S-MAX

トリニティ

SIMフリーでおサイフケータイや防滴・防塵にも対応!革や木などのさまざまな素材の背面カバーを取り替えられるトリニティの新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が正式発表


トリニティが新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」を発表!

既報通り、トリニティは20日、都内にて「NuAns NEO 新製品発表会」を開催し、同社が展開するブランド「NuAns」における新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス ネオ リローデッド)」(型番:NA-CORE2-JP)を2017年5月下旬に発売すると発表しました。

昨年1月末に発売された初代「NuAns NEO」と同様に背面カバーが上下2つに別れて好きなものに変えられ、スマホアクセサリーメーカーならではのさまざまな素材の背面カバーが用意されているのが特長。背面カバーはNuAns NEOと共通で流用が可能。

また新たにOSがWindows 10 MobileからAndroidに変更し、SIMフリーでは珍しいおサイフケータイ(FeliCa)に対応するほか、防滴・防塵(IP54相当)やストラップホールなどと日本のニーズに対応した製品に仕上がっています。

価格はオープンながら公式Webストア「Trinity NuAns Online Store」では49,800円(税込)で、公式Webストア以外にもarenotやAmazon.co.jp、スマラボ、東急ハンズ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、二子玉川 芦屋家電、ヤマダ電機、ロフト、Y!mobileなどで販売予定。

本日2月20日18時より予約販売を実施。トリニティでは「発売記念キャンペーン」で2017年3月31日(金)までにアンケートに応えて予約してNuAns NEO [Reloaded]本体を購入するとTWOTONEカバー(上下セット)もしくはFLIPケース(一部カバー・ケース除く)をプレゼントするということです。

すでに「トリニティが新型スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発表会を開催!OSがAndroidに変わり、おサイフケータイなどを搭載しながら初代のこだわりデザインを貫く一級品に【レポート】 - S-MAX」にて発表会の模様をレポートしていますが、改めてNuAns NEO [Reloaded]の製品内容について詳細に紹介していきたいと思います。

続きを読む

トリニティが新型スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発表会を開催!OSがAndroidに変わり、おサイフケータイなどを搭載しながら初代のこだわりデザインを貫く一級品に【レポート】


カスタマイズ可能な背面カバーが特長のSIMフリーAndroidスマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が登場!

既報通り、デザイン性に優れたスマートフォン(スマホ)本体や周辺機器などを手がけているトリニティは20日、都内にて「NuAns NEO 新製品発表会」を開催し、新しいSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス ネオ リローデッド)」を正式に発表しました。

発売時期は2017年5月を予定し、価格はオープンながら希望小売価格が49,800円(税込)。発売に先駆けて本日2017年2月20日(月)18時より事前予約受付を開始し、販売拠点はarenotやAmazon.co.jp、スマラボ、東急ハンズ、ビックカメラ、二子玉川 芦屋家電、ヤマダ電機、ロフト、Y!mobileとなっています。

また昨年発売された初代「NuAns NEO」についても価格を29,800円に改定して販売を継続するとのこと。NuAns NEOは同社が展開するブランド「NuAns」における初のスマホで、同社代表取締役社長の星川 哲視氏が映画「マトリックス」好きなことから登場人物のNEOを採用。

新製品名にもマトリックスの続編で第2作「マトリックス リローデッド」のタイトルに由来するとのこと。今回はそんなさまざまなこだわりのある製品作りについて星川氏が語ったプレゼンテーションについて製品内容も含めてをレポートしたいと思います。

続きを読む

トリニティが2月20日に発表予定の新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」がアマゾンにフライング掲載!背面カバー取替は継承しつつ、Android 7.1 Nougatやおサイフケータイなど


トリニティの新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」がフライング!?

既報通り、トリニティが2017年2月20日(月)にオリジナルブランド「NuAns」におけるSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」の後継製品を発表する予定です。

これまでティザーサイト「NuAns | New Answer with NuAns NEO」を公開していましたが、正式発表を前にAmazon.co.jpで商品ページ「NuAns NEO [Reloaded]CORE(本体)のみ ケース・カバー別売り端末携帯本体 Android7.1 NA-CORE2-JP」が掲載されており、情報が漏れています。

続きを読む

トリニティ、SIMフリースマホ「NuAns NEO」の後継となる新製品を2月20日に発表へ!報道関係者向け発表会を開催――ティザーサイトも公開


トリニティがSIMフリースマホ「NuAns NEO」の後継機種を2月20日に発表予定!

トリニティは1日、オリジナルブランド「NuAns」におけるSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」の後継となる製品発表会を2月20日(月)に報道関係者向けに行なうと発表しています。合わせてティザーサイト「NuAns | New Answer with NuAns NEO」を公開し、発売日などの最新ニュースをお知らせするメールアドレス登録を開始しています。

今回発表する新製品は「世の中のニーズと初代NuAns NEOに盛り込まれなかったアイディアを付け加え、生まれ変わらせるために端末としての機能を見直し、新たに核となるハードウェアをゼロから設計し直した、まったく新しいスマートフォン」だとしています。

続きを読む

トリニティ、SIMフリーのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」を購入すると最大1万2千円キャッシュバックするキャンペーンを2017年1月31まで実施


最大12,000円キャッシュバック!NuAns NEO トリプルキャンペーン

トリニティは14日、同社が開発・販売しているSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」などの対象商品を期間中に購入した場合に最大12,000円のキャッシュバックを行なう「最大12,000円キャッシュバック!NuAns NEO トリプルキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年11月14日(月)〜2017年1月31日(火)まで。対象商品とキャッシュバック金額は、NuAns NEOのみの場合は8,000円キャッシュバック、NuAns NEOと「OCN モバイル ONE」の契約で12,000円キャッシュバック、OCN モバイル ONEの契約で3,000円キャッシュバックとなっています。

なお、今回のキャンペーンでは、OCN モバイル ONEの音声対応SIMとデータ通信専用SIMのどちらの申し込みでもキャッシュバックの対象となるということです。NuAns NEOのコアセット(背面カバー付き)は42,700円(すべて税別)から。

続きを読む

トリニティ、Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に大型アップデート「Anniversary Update」を提供開始!ContinuumとNFCの不具合解消を確認


Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」にAnniversary Updateが配信!

