係者向けに開催しました。

Xperia XZ2 Premiumは同社のスマホシリーズの中でもフラッグシップにあたるハイエンドモデルで、NTTドコモ向け「Xperia XZ2 Premium SO-04K」とau向け「Xperia XZ2 Premium SOV38」の発売が予定されており、発売時期はNTTドコモが今夏、auが8月中旬以降と案内しています。

本機の背面にはカメラユニットを2つ搭載した「Motion Eye Dual」と名付けられたデュアルカメラ仕様となっていますが、この2つのカメラユニットの役割や構成には画質向上のための大きな理由があります。技術解説にて語られた内容を写真とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。