トリニティは19日、同社が開発・販売するSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」においてMicrosoftが8月16日より提供している大型アップデート「Anniversary Update」(開発コード名:RedStone1)を配信開始したとお知らせしています。

アップデート後のOSバージョンは「10.0.14393.189」、バージョン(ビルド番号)は「1607」、ソフトウェアリビジョン番号は「1028.020.001.92」とのことです。

同社では現在、すべてのNuAns NEOに配信されるようになっており、まずはバックアップをしっかりと取った上で、「設定」→「更新とセキュリティ」→「システムの更新」からアップデートするこように案内しています。

続きを読む

トリニティのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」が送付によるアップデートサービスを開始! 対象製品だったので送ってみた【レポート】

不具合修正のファームウェア更新をメーカー送付で行う

トリニティが自社のWindows 10 Mobile スマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」について、一部の個体でOSアップデートができない事象への対応を2016年6月9日から開始しました。NuAns NEOを指定の住所に送付すると、ファームウェアをOSアップデートされてから返送されるというもの。

オンラインアップデート(OTA)ではなく、実際に現物を送らなければならないため、それなりに対応期間がかかることが想定され、心理的なハードルも高く、特に常用している場合には利用しにくいかと思います。

そんな郵送によるアップデートサービスですが、筆者のNuAns NEOも対象個体だったので、さっそく送付してアップデートをお願いしてみました。今回はその模様を紹介します。

続きを読む

トリニティ、Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に最新ファームウェア「V62」を配信開始!緊急地震速報対応やタッチパネル・カメラ画質改善、各種不具合修正など


トリニティがWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に最新ファームウェアV62を提供開始!

トリニティは19日、今年1月に出荷を開始した同社初のスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」に最新ファームウェア「V62」を提供開始したとお知らせしています。

V62には緊急地震速報が利用できるようになっているほか、初期出荷製品で起きていたタッチパネルの問題やカメラ画質などの修正、各種不具合の解消などが実施されています。

ただし、V62はWindows搭載パソコン(PC)に開発環境(Windows ADK)を導入してファームウェアを焼く必要があり、多少難易度は高いものとなっています。

一方、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)も提供されており、こちらは4月20日(水)から「V53」がリリース済みで、すでにV62相当の「V61」も近日中に配信予定とされています。ただし、V61にはタッチパネル問題の解消は含まれておらず、OTAでは提供されないとのこと。

また、変更点のうちの緊急地震速報についてはV53でも対応しているほか、主に3次出荷分くらいからは出荷時で対応しているのですでに動作している製品もあるということで、同社の星川哲視氏は「今回のファームウェアファイルそのものを配布するに至った大きな原因のひとつ」と紹介しています。

続きを読む

デパートで最新スマホをチェック?新宿伊勢丹で話題のWindows 10 Mobile搭載機「NuAns NEO」を触ってその場で購入してきた【レポート】


百貨店で買えるスマホ「NuAns NEO」を紹介!

トリニティから先月末より発送が開始された話題のスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」。OSにWindows 10 Mobileを搭載し、新機能「Continuum for Phone」に国内では初対応したことに加え、「CORE」と呼ばれる本体に上下に分割されたリアカバー「TWOTONE」または手帳タイプのフリップリアカバー「FLIP」を組み合わせる独特のデザインおよびカスタマイズ性など、今冬〜春の大注目株の一台です。

筆者もかなり気になり、公式Webサイトに掲載されている「ストアページ」にて実機が展示されている店舗が確認できるため、今回実際に伊勢丹 新宿本店 本館の展示ブースに確認に行ってきましたので紹介したいと思います。

発表時から話題にもなっていましたが、NuAns NEOは生活シーンに馴染んだデザインを採用していることから一般的なスマホのように家電量販店では販売せず、百貨店(デパート)などで販売されており、伊勢丹のほかにもロフトやAGITOなどで実機展示および販売されています。

続きを読む

新チップセットの性能は?トリニティのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】


Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」をベンチマーク!

トリニティ初のスマートフォン(スマホ)として1月下旬に初期生産分が出荷された「NuAns NEO」。OSにWindows 10 Mobileを採用していることに加え、注目機能のContinuum for Phoneに日本国内でははじめて対応したこと、さらに背面カバーが木や革などのさまざまな素材を組み合わせることができて外観の良いことなどで注目を集めています。

一方で、Continuum for Phoneに対応するにはこれまでは「Snapdragon 810」と「Snapdragon 808」というハイエンドチップセットである必要があるというようにある程度の高い性能が求められており、NuAns NEOではその1つ下の新しい「Snapdragon 617」が搭載されています。

そこでまだAndroidでは採用機種がないSnapdragon 617を搭載したNuAns NEOがどの程度の性能があるのか、ベンチマークを行ってチェックしてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。